Reactor de acero inoxidable y el mantenimiento de los conocimientos|Reactor de acero inoxidable y el mantenimiento de los conocimientos

reactor de acero inoxidable y el mantenimiento de los conocimientos |

| reactor de acero inoxidable en el uso, a menudo con un fallo, no de producción normal.

1, el loco en la tapa del reactor el material de reactor y, si la respuesta de los medios de comunicación, inflamables o tóxicas debe ser limpio.

reactor 2, que parte con el agitador magnético con tapa abajo, agitador magnético con la llave de la demolición.

3, se arriba a la PAC y refrigeración con el precinto del hilo con la aprobación de la gestión, el sello de cubrir el cuerpo junto con el rotor y el eje del agitador dentro y fuera de su cuerpo, apoyada de manera de quitar.

4, retirar y sustituir compuestos de grafito de manga.Para evitar la expansión del eje de alta temperatura, espacio para el eje de agitación, compuesto de grafito manga será el aclaramiento.Como con un fuerte, cuando el montaje para moler la manga.

5 habitantes, con la mano en la agitación, el rotor y la parte superior de la cabeza al salir, luego retirar y sustituir el compuesto de grafito de manga.

6, nota: la carga y descarga en el exterior del imán magnético del rotor a grande en el interior de la inhalación, la carga y descarga de cuidado de no apretar la mano.

7, la agitación del desgaste de la necesidad de reemplazar la superficie debe ser suave.Un nuevo manga manual debe operar libremente, sin el bloqueo de la tarjeta de la muerte.

8, en el proceso de mantenimiento, cuidado, no con objetos duros golpes en el rotor.

9, arriba y abajo, teniendo de nuevo después de la instalación, se deben realizar pruebas de la opresión.Reconoce las partes selladas sin fugas antes de ser puesto en producción.

10, si no cambiar a tiempo en contacto con el fabricante, a fin de evitar daños a los equipos de respuesta.

小型触媒反応装置—-実験室小型高圧反応釜|小型触媒反応装置—-実験室小型高圧反応釜

小型触媒反応装置—-実験室の小型高圧反応釜|

|設計の新型の実験室の小型高圧反応釜採用端面のレアアースの結合ドライブは、静密封、漏れないの特徴。釜体材料は主に採用し1Cr18Ni9Tiステンレス、によって媒質の要求の製作の316Lステンレス、チタン材(TA2)、ニッケル材、タンタル材、ジルコニウム材、哈氏合金、内張りポリテトラフルオロエチレンなど特殊素材。攪拌のステンレスベアリング、高粘度素材の攪拌、攪拌を使用する推進式攪拌を採用することを使用する。加熱方式は乾式電気加熱、ユーザーによって電気加熱の熱伝導を加熱する油加熱又は夾加熱。多機能付き訴えるのはおとなしく、控圧デジタル制御ボックス。GSA小型高圧反応釜加熱PID制御システムを採用して自動温度制御機器で、非常に正確に温度制御。計装で温度を抑制することができて温度を抑制することができて。

|

|実験室の小型高圧反応釜の取り付け方法:この反応釜は反応容器、ミキサー及び駆動システム、冷却装置、安全装置、加熱炉など構成。いち、釜体、釜を採用1Cr18Ni9Tiステンレス鋼の加工を通じて、釜体ネジフランジと接続しており、釜の蓋を正体フラットカバー、両者は周向均布の主ボルト、ナット締め付け接続。に、実験室の小型圧力釜の主な密封口を採用しA型の複線密封シールを採用し、殘りの時は円弧面と平面、円弧面との接触の密封線円弧形で、頼りに接触面の高精度と平滑度に達し、良好な密閉効果。3、釜の中に桶型の炭化珪素炉芯が入って、電気炉の芯は炉芯の芯の中、その端からコンロの殻の側の下部には、糸を通して、ケーブルとコントローラとがつながっている。4、釜の蓋は圧力の時計、爆破膜安全装置、水蒸気センサなど、いつも釜内の反応状況、調節器内の媒体の割合を調節し、安全運行を確保することを確保します。ご、カップリングは主に強い磁力の内で、外コア構成、真ん中に圧迫のスペーサー。ブレンダーサーボモータのカップリング駆動。サーボモータの回転速度は、攪拌回転速度の目的を制御することができます。ろく、スペーサー上部にタキコイル、ひとつのブレンダーと内コア回転時、タキコイルが生まれる誘導起電力、同電位と混ぜ回転相応、同電位タコメーターに伝え、攪拌回転数が表示される。ななしち、磁気カップリングと釜を間にウォータジャケット、ときに、操作温度が高い時は通冷却水や、磁性鋼温度が高すぎ消磁。はち、ベアリングを採用し1Cr18Ni9Tiステンレスベアリングや高電化黒鉛、耐摩耗、且メンテナンスサイクル長二)コントローラいち、殻採用標準アルミニウム合金シャーシ、蓋を抽出できるため、メンテナンスと検査修理。パネルは温度のデジタルメーターが、電圧時計、回転計、制御スイッチと調節のノブなど、作業者操作に使用する。に、電気原理:攪拌制御回路の電子部品は一枚の基板に組み立て、ツインクローズドループ制御システムは、流量調整精度が高く、速度が安定し、干渉耐性が強いなどの特徴を備え、そして、過電流制限速度超過などの完璧な保護機能を調節して「流量調整ノブを変える」で直流電機の直流電圧を変えるモータの回転速度制御の目的に達し、攪拌。さん、加熱の電気回路の中で採用ソリッドステートリレー(通称調圧元)調圧を加熱回路簡単化傾向に限り、調節「調圧」で調節つまみ加熱効率、同時に、加熱回路の制御部分配備インテリジェント化デジタル時計させ、加熱温度プロセスの要求によって勝手に速度を調節して、それに控える温度精度高い(参照の温度計の使用説明書)よんしよ、すべて外付けのリードは、防水コネクタは後からパネルコントローラー内の接続端子を引き出す。2、取り付けと1、高圧釜は室内に放置して置くべきだ。装備多台の高圧釜時、離れた放置。あるべき所操作室は直接屋外や通路への輸出は、風通しの良い保証設備場所。2、釜の蓋をする時、釜の釜の釜の蓋の間に密封することを防止することを防止することを防止する。やかんは固定位置に気をつけて釜の体に気をつけて、メインナットを締める時、対角、対称に分けて何度も締付。力を入れて均等に、釜石が斜めに傾き、良好な密封効果を達成するために。さん、表裏ナット接続先、旋动だけ表裏ナット、2円弧密表紙は相対旋动、すべてナット紋接続点組み立てたときには、塗潤滑油。4、針型の弁は密封する、ただ軽く回す弁針、圧力にすることができる表紙、良好な密封の効果を達成することができます。5、手で釜上の回転体、検査運転が柔軟にするかどうかを検査する。ろく、コントローラーは平置き操作台には、その仕事は環境の温度を10-40℃未満、相対湿度85%、週囲に含まれてない導電塵エジプト腐食性ガス。ななしち、検査パネルと裏板に可動部品と固定接点は正常かどうか、引き出し開け蓋検査コネクタ接触ゆとりがあるかどうかは、運輸や保管不振による破損または錆。8、コントローラは信頼性には。9、すべてのリードを接続する、電源ライン、コントローラ、釜石間の電気炉、電機線及び温度センサーとタキ器。10、パネルに「電源」空気総スイッチを合わせ、デジタル時計に表示された表示。11、デジタル時計には、各種パラメータ(上限警報温度、作業温度等)を設定し、「加熱」スイッチを押し、「加熱」スイッチ上の指示がついた。「押し押さえ」のノブを調節し、電気炉の加熱電力を調節することができます。じゅうに、押し攪拌」スイッチ、攪拌電機に電気が、同時に「攪拌」スイッチの上の指示が点燈し、ゆっくりと旋动「流量調整つまみ、ゆっくりと回転電機」を観察するかどうか、電機を正転、まちがいがない時、停止掛けベルト、更に再起動。じゅうさん、操作の終瞭後、自然冷却、通水冷却やステントの上空を寒い。待温降後、再び放出釜内帯圧ガスを下げ圧力、常圧(圧力を表に示す零)、更に主ナット対称均等旋松、取り外し主ナット、それから気をつけて外す釜を置きラック。14、毎回操作が終わる、釜体、釜の蓋に殘留をクリアしなければならない。主な密口止めは常に洗浄し、清潔に保つ、硬い物または表面粗物を使用することはできません。

实验反应釜,反应釜加热器,实验室高压反应釜,反应釜搅拌器,导热油反应釜,反应釜图片,反应釜电加热器,实验室用反应釜,实验用反应釜,佛山反应釜,搪玻璃反应釜,不锈钢反应釜,搪瓷反应釜,玻璃反应釜,电加热反应釜,高压反应釜,实验室反应釜,水热反应釜,反应釜图,双层玻璃反应釜,加氢反应釜,磁力反应釜,反应釜价格,钛反应釜,反应釜冷水机,gzlao.com