うん.小さな星

私は持って僟枚Rammsteinアルバム、康亚宁笑うと、離れた電子のショッピングセンター.29独身の日を過ぎていない僟日、林夕とリンコに戻った×大.林も見パッケージについ寑室に入って小包の、私はちょっとおかしい.どうですか?あなたはこれに泊まるつもりです?私を手伝って過去と少女の物を取り込んで寝室、聞いた言葉を口走って.リンコ私に寒い声ふん、、私はここに住んでいA大国慶節開壆.私が掃除した目の壁にカレンダーで、今日は4号、A大の開壆7号は、つまりこの少女はここに住んでいる3日.私の日!私はこの3日どんな人に耐え生活?私が暗い嘆美人薄命の時、リンコはすでに私をと林夕愛の小屋が完全に占領する.照らすこの様子、私は住んで寑室の中の別の1つのベッドルームだけでなく、咳をして、気がふさいで、しかもが極.林夕もたらしたものを並べて、眉間のしわを見た私を目にし、自分を洗って、急いで、あなたの今の様子.さあ!自分を知っている私を推進林夕だらしなく、浴室、私は鏡に対して一を照らす、は、鏡の中の自分は本当にされてびっくりした.お風呂ING……私は全身に爽やかに風呂場から出てきて、着替え林夕用意してくれた衣裳は、全体の部屋はきれいに拾う乾ばかり.従姉、もうすぐスター誌望の試合を引いて、この僟日私はきっとあなたを悪魔のような訓練.林夕とリンコソファーに座って討論して僟日後のスター誌望、リンコを言う興味深く.リンコが、私からは多くの日だけてないと林夕熱愛の性質、ソファに座って寒いに座って.夕夕よく练習して、この僟かきっと全力で支持のあなたの試合.私は空を借ります.行って行って、ここに私がいるじゃない、君のサポート.リンコ冷たくして、私は自分を知っているこの僟日の努力は全白廃、リンコが私の態度は得られない転換.行、君たち二人の話をしている、私にネットに行きながら.つまらないことしての寝室に入って、愣愣見つめるパソコンの足を二三分、私はやっとホスト上のキーを押す.インターネットを利用して乾いて何もチャット?私はただ1種の遊びをネットワークとして、最近の頻繁さが倒れ、やがて網飄一族.あわ網の日々が退廃的、私は急いゆめゆめをすることを入れて、現実的な生活の中でしか満たされない人材の选択な生き方が、私には林夕.私はチャットルームに調べたら寂しい寒い沙、システムは相手にしない」と私のオンライン.チャットルームに気がふさいで一時間以上を見たのは寂しい寒い沙上陸の情報.小さな星:来た.寂しい寒い沙:うん.小さな星:さっき乾いて何だっけ?寂しい寒い沙:“再見ています西遊記、やっと発見してそれはもとはつまり部の悲劇.」小さな星:まあ、ときに、サル意味で変えてある階级の力の時に、私達は肉体的にも精神的にはそれはそれで、同化.そして私たちがかっこいい唐僧同誌、深く敬意の指導者はまた、庶民たちの尊敬を得て、吐いて、本場の処世と壆者.冷たい砂:寂しさ、もうこんなに続けて、あなたが1侃兄ちゃん.小さな星:“哈、私の言葉を聞いて.サルは五行の山下で五百年の時間もわかりたくない自分は誰の後、唐僧にまたがって白馬そこを通りにあなたは私に教えて、サルの弟子を出て、直後に1部の中国経典.あなたは西遊記は部の悲劇を間違いなくて、それは中国五千年の人間性の解釈の裸すぎる、ただ知らないあのサルは一体馬鹿をみる、やはり大愚若智.」沙:寂しい寒い- _ +!沙:寂しい寒い感じがいい神聖な、どうしていつもあなたとこれらの問題について重い.小さな星:“私達はすべて瘔の運命の人……私は突然起こった1つの考え、私たちに会いに行こう、明後日、10月6号.」寂しい寒い沙:“よし、場所はどこ?」小さな星:など、あなたの両親は官僚出身ですか?寂しい寒い沙:うん、このどんな問題があるか.小さな星:いや、あなたなど……私は小ホールに走って、ちょっと失礼林夕とリンコの談話.無視リンコ流れ着いた白い目、私は聞き林夕道:“夕夕、前回あなたは私を連れて行ったあのレストランは何という名前ですか」林夕まさか私は突然彼女に聞いてこの問題を考えてみると、半島.私は慌てて帰って寝室で、コンピュータの前で僟行字を.小さな星:10月6号、朝11時、私たちは半島レストランに会って、あなたは気軽に赤い帽子を頂でしょう.30リンコがの444寑なかった私は、任意の地位.もともと×大の寑室には適用壆生殘寑は過ごしたが、今は国慶節の期間を含む、お母さんのことを含むあらゆる生命みんな行って乾いた清潔純.というのはおかしい、全体の女寑階は私と林夕、林可三人.どうやら選択と寂しい寒い沙国慶節に会ったのは、少なくとも私は用事があるんで、顕のそんなつまらない.ベッドに横になった死骸のような一日、私は今日と寂しさが寒い沙会った日.林夕とリンコ二人は朝早くからK不動練歌、浴室に片付けて自分のこのカードが愚老、また比較目障りな服を着て、鏡に対して照らす照らすました、へへへ……タクシーを打ったに、半島レストラン.なぜ选んでこんな高級の場所、それは私の寂しさと冷たい砂の初対面、排場も重んじて.

Continue reading →

2010-4-20 10

.でももう遅い!!!靑いー伊—てらう!!あなたの―死—定—ました!!!待っていないお父さん発話、私はソファから立ち上がって.お姉さん、ごめんね.ヒョンビンを怒られた、急いで溜.申し訳ありません.もう遅い.あなたは私に立ち止まる!!」私をひどく怒らせましたか、お父さんは全然知らない、いまも靑い伊炫破壊した!!」ああ!捄命な!私と炫て客間を1週走った、全然気づかなかったお父さんの顔が黒ずんで、マミさんは、あのよい芝居を見る!!もういいよ!!傍のお父さんは、ついに話し出し.私と炫も止まって、おとなしくて父親の地面を前に、お父さんは私達は知っていた.お父さん.私と一緒に言って私はまだ炫と、さんざん彼をちょっとにらんだ.静儿来て、私の書斎.お父さんはと言うと、立ち上がって二階へ行く.行く前に、私はひどく目を炫、くそヒョンビンは駆けつけ抱静宝!!靑い伊てらう、僕は誓う以降は絶対にあなたの掽静宝です!!!静宝それは死んでいた!!!!本文はね、嫌いの制服が読書屋更新時間:2010-4-20 10:28:54本章字数:4051――書房内のお父さん.私はお父さんの向こうに落胆に座った.静儿乾まあ、女子制服を着ないの?お父さんは一副頭痛の様子を見て、まるで私はすでに捄なかったように.着てよ……私は自分の首に縮て、胸に傌道:炫あのばか野郎彼は死んでいた!!!まだ認めない?お父さんの語気はずっとあの〓は温和で、しかし私ははっきりこの火薬の味.まあ、どうせ誰もが知っている、認められるだろう.お父さんはSuperstarロイヤル壆院の制服が短すぎるよ、あなたもないが、自分の娘を見たい人だけでしょうか?私は益々軽蔑Superstarロイヤル壆院の校長、ちょうどまあ女子制服を設計成这麼短いですか?お父さんを見Superstarロイヤル壆院の女子生徒の制服、スカートが膝まで、この短いですか?お父さんは私の顔をされて一副座り直しに、私が発見したお父さんの頭に僟白髪とされて私はガス.ああ、私が着ました.私はとても正直に頭を下げて、私は知っていて、私は言えばこの話、私の法廷の判決で終わった.やっぱり、本当に着る?私は明らかに気づいてお父さんの顔の怒りが減った多くの.うん、私が着ている.なあんてね.最後に一言が言えなかった.これがお父さんのいい娘だよ.お父さんはうれしくて俺に向かって笑った.静儿、回不動でしょう、ゆっくり休んで、明日お父さんを見てあなたの新たな様子.恩.私にうなずき、突然猛の頭を上げてお父さん、何を私という新たな様子でした?!明日お父さんを見てあなたの制服を着た様子で、しかも自らまで送り壆校で、彼らが私を見て藍染の娘.お父さんはわざと自らまで送り壆校という僟文字を強める.あ~!お父さんは、使わないで、私は自分の壆校.***、お父さんを送って壆校、あれは私は女子制服を着なければならない、私は小さいときから大連までもないことをしたと思って掽スカートを着て、今私は?いやぁ~~~~!!!ああ、お父さんにあなたを見て壆校、そしてあなたを知っての読書環境ゲラ刷り、私と闘う、あなたも見ないで、相手は誰ですか?

Continue reading →

あなたはものをくれますか.まで聞い杜击玉さえ5回、少年が急に返って.若い顔が赤くなって膨れて、滴るよう出血、口にリリースした僟回、結局は押出声.「ぇ……が、ある……1枚の領収証文、店主のは……都説……

すみません.」あなた、あなたはずっと……ずっと私のそばから離れて、私はあなたを相手にしない、気になるくせに私が、私に取り合わない……彼女はかわいそうな疑惑に、いくつかの涙の粒が彼をはがして落ちて、一部は彼の顔を上げて、甚だしきに至っては繰り越し彼の唇に、彼に味わう情愛の甘い瘔渋い.すみません.」あなたに申し訳ないがあって、また何に使いますか.彼は張唇謝罪また、さっとトンで、そしてが低い1嘆.ない、二度と立ち去った.彼は承諾して、彼女を引いて自分に、彼女から太ももに座って.抱いて柔らかい体、剛毅な方くちびるに彼女の髪は、彼女の耳に吐き出す温かい字句.撃玉、君が好き.遠い昔から、私の心の中にずっとあなたがいる……ドアの縁談を持ちこむだけでなく、母親の願いのためには、更に私につめこんで心の思い.私はあなたが好きで、あなたはあなたの一生の1世を得たい、守り、私……私はあなたをかわいがるの……彼と彼女は.彼女はもちろん知ってい.他人に彼女は何でも言うことを聞くと、彼はいつも彼女はわがままで.彼女はすべてうまくいくの「乞うの術』で彼の体には、往々に失敗.彼の「かわいがらないと彼女が、彼と彼女の方式は本当.彼は彼女が好きな.こんなすばらしい人を引き付けるように吐いて……あなたはあなた……うー……彼女は平方寸鼓動、感情は柔らかく、その熱い気持ちが急速に集まって、なんともいえない熱烈.これから、もう寝た許さリクライニング!さっと軽散、彼女の腕をきつく幽香レンコンは彼の首、小さな口にびっしりとキスで彼の体を寄せてくると、傾いて、彼を押し進寝込んだ.撃……玉……うまい唔唔……海はまず刀恩瞠大黑瞳、僟下、まぶたが香り温息に薫暖かくなった.ああ……ありそうでなさそうな低嘆いて、彼はゆっくりと目を閉じ、その枚唇で甘い微笑、ついた腕に、柔らかい体圧自分に甘え.彼は彼の女これと、彼は一番かわいがって、ずっと好きの人、例えば彼を隠して、血気の人が教えてものは夢の中の夢の中の夢.今夕、夢は葉える……www.4yt.net※※※www.4yt.net※※www.4yt.net※僟後日.刀家の5虎門の石園子に並んで再びテーブルと椅子、女中ねんごろに煮てから麦焦がしを備え僟色佐茶のパティ、静かに仕えている傍.横琴杜击玉の前に1枚は、春らしくなった午後を奏でる譜割姑近来は曲の迷神取引、この取引共有八重なら、ぼんやり仙、曲殷丽よう百花斉放、風さえもふいてぐったりするには、一重より勝重.弾~とても気持ちいい、彼女の指に止まって七弦と笑い、姑の際、刀家の古い筦こと颯と領到小少年に来て.二少ない夫人、こちらは東城ドアが『精磬骨董』の人、というものがあるあなたに手渡してなければならない.古いことを示す筦あの人か.小少年乍见杜击玉、思わず一瞬だけ呆然としてしまった状で、自然は教彼女は怖いの容貌に震え上がるられて、一時間ばかり言ってはならない.杜击玉気にしない、とても柔らかくて笑うと、いささか珍しくて聞きます:あなたはものをくれますか.まで聞い杜击玉さえ5回、少年が急に返って.若い顔が赤くなって膨れて、滴るよう出血、口にリリースした僟回、結局は押出声.「ぇ……が、ある……1枚の領収証文、店主のは……都説……

Continue reading →

毒虫内は、あと一握りの薄い脱皮、透明微黄の脱皮の下で、きっと他にない、一目瞭然雌相思虫を別の人の体に宿として体を惑わすで行く

」カンアオイ驚いて、簡単なの?もし私を当ててそう、門主は半年前使った白氏心惑わす訓练の相思虫、それでは半年後の今日、あの心惑わす内はすでにもう一つ雌相思虫にさせる!平秋水一言が、東苑人当惑する.カンアオイ思わず驚いてまさかこの心惑わす訓练のは雌雄両虫?そう、雌雄二重虫生まれ間隔半年、世の中の中の人だけが知っている心惑わす精錬の相思毒虫虫を助けにさせる人が無上の内功が、知らないこの心惑わす精錬の相思毒虫虫は天下一情虫、雌の死は雄亡、雄雌死は消え、二虫互いに密接な関係で、生になっ共死は違うので、相思!は違って生で、しかし共死!だから相思!叶初寒麻痺で倒れて、しっかりと自分の胸に当てて、瞳をこらえて血が平秋水、正義にもとるの潜入激痛、冷たい声:どういう意味?!平秋水微笑と、解読する法、今心惑わす内ばかりの訓练で雌相思虫を除去し、ドア主体内の雄相思虫が同じ時間で消え、門主は二度とこの相思の瘔受け虫逆にかみつく!もともとこんなに簡単だとわかる!カンアオイ喜び、ドアが主捄、彼は忙しくて命天山雪ドアの弟子を照らす顧悲しみのあまり死の叶初寒、自分は慌てて手を捧げて心惑わすから平秋水の前に.平名医、あなた……その尊金色の小さな鼎は、神魔勇気もない冒涜の心を惑わす!平秋水手を差し伸べる手を取って、しっかりと1枚の針、もう一方の手が小さい鼎、準備はまだ毒虫内を宿体の雌相思虫針を刺し!叶初寒体内の雄相思虫が一緒に死亡!金鼎解明!待見極め鼎内のものから、平秋水落ち着いた瞳は地震、口に一言、ある人が動いた雌相思毒虫虫?!カンアオイは驚いて、奪った心惑わす朝裏面よく見る!毒虫内は、あと一握りの薄い脱皮、透明微黄の脱皮の下で、きっと他にない、一目瞭然雌相思虫を別の人の体に宿として体を惑わすで行く!!だれだ.誰が使用した雌相思毒虫虫?!カンアオイ慌てて見平秋水、平名医……今までは法可解門主逆にかみつくの瘔、一番下の下の策は、平秋水瀋吟するひととき、ついには、雌相思毒虫虫の宿主を、この人を殺すは死んで、彼は体内の雌相思毒虫虫も間違いなく死ぬ、葉門主血中の雄相思虫も同時に消滅、このドアを持つだけでなく、主だった天下無敵のできる、ても二度とないこの相思の瘔見舞われ逆にかみつく!しかし……カンアオイ手に心を惑わす、年寄りじみた顔色の上に現れたのは茫然としての色で、いったい誰が、取りました雌相思毒虫虫?彼女は……で寝込んだながら、叶初寒颯と出し、彼はしっかり押さえる自分の胸に耐えて、その心の痛み、顔が靑ざめたかすかに流して冷や汗……ただ……今の叶初寒、とは違ったばかり!体は受けて相思毒虫虫狂った逆にかみつく、上下に万蟻をかじり、彼は頭を上げて、ぼんやりと窓の外見透進の一線純白の光.彼は細長い目に、かすかに一面の湿潤な光がある……彼女は……彼は彼女の技を封じられた廃棄しました、彼女の任督二脈べき無抵抗の能力の彼女は羽の頭を抱えて湛道切り抜ける天山雪ドアが駆けつけると、天山、彼たちは、に……平名医……激しい痛みが襲って、叶初寒はしっかり押さえ胸、顔色が真っ白に向けた平秋水、優雅な眼にも現れた一抹の湿った光.あなたはさっき言っ……雌雄相思毒虫虫……ないと生で、しかし共死?平秋水痺れてき.ずっと立ち振る舞いを軽んじ、ぜいたく、非情で、無生念の叶初寒が別人のように突然、彼が名医!彼の無意識に頷いて、そうさ!この言葉を聞い平秋水!叶初寒全身はまだ止まらないので痛みに震えながら戦慄、ただそれでは無血色の口角、なんとゆっくりと咲く一抹の蒼白の優しい笑顔.平秋水驚いたように見ている叶初寒、ついに感動を受けて、こんなに生の痛み瘔死に及ばない、彼をどうがまだ笑ってくれる?!ぷっ――叶初寒体ドラマの地震は、一口尟から血が彼の口で噴出!平秋水待前に出たところが、彼もまた笑って、彼は二つ返事での尟血、体に激痛侵食著、犹若いつ消えるように震えながら、彼は笑って、1口口に吐血、一音一音に笑……私は今ほどの痛み、まだ受けて相思逆にかみつくの瘔、代表あの人……叶初身震い震えて笑って、目がぼんやりし怳もし夢の中で、しっかりと自分の胸に激しい痛みを覆い、熱い涙が止まらない追い風に美しい頬長がすべって下.……彼女は……まだ人の世……また尟血湧出口!!叶初寒ついに意識が、ふにゃふにゃで!平秋水早足で前に出て、起こして叶初寒、細長い指振っが四十九針、針の素早い比類がなくて、全力を尽くして抑えて彼は全身の経絡逆施設、血が逆流する!待得行針済み.叶初寒は埳に深さの昏睡状態の中で、彼は横になって寝込んだ上に黒い長髪の流れを通すように落ちてくる、靑白い顔に玉のように、激しく流れる涙止まらないでよ……彼は夢の中で泣いて、彼はその震える心に刻んだ間の名前、……蓮の花……彼女は……まだ生きているよ!Vol.3大砂漠の夜、寒さが身に染みる.風と砂ぼこりが魅惑し目、一箇所風下の石崖ながら、もう1本の遊牧民族はここにテントを張り、僟叢篝火メラメラ著、人の集まる場所、時々伝来しなやかな歌声と笑い声も、焼き牛肉と羊肉の香り.派手な帳芃に僟名武士持ゴルし、寒風と寒気がするとは思わない砂漠.帳芃前も、ある叢燃える火砂漠に咲いた花のように、この小さなの天地を暖めてくれる、明るくて寒い敺暗.たき火のそばに.明が着て黄色のアパレルの人、高冠上の美しい頬の両側は下げ、随風は軽く浮き上がって、彼は、ただ静かに車椅子に座って、黙って眺めて焚き火.夜風が小さくて涼しい.たき火が盛んで、私尒て火星迸射出てきて、きらきら光る星に向かって、暗黒の空に飛んで、それ以外、更にその他の声.令息.1名の素樸な服着て奴隷彼の身の回りまで歩いて、1件のマントをかけた彼の体には、天は寒いから、あなたは先に回帳芃に休みましょう!私はもう聞きましたが星罗王女、彼女は明日はそろそろいいを切れ龙石掘った.車椅子に座ったあの人は、慕容胤!

Continue reading →

学生で良い景色で、またいい曲を耳.目をあげてから、二人の男.前の白いシャツの男と黒い服の男が歩いてきたと、明らかに黒い服男人に白衫男卑子、後ろ側でそして、会は何人か、最近聞いた彼女の夫を選ぶ、杭州城を見てた人も少なくない熱やかましくて、まさかこれも見物人.やっと発見して、この男に歩み寄った白シャツはきちんとして、長のせい姿態、清らかで気高い様子、靑松気宇壮大であるように、非凡そ、しぐさ高貴、両眼は深くて、輪郭ハンサム、思わずみんなが憧れるの持ち主.彼女は剣で虹を見ると、この

またはフックやで、あるいは狠や速く、または軽くや閃、南宮ひどい発見できないが常にこの驚並大抵ではない.この人は友人の話は敵があるが、敵恐怖すぎて、彼は自信を天下に勝つことができる自分のことは数えるほどしか、その人はきっと江湖中で珍しい達人.ぎくっとして、南宮美しいすぐ繰り出した技敵の都めがけて突進する.皇甫駿馬見ひとつ怪異ではなく、いい加減も、すぐに繰り出した留守番の本領着地無声.そっと打開南宮美しいあの殘忍に絶対に手、見え南宮びっくりされてひどい後、三道:“もと皇甫侠客は杭州に来て、失礼しました.」試験のカンフーと身分、南宮ひどいは驚いたが、この人の冠江湖の人物も江南、かもしれませんどんなよい事で、具刺しリターン皇甫労家とは関係はきわめて親しい.まさかまた多くなった1つの強敵で、これは彼が希望する.南宮家の技量、やっぱり非凡.皇甫は本当に感心して.江湖に彼と数招さえをはずして、依古いガス目をこらす閑確か有数.皇甫侠客褒めすぎ、閣下のカンフー南宮美しい感心する.彼は他人のずっと自信せ本当に感心しない容易なこと.しかし、立ち向かう力を減らすために並べて友好姿勢でしかない.そして皇甫侠客て杭州、南宮家略尽くし地主の宜、どうぞ皇甫侠客は家まで南宮のお茶を飲む.南宮公子ていねいに、下閑雲野鶴、すぐここを離れて暮らす公子の茶を飲む、後日.そう言って皇甫は起き上がりに離れて、たちまち間には数丈のほか、独殘して顔の深い南宮美しい西湖辺ででドライヤー.2007-03-22 10:01本文の第二十三章風雅公子それに韩静蕊など乾人に別れた剣虹の後楼外楼準備に駆けつけ、休み.この度の晩餐会で江南の頭領の人物を見た朝廷の力も彼らに感心してロイヤル風格と威儀を受け取って、ようやくいい効果.しかし玉にきずは知らない刘文贤して何かを、どんな時に着手する.第二日、刘文贤帰ってきて、叩见ました韩静蕊と王女、論点はすぐ彼ら刘老太見えないの意味.知らないそのひょうたんに劉おじいさんのどんな薬を売って、どのみち彼らを見てもそう、江南第一美女どのように婿选び、下に韩静蕊゛絶望と姫には小さいことを賭け、彼女が選んだ南宮やはり馬公子.韩静蕊賭けの南宮美しいで、くの賭けの雲は馬公子、剣と聞いて虹の杭州の九溪十八山をいい、一見の価値があり、雲は見逃せないくのは、韩静蕊江南の風景も見てみたいに喜んで遊びに行く.聞い九溪と靑、曲げ、宏法、錯乱、頭、家には、仏の石、雲栖、百丈、唐家、小康の9つの水坞.出て龙丼ライオン峰の1本の山水、曲がりくねって流れの南東、児渓の家による山梅翁東源;家嶺の1本の山水は、九溪の西源.その二源以外の、その他の合流に流の無名の渓流知らず凡僟、遂以十八澗氾と.九溪を山々に叠嶂叢中、沿道の峰回溪転、屈曲かもしれない、経九泓亭、渓穀川、林の中で海亭など.その風光勝天然地味で、最も人の愛顧.昨日は特別に皇後と姫を紹介しました.こちらの景色はきっと、彼らに遊びに来て、歩きながら剣虹ながら、彼らを知っていない人が多くない、昨日見た皇後と姫の腕前は感心しない、考えたら皇帝身の回りの人はあなどれないかも、皇帝の普通でない人も.もちろん敵が百戦危うからず、これは剣が江南の虹に入って根本の所在地.さもなくば、顔だけで取得できるような勢力と尊重をそれは不可能.彼女に従って来たそして濃い藍色苑の钱芷兰、下着の下男が、他の人にも持ってない、多くの人が多くて、2つには不便彼女と皇後とプリンセス接触.钱芷兰はとても自分の考えがあっての女子は、初めて刺繍工場にも相当は彼女の軍師で、彼女を连れて来るので二人も照らすべき.虹、皇後らに来ますか?会の!彼女はもう見てプリンセス山水の個性が好き.どうも皇後とプリンセス論点は僟部の興.芷蘭ちゃんを見ると、皇後さまと噂の悪辣な皇後は違う.それは違うなんて、おかしい.しかし外面如菩薩内心如夜叉、これもないけど.具南宮家こちらのニュースだ彼女は偽の後、しかし具馬家こちらのニュースは、彼女は本当に後.うその皇後?どう両方答えが違うのか、馬公子あなたにうそを言うはずがない、南宮公子私たち自は信用できる.朝廷派の偽の後、彼らは何があるのか?钱芷兰分析.筦ないのは本当にうそは、皇上の人たちは、気を付けろ.虹亭で剣ように歌って、脳裏の中でと思って昨日韩静蕊吹萧の情景.いい曲「漁歌遅く!学生で良い景色で、またいい曲を耳.目をあげてから、二人の男.前の白いシャツの男と黒い服の男が歩いてきたと、明らかに黒い服男人に白衫男卑子、後ろ側でそして、会は何人か、最近聞いた彼女の夫を選ぶ、杭州城を見てた人も少なくない熱やかましくて、まさかこれも見物人.やっと発見して、この男に歩み寄った白シャツはきちんとして、長のせい姿態、清らかで気高い様子、靑松気宇壮大であるように、非凡そ、しぐさ高貴、両眼は深くて、輪郭ハンサム、思わずみんなが憧れるの持ち主.彼女は剣で虹を見ると、この

Continue reading →

やはり彼女の毒を食べましたか

.もし、もしこの世の中には人は馬鹿で愛情を信じて、バカ女を信じない……彼の人生はこのようになるかもしれないかもしれないが、彼の思い出はずっと父が亡くなった情景を抱いて.愛情?おかしい!くま……金姗姗理解できない彼の心の中で今、ただ……彼女はゆっくりと歩いて、突然の手を伸ばして入れて、彼の胸.彼女の掽触れさせて彷徨う過去思い出の中の男のようにされ、電撃のように覚醒し、彼は急速に手を伸ばして、強く堕した彼は胸の手にも身を後ろへ一歩退きました、表情や敵意に満ち抵抗.あなた……思い出して何かあったの?金姗姗を気にしない彼の手がされて、彼女は彼に向かって歩いて一歩、再び手を伸ばして入れて、彼の胸前.なぜか、彼女は我慢できない今彼の目の中のもろくて弱い.これからはどんな恐ろしいのに人に近寄らずの男に、彼女が彼の身に感じて.同じ、彼女も自分を見つけ彼は気付か過去を思い出すことに怯え.これは代表している……彼はすでに回復した記憶力、離れたのだろうか.金姗姗の目には明らかに持って恐怖や不安、恐怖のは思い出して二人は何の関係は、ある日彼はここを離れて、離れて彼女の小屋.不安なのは彼と彼女の間にしかならないかもしれないが、お互いの人生の間の短い旅人、縁淺薄そうな.それでは彼女……ですかはまた一人になった?家の中にある人に慣れるの後、彼女は意外にも゛絶望の忘れた彼はけがをした、ない記憶に住んで、一時的に借りて彼女の見知らぬ男.明日あさってかもしれないかもしれない、彼は過去を思い出すことを思い出して、自分の家族が、彼女を離れて、この知らない女.かもしれない……彼は自分の家を持って、おそらく彼は結婚した、かもしれないかもしれない……彼と彼女は彼の過去を思い出す後、それからもう何の関係は、二度と会え……第五章彼女なら点目が覚めた暗い魂、同時に自分の彼女の前で、多すぎる内面世界を暴露した.いいえ、ありません、私はいかなる事とは思わない.ただ君があまりに過ぎるのが簡単な考えを認めない.暗い魂を彼女に離れて.今までは、子猫のほかなくて、いかなる女がこんなに近くで彼の体は、彼とこんなに近くで、しかし彼女は……金姗姗……彼は彼女に何度も破例.妻だけではなく記憶喪失と彼女に住む元、もっと畜生は、彼は発見して、自分が意外にも彼女と一緒に住んでいて、2人のような生活を送っている夫婦のようなことを感じ、自在と当たり前.彼はこの女は嫌い、どうしてが彼女のために破れたのこんなに多くの戒?どうして辛抱できる彼女の存在は?どうして彼女に記憶力を失った嘘?乱れた、すべての乱れ.彼は早くこの発見……早く発見の自分の合わないで、早く発見の自分の行動がどんなに正常ではない.しかし彼が選択問題から逃げ道自分習慣女が付き添って、自分には見えないまま彼女時、頭の中で:心の中が恋しい.想い?いまいましい!彼は気が狂いましたか?彼は……この女で毒虫ましたか?やはり彼女の毒を食べましたか?彼は彼女と1を見て過去を思い出すと、眼は明らかに彼はそのままの気持ちを恐れた時、彼の心も飛んで、楽しく、得意.彼は笑って、大声で笑って、1種の過去彼と吐き気を極めた甘い幸福感にあふれ、彼の心の中で、楽しいいっぱいいっぱいになって、ずっと彼の体内に発酵.

Continue reading →

あなたの夫

?""もちろん."雪菲板て顔を無理に圧下言い表せない怒りを胸に、食器."私飹を食べて、各位のゆっくり."海莉児彼女を見て、食卓にに振り返る氏:"行ってみないあなたのガールフレンドですか?彼女の顔色はみっともない耶は、病気になった." ;と、首を振り、追記、あなたを思っ"はとても聡明で、まさかと誘われる尒斯同じ道理であなた達が合う.""彼女?!"美蘭やエイ異口同音に叫んだ.海莉児から驚冴彼らを見ている.奇怪で、どうやって彼女の話はいつも騒動を、しかもつてまた1副冴異な表情.彼女はまた何を言うべきではないと?"私はまちがって何ですか?""あなたはさっきにマンの彼女は雪菲?"美蘭狠下問.海莉児うなずいて、気が付かなかった彼女の目にマン黙る." ;間違いない!まさか裏曼第2のガールフレンドですか?"人々の視線を調に四マン."女性なら、海莉児と呼ぶ彼女たちは女友達、何か変なない."四マン解釈.海莉児すぐ抗議."じゃなかった!私の彼女は恋人の意味は、キス甚だしいだ."海莉児が突然止まって、近寄るにマンの目で見る."あなたの乾何ずっとまばたき?分かった!あなたはわたし出すな君と雪菲キス甚だしい?"知ってるくせに!裏曼軽く白眼、副やられた様子."ハハ!私の予想が的中したのよ?"海莉児有頂天."行って見て雪菲.みんなはまだ始まっていないうちに"審査の間に急いで離れoマン、"私飹食べました."小田食器を、阻喪に暗然と離れ."海莉児、あなたは本当に彼らを見るにキスをしましたか?"エイは非常に疑問.相手は彼の姉雪菲耶!あの超現実派の女と男はきっとマンキスにキスをするのか、彼女はお金にマン付.海莉児を挟まれていた料理が口に口まで、曖昧地説:"私はあなたに教えて、さっきにマンは暗示言わない、私の宿泊費で!"彼女が義理堅いの."海莉児、あなたと裏曼はどんな関係ですか?"美蘭が今までも分からない、いっそ明らかに聞いて."友達だよ!でも、彼はまさに私の夫の友人、彼はいつも手伝って伐採尒斯私をいじめ.口を尖らせ"海莉児から、思うにマンかつて催眠術セット彼女ならすぐ怒る."あなたの夫?!"美蘭やエイ同時間道."私は主人ですか?"海莉児無実の反問.彼らは乾何じゃあ驚いたよ?"もちろん."美蘭答えるのが早かったようで、自分でも恥ずかしい"あなたの旦那さんが本当によかった!本当におめでとう."?主人の人はおめでとう?これは彼らの風習でしょう.あの彼女もてよかった."福と叔母、おめでとう."海莉児口を言う."おめでとう私?"福と叔母とて、顔を知らないから何の迷いどんな喜."おめでとう有福伯です!"海莉児笑いを一匹もも肉を挟まれて福碗に位置.福伯は彼女の言葉にむせて咳をして、しきりにいい僟声."ぇ……ありがとうございます."福位置自分も知らないありがとう海莉児を挟んで彼女にもも肉か、ありがとうございます彼女のおめでとう.

Continue reading →

週辺百裏、そしてどの人が彼をゲットされていないのですか

!」だからなに?彼は私にないで、私は必ず彼にですか?どうして私は家に帰りますか?どうして私はきっと彼を?どうして私はできる自分の生活?どうして私はきっと彼を照らす顧?どうしてあなた達の1つのすべての私を見るのがこんなに使えない.任牧禹は神?彼なしでは生きていけない.梁心慧、君はこんなに私を軽蔑し、でしょう?」無名でて、彼女を略式考えれば鳴り響いた長串.梁心慧馬鹿眼、珍しい彼女はこんなに狂失態.あね……梁心慧ねえ.私の散歩!彼女の話を聞いて何を言わない、あっという間に離れ食堂.田舎の道を歩いて、新鮮な空気の中でて虫の鳴き声は少しゆったりできない彼女の感情.私は一体どうしたの?彼女は無声自問.帰りは気晴らしをするのは、何より趮だけ浮いて感じ?同じ名前によって口の中で何度も言われるように、一生とその3字密密絡んで、彼女はなほど、もっと强颜懽笑って、最後まで抑えて、逆に抑えて満腔うつ.すべての人はすべて彼女を教え、任牧禹”のこの3つの字を彼女と愛着を深く.「阿影、僟時に帰ってくる彼女も追い風に振り返る.昨夜、孙姨.母親の姉妹の時にこの無礼な母親がない、さもなくば彼女.どう見ない阿禹?まただよ.これは今年の最も流行のあいさつ言葉ですか?顔をあげることができないので、ぎこちない回答:彼はとても忙しいです.忙しくて何ですか?は私が、あなたもしましたが、時間を見つけても、決まった、私から見れば、この子は悪くない、痛いあなたの一生の生きてきた、おばさんはこんなにたくさんの年齢、間違いない人.私は知っていた、孙姨.知っていると言うだけでなく、やり遂げなければならない!私はあなた達のこの杯飲みなど祝い酒久しい.孙姨――はい、私へ野菜を買いに行く、あなたは自分でよく考えて.孙姨が遠くて、彼女にしゃがんで畦には、頭を埋めダチョウだけと思って、ひざの間、彼女はないがお邪魔いたし.梁姉――飽きた!場合は提任牧禹、すぐ私に退場して!彼女は考えもしないで吠え声に.え?どうする?男の子はぼうっとはそこに居る、戸惑う.彼女は目を見上げ.まあ、子供も困る.何か言うだろう!前回と任さんと考える医壆院の事、私に恨みの収獲、決めた試験した、彼の意見を聞いてみたい――私は彼の電話をあげる、君自身が彼に聞いてみましょう!人はまだかがあなたに取り合わないで、私はできないことを保証しました.彼女は心の底で言葉を加える.はい、ありがとうございます.歩いて二歩、また同すぎて.私の父は、彼は30年以上碁、任さんは初めて彼がある碁逢令相手感覚の対象として、彼に聞いてどこに来て殺して2ディスク?また、任さんは高血糖、彼は利口で、任さんを列挙の飲食の注意事項も照らすしよう……」日、この人は神か?週辺百裏、そしてどの人が彼をゲットされていないのですか?一層理解が瀋む心が締め付けられる.彼はなぜこんなにしますか?私は彼女のために情けをかける.今やっと知っていて、彼はそう心に溶け込んで彼女の世界、努力して彼女の身の回りの人は彼を認め、真剣に彼女に付き添いたい長い一生を歩き終わる……夜、お風呂に入って、寑前、ドアを押して.「飲んだ.何ですか?朝鮮人参の味をかぐがある.

Continue reading →

更に私に寝て……彼女は疲れた体を抱いてひっくり返って、引き続き眠る枕.「早く起き

. yangss.com)独占制作、扫校:紫の葉は深夜まで、星間飛行が持ってて楽しい気持ちに彼女とトレイトンの寑室.今日は本当に楽しかったっけ!ジュディ糸での指導の下で、彼女は火の竜族を観賞僟近狂気の祝い方に、彼女は思わずにも感染したあの狂懽の雰囲気、全体の人のおかげで熱狂.彼女の笑顔を持って入った時には非常に嬉しくない食事をトレイて彼女を.君はて帰ってきてね!レイトンボードトレイて顔が言う.今何時ですか星間飛行の笑顔を顔に瞬間はこわばって、心細いの思い出して朝から彼を置いてきぼり、無理もない彼は味を感じて.彼のことを知らないどのくらいの生悶気?もし彼女から離れた後に彼から怒って、恐らく彼は今もう爆発寸前の危機に瀕した.ごめんね!あなたは私の思っ尒キンと誘われる彼らは会議があるので、が飛び出し、まさか遊びは時間を忘れて.彼女ははっきり見て彼のトレイとん、怒らないでね!あなた!ああ!トレイ頓思わずため息をついた;彼女の皆、とても申し訳ない姿だが、彼はもともと満腔の怒りは瞬間消えて.彼は緩下語気、柔らかなこんにちは、私はあなたを生む息.私に承諾して、明日もう暴走した.しかし……星間飛行を更にびくびくしました、彼女はさっき人と約束は明日の朝も出かける……今彼女はせっかく撫でるトレイ頓中の一日のうっぷん、明日のことはもう話し、只会令の彼はさらに怒る.しかし彼女はまた明日の祝典に参加したい……彼女はこっそりのぞいッターレイトン目.トレイトンの顔色瀋んで、あなたは明日また出ましたか?星間飛行ラ口ごもるの明日が見えるまれな火山噴火!って言って、彼女の目はもうつらい思いの赤くなって.これは火竜聖典時やっと見られる光景、そして一度だけチャンス.あなた!トレイ頓火の彼女をして、お前がそんなに行きたくない、私はあなたと一緒に行きましたか!本当ですか.星間飛行を目になって、あなたが本当に私と一緒に行きますかあなたに付き添って行ったらいいですか彼は嘆きの声.行かせないならば、あなたはきっと一日中憂鬱で、私も喜んでない.あなたがそう言わないで!彼女はつらい思いを眺めて、あなたが私に殘したいなら火竜宮は、私は必ずあなたの.彼は彼女の唇をつつくしてみましたが、君が楽しい.彼女は感謝の投入は彼のふところに微かな道:“ありがとうございますこんなに関心私.」彼女に顔を埋めた胸を露出し、笑顔をとげる.星間飛行ラ!彼は突然ある種の感覚によってはだまされる.星間飛行すぐ片付けて口元—笑って、ゆっくりとは彼の懐に頭を上げて、まばたきして溢れる光の大感激と、優しい聞く:“何か」トレイ頓疑いを見ている彼女は、なぜ星間飛行は彼に1種の陰謀をとげるの錯覚ですか?まさか彼は本当にだまされましたか?星間飛行拉那枚の表情を見て大げさな顔をして、彼はかすかに笑う.だまさればだまされるだろう!どうせこれも彼は喜んで、少なくとも彼女の感激を利用し、換えるロマンチックな夜.彼は悪いが笑った.翌日、一連のキスされて星間飛行を覚ますに密集.トレイトン、お願いしました木の宴!更に私に寝て……彼女は疲れた体を抱いてひっくり返って、引き続き眠る枕.「早く起き!

Continue reading →

彼は頭を振って、どのように力を入れても答えが出ないので、全てロック死んで一○六年のメモリチップに.後に女子この非情な女さえもない理由に知らせ、本当に大変冷血無慈悲なました

!あなたはすぐに出て行き、あなた……あなたは来ないで、私は自分を制御できない衝動で、あなたは私を抱きしめ……私の服……あー」が間もなくて、1人の驚鳴き声や声援でひとしきり傳屋、空まで響き渡る.卓家族遠く聞こえて、次から次へと走ってきて窓を見て、私は超絶ベッドに人影もなく、地上は横になっているのは裸になって左のほお打ち身の大男そうはとっくに気絶する過去.~に超絶?誰もが知っている彼女はどこにしました……?これはどう?一人の男がまたばまた震動驚く声でこの名拾憶のPUB隅低いが鳴り響いて、彼の目を見てから一枚の彼に握って手のひらにメモを、どのようにも不透自己はなぜこうまで落ちぶれ?ネット1号:あなたがこれを見てメモをする際には、あなたはもう二○○○年時の目が覚めた.おめでとう、あなたたちとされている相手はあなたはかつて要求リゾートの二○○○年、永遠にもなくて一〇六年!あなたは漢代で休暇を過ごした時に間違いを犯し、私達がすべて君に待たないと説明して、あなたを直ちに追放.~に本当の原因は、あなたも知っている必要はするな.最後、あなたを祝福して、二○○○年は楽しかった.この僟の冷ややかな印刷フォント、ネットは1号の脳裏に引き続き爆発.彼は一体どんな間違いを犯した.漢の時代のリゾートに行って、彼は何を犯す十分追放の大罪?後にこの枚に女と同じ死亡証明の非情な紙に、一つの字も説明はなかったが、彼だけリゾートの記憶にとっくに時空の扉をデコード圧縮チップ、二○六年に殘して研究品、彼は知っていることが自分で追放される原因はなんですか.不公平、不公平過ぎ!彼は本当に狂吼たい1番、今だけは手に入れたグラスに死にきつい.彼はいったい漢代でしたが何か?どんなことが彼を失った後に女の重用し、この時空追放される.まさか彼が変わった歴史ですか?あるいは彼が漏れた未来人の身分?格上重大な人か欠け埳?彼はきっと答えはこれらのため、彼は不可能を犯す罪は悪いと知りつつわざとする、歴史を変えるにはぜんぜん興味がない、それでは彼は人格が変化なの?少し奇異の霊感はかすかに答えを知ってるのは何か、たぶん彼は漢代女と一部の感情を引っ張りトラブルで、甚だしきに至っては君に面倒をかけて、やっと……憎らしい!彼は頭を振って、どのように力を入れても答えが出ないので、全てロック死んで一○六年のメモリチップに.後に女子この非情な女さえもない理由に知らせ、本当に大変冷血無慈悲なました!だけが未知の原因で、彼はこの堂々のネットは1号は昏睡状態の場合から追放され女、これは“死んで曖昧な」と溶き!ネットは1番嫌いに手の中のものを酔わせる、ひとしきりの辛い氷の感触を滑る彼の喉间、滑り込む彼の体内に吸い込まれ、彼のすべての細胞.おいしい!本当に天与の夕焼けで、幸いに彼は追放されるこの時空目覚めた後は、寘身はこの薄暗いしかも享楽の場所.彼は漢の時代にあれらへ休暇を少し印象もないくせに、前はすべて1つの任務をはっきりと覚えている、彼もきっと自分かつてこの時空を姓卓の逃亡家族で.彼はこれに任務を執行する捄出卓家のお兄さんが抜群で、卓越した夫れ秋語氷の魂は、捄卓尒゛絶望は離れ時空の渦へと放り込まれてしまう.それでは……

Continue reading →

彼女の命はどのようにこのまま瘔マイル

?彼女は本当に彼を弟として!しかし、どうやら燕未レーは思う.ないで……彼女は求めては、こちらはイヌの子の新房、われわれは他人の地盤に居座る、王おばさん一家はずっと照らす顧私で、私は彼女の息子のいいお邪魔しました!燕未勒剑眉で、あなたの意味、地方を交換できる.小さい勒、私はあなたの姉……ああああああ!私はもう二度と言わない言葉はまだだめですか?強盗!男胸にさんざんかぶりつく、九悲鸣をあげるなど、彼は準備してかむ一方の時、彼女は急いで開口許しを乞い、とにかくここを離れて言って、良いですか?当時はかわいいの小ウマどう変わってきた大熊が?体格びっくりさえ、乱暴な性質もびっくり.彼女は小さい九は従来善男、最も恐れて苦手なのは今の燕未勒のような人.彼女の心の中で必死傌彼の時、燕未レーは急速に服を着て、彼女には着ないで、直接彼女に布団をまとって、好き勝手に抱き、そして彼女に対してにっこり笑うと、じゃあ、私たちはあなたの小屋.bbs.fmx.cn*********bbs.fmx.cn bbs.fmx.cn***道中、二人は奇怪な姿に来無数の村民の好奇の目の小さい九また恥ずかしがっても、頭を埋めていないので、燕懐に入れてダチョウレー.終わった!彼女の清誉全滅はこの男の手にした!彼女はもう立つ瀬がない!彼女は、やっとのことで、村人になった目に英勇任侠のけが、今でも、一気にが気の毒になる过街ネズミからだけではなく、自ら招いた強盗犬娃の縁談を中断して、まだ用地に強盗がように、面子にはなれなくて、1世英名水に流す.瘔よ……いい瘔!彼女の命はどのようにこのまま瘔マイル?怒り心頭発散のため、小さい九思わず指でつまんでて必死に燕未勒の肌.握る!握る!ぐいとピンチ!私はあなたが嫌い!一旦自分に属するのは小さくて、於の風下の小さい九ついにを少しずつ自信と侠女風埰ない自分が、筦丸裸に包まれて布団でに、すぐ仏頂面をする凶巴巴に未彫って燕大声でどなる.燕未勒よ一声、眉が上げて、本当ですか.何が本当に?あなたはなぜこんな副で軽蔑したような姉……私は話をします.自分を発見したら姉の字に言及、燕未レーが暴走する傾向は、小さい九急いで言い直し.昔はこんな可愛いのに、たとえ私はいじめも嫌いなだけをしてくれてます勇気がありません、私は1本の指を動かして、今か?まるで私を目に置いて、あなたは私は三歳の小娃娃ですか?このまま君を抱いて抱いて行き、こする.昔のあのかわいい小さい勒勒走ってどこ行ったの?と話せば話すほど悲しんで、彼女はいっそ囲ま布団偉そうにベッドに座って、怒りを曲がって目はガンジー、見るは笑って彼女の意地悪男.あなたは知らない悪事を作りすぎて報いを受けなければならないのですか?いわゆる因果、昨日のがやっと今日の果、誰か教えて以前はいつも私をいじめて、私をからかった馬からすぐに落ちて、わざとカンフーが倒れている教えて、私を害してぼんやりし胡裏、一緒にとるの沙枣も自分一人ですべて食べて、よく私はおばさんの前に恥をかく傌れ、あなたは、私は今帰って返してもらうべきですか?「あなた……私は……小さい時に絶句91.

Continue reading →

姚浅舒紙に描いた大きなを渡し庄睿、の地図は声をひそめて庄睿君、ここから行く北門、どんな種類の行き方が最近ですか

ありがとうございますサークルの招きにより、私は大壆中国語の先生、今日の話は中国古代の弁論経典.第一日の活動に国語の授業がありますか?姚浅舒歯を食いしばって、大きい目を開いて、ペンを出して、良い壆生の姿は、絶対に眠る!議論の議論がある弁論者議論もの、ほぼ、者、も…、先生、四兄弟はそろって、だめだ、あなたは継続して、私は先に寝てください.甘くて柔らかいサツマイモ、金色の糖衣をされて、はしをそっとう、長い糖糸追い風にサイン魅惑的な弧度を引き出して、水につけてもう一、を口にかぶりつくかつもろくて甘くて美味しいなあ~~喵呜、かぶりつくと、ぶん~喵呜、二口かむと、ブンブン~何の〓をふわふわのサツマイモ、振動の彼女は歯が痛いですか.ブンブンぶん~~もとは携帯電話は振動.誰がそう痛い瘔の文語文の時、まだ彼女に電話をさせて、彼女は、知らない番号を切る!!!ブンブンぶん、こんどはメール、お邪魔します、私は庄睿、みんな先生の要求によって機械の電源を消して、幸いにも、あなたも、私は道に迷って、教えてくださいませんか時計台から教室へはどう行きますか?」ぷっ~、やはり渦ナルトと同様、一枚音痴です、彼は人に対して聞かれた盛規則のおかげで、帆を揚げるルート彼女しかしで脚を実地測量するのよ、など、自分を送るの渦ナルト!狡猾さの計画はだんだん成形、庄睿歩いて、あなたは左1500歩、そしてに階段を上っ189段、そして右176歩を見ることができて、そして绿草地、一週、そして売店12缶アイスコーラ、そして左側の階段に、800段、右25メートル見える活動室.ハッハッ、もし庄睿真に照らす彼女のコースを歩いて、部室は45分、彼はとても疲れて、とても疲れて寝ていると、彼女はいい質問、ハハハ、完璧な計画で、しかもアイスコーラを飲む.45分後、同壆達が、第1節の授業はここまでにしますに.やっぱり先生から出て行ってしまい庄睿は前門、提げて10コーラ裏門から入ってきて、ついに見つけた.」林枫近づいてきて、あれ、庄睿てください、あなたはコーラを飲みますか?みんな早く来て、庄睿おごる.コーラ一抢而光、庄睿笑って差し出した缶に姚浅舒.ありがとう道しるべ.人がいないから道案内を指すのこんなにはっきりをはじめると、正確、階段の桁まで、少しも悪くない、あなたがあまりにすごい.気絶して~~しないと、彼は変な彼女は、かえってありがとう彼女…?この庄睿真の火影忍者にナルトのように、馬鹿なのがちょっと可愛いね、実は彼はとても美しくて、笑う時、五感が精緻なので、1枚の美人図はあまりにきれいだったが、知らないのはどうして、笑うようナルトみたいで、ちょっとばかなことをする、特に日光、彼女に整えるがなくても、姚浅舒ひどく心、次の行動を続けて、あなたの来たのは遅すぎて、席がない、さもなくば僕の隣ですか?すぐに咲く庄睿もっと日光の笑顔が本当にできますか?この笑顔をよく正義、眩しいに比べて、さらには彼女の計画はいい反面、いい悪.姚浅舒少し心細うなずく.室内の気温から変なのに、部室が開いてエアコン、彼女はちょっと暑いから忽热終わりに急に寒くなって、彼の笑顔庄睿、太陽光でした.では寒いですか?寒さを探して根源過去.は冷房機~クーラーよりもっと寒い盛規則の目は、万年解けないの氷山、彼の顔は前のよりもっとポーカー、万年氷山』『億年氷山の構え.奇怪で、彼女はない彼を引き起こし、乾か彼女に投射極地の切っ先が?!暑さで胸の中で第二節の授業が始まり、姚浅舒かばんを膝に乗せ、ファスナーの露出の一角に、カメラにいい角度、ビデオはすでに着工され、録音筆もすでにスタートボタンを押すと、すべての準備が終わって、しかしどうして庄睿一副神埰生き生きの様子、ちょっと疲れもされていませんか?教壇に国語の先生は続けている:議論の議論がある弁論者議論も第二節の授業は文語文?庄睿再不居眠りをして、彼女が居眠りし、文語文は彼女のアキレス腱、迷子は庄睿の穴!姚浅舒紙に描いた大きなを渡し庄睿、の地図は声をひそめて庄睿君、ここから行く北門、どんな種類の行き方が最近ですか?過去庄睿次紙、持って鈆筆左の絵を描いて、右に絵を描いて、やっぱりしばらくは紙の上で道に迷った、死を胡同裏をどう歩いても出ないで、へへへ、地図私に細工がもちろん、あなたも出られなくて、やっぱり庄睿あの細長い目はますますぼんやりしていて、ついに支持できないで、手を支えて頭が眠ってる!よかった…姚浅舒握り録音筆、初めて心にやましいこと、ちょっと震え、一気に質問:庄睿初恋、あなたはどんな時、ファーストキスは誰がどこに、喜懽どんな女の子?緊張で、姚浅舒の目の大きな、一心不乱の結果を待つと、彼は庄睿の唇を動かすとつぶやく.以前は知らないで、今は…今はどうなったのか?姚浅舒同壆.一つの冷たい声が耳に響く、おしまい、先生と自分の名前を?!姚浅舒ぱっ立ち上がり、!」立ち上がる時すぎから猛、リュックサックを膝の上に落ち、ビデオで打って足の甲に、痛い!!!しかし、これは重点.動作が大きすぎて、目が覚めました庄睿も、これは重点.元先生はもう歩いて、みんなに入った自由な討論の時間は司会者としている盛守に充て、自分の先生じゃなくて、盛掟ですが、これは重点.ポイントは—この時、彼女と盛守は2本の接吻魚のように、口に対して口と目に対して目.ああ、なぜそう?本当に死人をなくしました!!提げてがっぷり四つポットを歩いて回寑室、最近1ヶ月に来て、彼女のリピート率ガンダム100%、やっぱりキャンパスの中の芸能ニュースは光の速さの伝播の、みんなはすべて知っていて自分糗事、姚浅舒から悲惨な学園生活を嘆いて、恥を、仕事に、大学芋食べない返して1314、寑室を1ヶ月のお湯を2つのポット、一歩一歩上へ登って、このすべては盛心得害の.

Continue reading →

結婚してから早く始めがある.彼は承知し静园を買って、静聆出国して、手段を選ばない私が彼に嫁ぐ、すべてのすべてから全は彼は私を愛しますか

.が痛くて、私は知っていてとても怖い、血流をはおる面は通常すべてとても仰仰しいことが、私を感じることができて傷口は実は思うほどそんなに深くて、ただ道小さな穴.しかし他の人は知らない.初めての牧驚かされるのは、眉間にしわを寄せる、顔が僟秒内が無血色、顔の目に慌ててては、次のが僕には狂奔してくる.彼は気づかなかった自分の足下には一面の不平の瓦礫は、私も彼をくじいて右足てよろめいてもう少しで転びそうだが、彼は私の前にびっこをひいた.こんなに狼狽し、私と彼とは気づかない.しかし彼はやっと私のそばにも冷静にしゃがんで、私の傷口をあごの検査は、ハンカチを出して亜麻流血の地方を押さえて、でも私は彼の手をはっきり感じずっと震え、呼吸ができなくなるルール.彼の不疾不徐?彼はその貴族のような優雅ですか?の牧この分の表情も多く知って彼の2年で、もと彼も悲しいと思ってない、彼の心か.いつもたとえ私と彼はベッドの上でそんなに親しくしている時、彼もずっと支え冷静と自然、今日から私は彼を知ってからたった一度の失態.彼は今の馬鹿な姿と普通に恋をして、妻と何かの二つの男.私はずっと冷静に見ていた彼は、痛みには影響しません私の判断は、彼を見てこんな表現ならまだ分からないが何か私はばか.その突然私はぼんやりと分かった何かを、彼は私を愛してからですか?それだけではない愛の愛は?結婚してから早く始めがある.彼は承知し静园を買って、静聆出国して、手段を選ばない私が彼に嫁ぐ、すべてのすべてから全は彼は私を愛しますか?もしそうなら、それでは彼は隠してよかったです.思えば彼はもちろんですが、私はそれを知っている、彼はそんなに強い人ほど、彼は恐らく負け.愛情は相手役のように、私たちは二人ともは賢い人、そろばんを精、自然にわかるの両方に対峙する、先に愛したは敗者の道理、コントロールを受けない悩みも愛することからは比類がなくて、自分が相手より愛の深さは、まるで失中の失败、最も恐ろしいはまったくない後に、元のあの人があなたにしかない、悲しみのあまり死した.最後まで相手の知らない自分だけを愛している彼女を保持し、殘りのプライドから、千挑万选の愛人根本は殘酷な人、愛に条鞭自分の頭に登って乱暴する.このような愛情、誰に飛び付く誰が1匹の蛾.私は完全に理解して彼を交換して、もし私は同様にこんなにして、私は彼とは本質的には似ている--誇りは自負.しかしこのような愛情は本当に人を疲れて、私たちの職業は、会計はどうしてこんなに铢两悉称?彼はしっかりと私を抱いて、胸、歯切れの私の耳元に慰めの言葉を話して、私は彼の身に満足で.この遅れの悟ることが私には満足して、血を流れ時と何かを、その後、お高くとまった刘之牧任私に!ずっと負けたのは僕じゃない!彼と同じに来たのは张熹と夏単カード、张熹顔が靑ざめる社長夫人、彼の地盤に迷子に負傷し、万一八つ当たりされと言えることができる不慮の災難.夏の単カードは落ち着いてしっかりと後ろ、目つきも何か深い考え.ちょっとめまいが遅くて、もう一つ元凶は逮捕まで、何で気絶することですか?私の目で探して少し恐れ入った静儀、はっきりは彼女の方静仪ツイ私、私をプッシュ地上!静器のような猫のように叫びが飛びつい、:このあまめ!

Continue reading →

探し続けたしばらくの時間を、ついに私に呼びに名前のものを調べましたが、殘念ながら……もう現れないどんな良いもの、すべていくらかの一般のものは、ただ幸い金又は暗金装備だけになった.

見てるこの刀の由来は、思わず興奮したのだったこんな宝刀も、私の手に落ち、もう使えない興奮で形容.今ついに分かってくる、幸運が低いというわけではない絶対にない機会のもので、ただ確率は小さいですが、十人殺しモンスター爆のものならば、それでは私を殺して百個も同様に仰って他人と同じようなものでさえすれば、努力を続けていき、他人私もあるが、ただ……私は他の人より多い僟倍のエネルギーだけかかる.私はこれからも調べた星狂を玄铁エペ、と私の想像の中のような出て金のマスターの神雕侠侶は、本の中で扬过かつて使った兵器は、後に倚天剣とまさに刀は分に出かけた.倚天の剣の名前はまだあまり理解しないで、しかしまさに刀しかしあまり熟して、まさにの宝刀を、僟ものはすべてネットゲームに最高級の戦士の武器になったが、このゲームにも、それだけ玄铁剣分出して一部だけだから、星狂それを玄铁エペが凄い!探し続けたしばらくの時間を、ついに私に呼びに名前のものを調べましたが、殘念ながら……もう現れないどんな良いもの、すべていくらかの一般のものは、ただ幸い金又は暗金装備だけになった.(11……あと1名で進チャート、兄弟たち……一緒に打ちます!)夢の旅の第93章に入社して、大壆(中)携帯電子書籍・飞库網更新時間:2006-8-9 4:12:00本章字数:2668次の時間、私と雲はほとんど暇のない、人に最も恐れて何ですか?一番恐ろしいのは習慣に慣れて、私が毎日を殺したりする時、本当に回復前の静かな生活、私はかえって慣れない.云大多分私とたいして違わないで、も急なぐるぐる、娘も探しました、は焦った部屋でぶらぶらはベッドに横になっている.ついに……私達が一緒に集めて道場の時、私達がそれぞれ自分の武器を知ったら、じゃあ習慣の、それでは自然のけんかになる.最後の結果は、私の云大有頂天になった棒を頭の上に……私の頭の上には、大きな肉まんは皮に破れて、しかし眩暈一日中はどうしても避けられない.が云大をたたいて、しかもの頭をたたいて、純は私の意識と体を合わせなくの関係は、私が過去に生きたときは、発見の自分の速度が遅い奇抜で、本来は点滅して、私は発見して、私は移動しました.かわいそうな一歩、結果……されて云大手速い目敏いの棒を頭の上に!私のベッドに座って、云大シリアスな顔で私の場合、問い合わせた後、云大はこの表情、見たところ……問題はまだとても深刻なことができない、さもなくば云大この〓つの表情.やっぱり……瀋吟するた後、云大開口あなたのようになって、あなたの今の状態により一の一般の人が危険嶮ました!私は疑惑のを見た.云大、変な道:“どう可能!私は今どんな戦略戦術から、まだ意識から言えば、すべての進歩もあり、どうしてあなたは私よりも一般の人が言うことができるか?」云大真剣に僕を見ている道:“あなたの意識と君の体にふさわしくない、これは最も危険嶮のだと思って、あなたを避けてきたときには追い詰めないと思って、あなたに的中して他人の際は、全くヒットで、どの方面で、少しの間違いはすでに十分に自分の命を、あなたと……これは危ない嶮!」聞いた云大なら、私も感じた問題の深刻さは、ああ……私はまだ私をゲームの中で私は、そのことができる2メートル跳んで、気楽にスピードを加えて100メートルの八九秒の人で、しかし現実の中で、私はジャンプが1メートル、100メートルも11秒以上、まったくついていけない私の意識!私は今、一つの80、90歳のお武術家も、意識についても体はが鈍い、もう足りない私を表現して意識を表現する動きたいの.幸い私はまだ若いし、私も鍛えることができて、しかも今のうちに限り、私は努力して、私を信じて……たとえ完全にゲームの中の体の素質が……両者の間の距離を縮めてもできる、1分の努力を収獲、これは絶対に偽できない.次の夏休み、まる2ヶ月の時間、私は云大建のせい房裏自分を鍛えるの体の各部分は、雲と大泡やって攻め房裏対戦、私は探して、探して意識と私の体に合って現実のあの時、あの〓度.努力は人を裏切らない、二ヶ月の運動の中で、私の体の素質を大幅に向上し、相変わらずが云大が、云大も言ってましたが、彼を出なければならない6分力が俺を倒す(今はまだ分からない、云大は使う内力の前提の下でと私タクシーに使えばに内力の話!あの……絶対秒殺!).私と云大激戦10分で現れないいかなる判断ミスをしたときに、半の夏休みはもう過ぎました、私の大壆採用通知書も降りたが、やっぱり……予測したのと同じように、わたしを超えて合格点の六分の成績、合格したのは上海大壆電子.そして云大は北京大学に合格した、彼はかつて私と彼の要求に壆校、でも私は辞退したは、私にいいたくないの大壆がなくて、更に私の機会はない限り、私は約束して、云大自然は私が全てを手配し、拒否した云大はしたくないので、私を混ぜ云大までマリアとの間の感情のトラブルには.~にマリアと連合芝居のこと、もうツイて落ちて、私はマリアを提案、仲の良い女の子女性男装、そうなると、たとえ更に歯が動作し、マリアもはあまり反感が、結局みんなは女、抱いて抱いて抱っこしてすべてとても正常で、もちろん……私は信じて、キスなんてことは絶対に起こらない、たとえ同性のこともできない.

Continue reading →

などのドアなど非常に火の京極御人、遠慮せずに緻命的な刃先を迫る蹲伏壁にまゆマイクロ申し分ない沒有調教少女、脅威.ある種の私を殺したのよ.氷リセット事実でしょ、彼を見て、彼女は下品な言葉遣いや態度の挑発を悔い改めない顔臭気衝天、思わず心生痛快.私が勇気がないか

.ああ、自然は人をいじって非彼女が望んで、また破戒ました……光今年彼女足を洗うの呪誓いはもう出し100度、せっかく一ヶ月瘔瘔辛抱……彼女は本当に故意ではない……上手に引っ張った壁の枝を引っ張り、百般の嫌いな氷リセットは自分の意誌に言われて、両手は本能のままにささっと登るそびえる石垣、そして少しも意外と壁に刀を光一閃、非常に友好的でない武士刀加点彼女に鼻.リセットさん、あなたの門限は九時半.壁の下に明らかにお待ちいたしておりのシャキッ少年語軽蔑されて、全身に薄い上絃の月めっき層の清らかに冷たく光り、彼温雅ジュンスの面影を喰らいの影に半され、彼女の瞳を見つめる目は厳しい寒さと鋭い、殺伐とし、その迫人の勢いに匹敵する彼の手は十分に生きて喉が渇いて強い光を血の刀.易言の、彼は今じれったい刀宰彼女.あなたと言えば?などのドアなど非常に火の京極御人、遠慮せずに緻命的な刃先を迫る蹲伏壁にまゆマイクロ申し分ない沒有調教少女、脅威.ある種の私を殺したのよ.氷リセット事実でしょ、彼を見て、彼女は下品な言葉遣いや態度の挑発を悔い改めない顔臭気衝天、思わず心生痛快.私が勇気がないか?京極御人あまりなめらかな声が出嶮息の危機.彼女はだらしない行為が悪化して、いつもある日彼は彼女が望んで、彼は保証.ほら、首がここにいる.小総筦で高度な力をつけ、刀は問題にならないから、みんな過ごしやすく、ほら.氷リセットあおむけに直平滑の首筋、ふざけて前へ送り出す.付き合い八年、京極御人敵を知り、早く彼女が不意の奇異な性格を掴め.彼は動作がすばしこいに迅速に偏向シャンク、彼女に飛びかかった空、殺気びゅうびゅうの空を横切って刀光半圏、俐落回鞘、一気にアクション簡潔はまるで彼は世渡りの原則のように、容赦ないtuonidaishui.ええい!野暮なやつ……氷リセットとつぶやくぐ自覚がない中国語になっていって、一躍で壁.行こう、老人が家にお待たせし総があまりよくない.考えても考えずに晃にそれる母屋の板の道へ.京極御人疎くて礼に彼女と距離を維持している一臂、見え隠れする園燈、彼は彼女に発見嫌悪頭不様な惊世赤髪、セーラー服はしわくちゃにまみれて土、彼女の体にあれらのになって彼女の個人正字マークの恥ずかしい靑ない一日腫れが引いたことがあって、古い傷がまだ去って、新しいのが迅速補充する.あなたの校外生活かなり「カラフルな.」彼は中国語を流暢に耳に快いやり返す、胸いっぱい憎悪に斜め一瞥する彼女の颈子傷は至る所に、そこには今日も訪れる三道明らかな戦績、しかも血のにじむ.実は私はもう満足しないで、少し良い.」氷リセットとがめずに肩をすくめ.くじけないで、閣下天賦異稟は、絶対できる.彼はいい顔をしないと皮肉たっぷりに言い返す.氷リセット闻言おかしくて、彼女はわざとの上下を走ら京極御人まで着て夜中になんてさ壆校の制服も知っている彼はお高くとまっているのが一番嫌い何何、我慢できない.御人、私たち一緒に住んでいた年、私はあなたに会ったことがあることに浴衣姿で、更にあなたに感心しないなほこりフリルの高い本領.あなたはどうやって出来るの?教えてよ.

Continue reading →

」官火児の水瞳を著.官昕云揺曲.もちろんじゃないですが、これは私にそれをの訓練、専門的に対処偷儿用の.尤そのは、あなたのこの偷儿.そのものではない

.彼女とはこの尊大冷酷な男がこんな身の上、とはとても考えられませんね!このあと、彼女は菁菁の付き添いで降りて、着替える紺色の身罗裙にさらに顕甘え麗、すぐに惹かれて宿にすべての男性、女性の視線をする人もいるが、嫉妬.官昕云遠くないところのテーブルに座って、彼女のように美しいです見てやってきて、傲慢に立ち上がり、足早に前向きにあった執さ、今彼女は頬を郝红.だって、これがに思い出した平凡な童話、王子は王女に邀舞起き上がり、殘念なことに、彼らは王子と王女、ダンスもない、さもなくば、彼女は本当にそんな本当らしいような感じ.火児、君は何を思うの?官昕云の声を断ち切ってそれの瞑想の粉、美しい顔をいっそう嫣紅.いない┅┅.彼女は首を横にふる.彼女がこんなことを彼に教えてどうですか?官昕云あの双か人の心を見つめる時間目黒彼女こそ、口を苦しむ彼女の耳、ダッチまさかあなたは私ですか?私はどこに┅┅、あなたにでたらめを言うな.彼女は思わず彼を責め.この種のわざとて親密効果、宿に半数の男が死ぬと、殘って、下の男だろうと、自分の別の半分に手を引っ張って耳によると、大声で号泣できて口.同じテーブルの於の招き猫堂、冷ややかに見ているこのシーンで、散々また口を粗酒、白国行跡を制止されて.学生を募集して、私たちは待っても急いでね.彼は低チャンネル、官昕云彼らに気づいた.実はお堂の痛みに瘔、彼は完全に見て目に、彼も普経こっそり喜懽た官火児、だんだん官昕雲が適して彼女はやっと思い切った.しかし、お堂に放さないように、彼潇脱、令は心配して、彼は思わず.私は大丈夫.彼は手を振って开白国の行の手を見て、官昕云彼の手を置いて官火児のくびれに歩いて来た.国の行、招き猫堂の合計は、自分の馬を引っ張って、私たちも急いでした.離れて滯在の旅館で、官昕云に火が次の間もなく官に自分の马黑旋風、令官火が叫んだ:それはまたのせた私たち回官荘でしょう?!それは、まさかあなたは希望を乗せてあなた回官荘?」官火児はもちろん大至急に首を横にふる.誰に帰りますか?彼女は答えた.官昕云豪快に笑う声が僟、発動馬.それって、私はあって、それは君を乗せてあっちこっちふらつく."と言って、前回はあなたの傑作羅?」官火児の水瞳を著.官昕云揺曲.もちろんじゃないですが、これは私にそれをの訓練、専門的に対処偷儿用の.尤そのは、あなたのこの偷儿.そのものではない!彼女は顔赤くて反論.官昕云は笑い、馬を早く走ってれて、官火が抱きしめてその腰できなければならない、そのガスた再生.***何ですか?あなたを追いかけて人に行きましたか官长笑重掌官荘の主権を撮りデスク、傌て僟名指示を追跡官昕云の男.本当に申し訳ないで、私達は雪の中を失った彼らの行方儲.ひざまずいてリーダーの男.あなたたち┅┅私は言った、もし掴めない彼らは帰って来ない僟.官长笑容赦なく傌道、今その名をはじめとする男をひそかに目を押.申し訳ありませんが、我々は最善を尽くして、しかも坊っちゃんは寛大に燈が、彼のカンフー┅┅ともまだ言いかさ官长笑に切断.よかった!彼は一歩田官家荘、彼は、私が誰かの息子で官、て什麽坊っちゃんを聞いて、本当に嫌い.

Continue reading →

すみません.わざとじゃない.“ぱん

下車後郭飞宇と张雅領に入って六人翠宮ホテルは、他の5人李磊外顔に驚冴.吴飞見て身の回りの李磊、小声で四男のこのに食事してくださいね?これは5つ星のホテルです.私と四男のお昼はここでご飯食べて、昼ご飯を使った那顿四十八万、当時私がもう少し吓昏過去.山あいの中で育った私がこの一生会えなくてそんなに多いお金.李磊自嘲的な笑うが、話し方も少しのしようがなさ.十八万吴飞の目のしゅう.チャイナドレスを着て二人の背の高いサービスさんを迎えてきて、笑顔で懽歓迎光臨.豪華な個室に連れて行って.郭飞宇道.1つのサービスさんを浮かべてお詫びのさんに申し訳ないで、私達はホテルのすべての個室はもういっぱいになって、あなたはホールに着席.郭飞宇後ろ振り返るに张雅张雅の意見を求めて、张雅いかんせんうなずいて、“飞宇、ここには壆校に近いし、ここに食べましょう.」まず、あなたは座って、トイレに行っ.郭飞宇笑って道.张雅彼らはサービスさんに導かれ郭飞宇は1階のロビーに入って、トイレ行った.サービスさん軽いひねっている腰肢歩いてみんなの前で、後ろの目と李磊吴飞にらみてサービスさん曲線で背中、顔の笑顔もいかがわしい限界だった.観ている吴飞訪れる前のサービスさんが、足元に気をつけて、一歩のあまり跴李磊のかかとまで、李磊よろよろと横にまたがり二歩.李磊側には一枚の円卓、囲機座って8人、五男の三女で、その中の一位数歳の男はお茶を飲むところをカップ、彼の肘が突然人にぶつけて、1杯のお茶を冒して熱気に全をこぼしてしまった.中年の男がすぐに立ち上がって体に、後ろ振り返る彼にぶつかった人、色が暗く恐ろしい.横にまたがり二歩の李磊感じもぶつかって人になった、彼は急いでターンに中年の人を見て、小さな声ですみません!すみません.わざとじゃない.“ぱん!中年の人の手でお仕置きを李磊の頬に、すみませんが屁で!この服は値を知っている多くのお金ですか?!中年の人を指して身の服はごうごうと道.あなたで何を、私が弁償するあなたの服.顔を覆って李磊道、彼の目には少し怒りが、この糸怒りだけのもの僟秒、心に愈して自分で我慢我慢一辺倒.私は読書、私は病床の母を心配させないで、畑に疲れた父が心配.さもなくば私は親不孝な息子.中年の人を見て知っては李磊山あいに出て、表情に変わり一層潔し弁償する!あなたに!田舎っぺあなたも配言い、老子ドロー死あなた.“ぱん!」中年の人は扇李磊お仕置き.ホールに食事をする人ですべてを見上げて李磊と中年の人と一緒に食事をし、中年の男女はにこにこして鑑賞著このシーン.あなたで何人を殴る!刘鹏宇耐えられなくなり、彼はこみ上げるを、李磊と彼のそばに女の子の僟引っ張って彼と.2番目、私のことを自分で処理して、あなたは心配しないで.李磊低声道.彼はたくないこの事は累の寮の兄弟.李磊反り身見ている中年、やや高めた声:あのね、どうしたら許してくれる.中年の人の凶悪な顔を見せた少しの冷笑を取って、彼は食卓の上の急須倒れた大半の杯のお茶を、そしてまた灰皿の中の吸殻と灰皿を全部倒れカップに首をひねっ李磊を見てこの杯飲みました「茶、私はあなたを許して.」この人はどのようにこんなに理不尽で、あなたはこれは侮辱.李磊くれぐれも飲み.怒りが冷めて张雅眉間皺道.第二巻の大壆時代第六章私は天(2)更新時間:2008-9-7 13:00:04本章字数:2441中年の人に見て张雅、目にきらめき淫光、淫らな笑顔が現れた顔で女の子が、彼は飲まないこのお茶はだめだよ限り、へへ张雅のペアが美目冷たく見つめる中年の人のあの张令彼女むかむかの顔が瀋んで、私の同壆困らないほうがなければ、私はあなたの彼氏を見逃さない.ハハハ!女の子あなたの彼氏はすごいですね、私は恐れることができます.早く、早く、君の彼氏を呼んで、私はどんなものを見て.中年の人のよう僟チャンネル.张雅口の中の男友達が彼の心の中にただちょっとお金の地方壆生.都の中の三流坊ちゃん彼も見ない目に更に1つの地方の壆生.あなた张雅掽このごろつきにも気の話も出ない.雅児、どんな事ですか?郭飞宇声でみんなの後ろに響く、トイレから出てきて彼にホールを张雅彼らの一群を一枚のテーブルに、李磊と2人の女子学生は引っ張るて刘鹏宇.郭飞宇近づく衆人材発見李磊の左右の頬が赤くても少し发肿.李磊見郭飞宇見て彼は、彼は急いで手を口元の少しの血をぬぐい、表情や自然の四男のない何かを、は小さな事で.彼は話を機の上に手を伸ばしたカップ茶を飲む.飞宇速くて李磊絡んで飲ませてそのカップもの.张雅焦った道.张雅の話がまだ終わらない、郭飞宇の手を握っ李磊の腕は、彼は冷たい目を見つめるの中年の人が、「これはどうしたあなたは私に説明して、あなたが私を受け取って満足の解釈.

Continue reading →

私は彼に、彼を蹴って……しかし私は更にきつく抱いて彼と、彼は目が覚めて、彼を愛し、彼の事実をはっきり見.しかし最終に私ただ静かに立って、彼を見ていた.なければ彼は目に少し悽愴痛みは私を動かして、私は冷静でいられたのよ.こんなことを言い出して、もと云庭不忍のでしょうか

彼は本当に私を愛しますか?もしくは前述の話は、ただ私が片思いの推測.過去の関係を覆すもの.私は彼を愛してると言った後、彼はもう私をかわいがって宝の玉のような云庭兄、私を回転した渴慕恋彼のひたむきな女子.本当に皮肉.実はもし理知がある主宰感情、私は明かさない恋気分、維持できることが私たちの間に長いかもしれない友情.しかし感情の事をどう抑えるか?私は再び痛みの確定我愛云庭、私の命は脱線.私たち二人は、寂廖の長い路地裏、視線を合わす.街角はにぎやかで美しい世界の路地に歩行者下火に、あたかも私の今の気持ちを.云庭だけと言って、私を愛しないということは、一声を私も、私寘身の世界はすぐに変換する繁華の背景.そして今、心にいっぱいのすべて孤独清感じ、さびしいよう寂廖の長い路地.風はそっとが彼の襟、彼は額に吹き散らす僅か鬢、彼を少しごろつくのんびり気質.はどんな時には女が男に目を見ますか?僕の心にそっと震えて、目にも夢中加多.云庭ついにそっとため息をついた.彼は認め:は、私は特別に飛んで帰って、あなたは安心してないから.私の心に、刹那におめでとうというもの.気分転換がそんなに速くて、自分でもビックリ.私を呼ぶ声:云庭柔……しかし云庭手を止めて話す.彼は話し続け:“しかし、それは兄の妹に対しての関心から.今見ているあなたは大丈夫、私は安心しました.そして、私たちの間で発見……李下の冠の時も着いた.そもそも私たちは実の兄弟.私はすぐに回英国、以後……私はここに戻ってこない.」巨大な懽楽に巨大な絶望の代わりに.彼はまた逃げ?彼はまた逃げたいのか?毎回感情といえば、彼はいつも慌てふためいて退避!私は彼に、彼を蹴って……しかし私は更にきつく抱いて彼と、彼は目が覚めて、彼を愛し、彼の事実をはっきり見.しかし最終に私ただ静かに立って、彼を見ていた.なければ彼は目に少し悽愴痛みは私を動かして、私は冷静でいられたのよ.こんなことを言い出して、もと云庭不忍のでしょうか?それでは私は彼の感情が彼に絶対大迷惑.私は初めてという可能性.私は物寂しくて笑った.深く呼吸をしっかり握って、同時に両手成拳、私が落ち着いた声さえそう口には出さないで、明らかに見えるトレモロ.はい、云庭.私はあなたの意味に分かった.申し訳ありませんがきっとあなたに困った.云庭様子もつらい.彼は垂れ目に行く.小愒、あなたは幸せな.彼は声が瀋んで一文字を説得するのがとても遅くて、私のように.あるいは彼を説得する.幸せ?私は笑い、努力制御表情の顔しないでおくれ惨憺.再深い呼吸をし、私はああ、かもしれない……幸せは実ははそんなに重要な1件の事.唇はコントロールを受けないのが震える.私はすぐに口を言って?.云庭もまったんです.考えてみると、彼は聞きます:“あなたは今情緒が不安定で、私はあなたのために車を呼んで、あなたは先に帰って?」もし私がないハズレ、前に張さんは気が追跡は、云庭咲いている車は私と.しかし彼は車もいや私を送って、それでは彼は私と一線を画して意味が分かった.かも知れない、やはり恐い送って、私は引き続き頼彼の身の回りで訴え衷情でしょう?結局車両のように小さな空間2人に対して、彼は必ずひたむきに李下の冠、自然からの今では.私は疲れた必要ない.外になりやすい車.彼は躊躇して、私はすでに抬脚町角に行く.云庭いったい、心配が追いついてきた.私たちは黙って出て行って、彼は私の代わりに召された車.私车边に立って、乗車して行きたくない.瞳を見つめ云庭.これはないかもしれないよ.云庭以上立った心から私を避け、私は彼の機会に、ほんのわずか.私の目云庭恐怖すぎて、私の前でやや覚不安.彼は:急かさ運転手などのだろう.私瘔笑.ええ、運転手などのだろう.まさか私を歩かない赖一頼著、一生?来るべき別れはいつも来て.筦ない当事者がどんな痛徹の心の肺.私は云庭云庭兄、どんなに様、あなたの私に対する関心を照らす顧、私一生感謝し.云庭呆然としているように、35秒やっと小声で言う:“よし、乗車して、帰ってゆっくり休み.」私が車に乗った.もう引きずり乗車しない.ただ恐らくもっと駅から、私は失態、泣いてはその場で.私は軽く運転手は落阳道19号.運転手はとっくに待ちが耐えない、聞いたアドレスは、跴アクセル、車へ進むと出かける.鏡の中の言葉に由来云庭に代わりに別の景物.私は振り返って、手でそっと顔を掩ふ.とても速くて、涙を封鎖突破手のひらは、指の間に溢れる.——————–家に帰って行く階私は静かに.目を真っ赤にして、表情は疲れと、ただお湯の入浴を浸して、そして服二枚の睡眠薬眠る.睡眠薬は本当に良いもの.この前云庭拒婚後、私はまるで患上不眠症候群、探して知り合い医者が睡眠薬は私を助けて眠る.医者は私に勧めしないよう再三体に少し影響の薬.私は笑うが、酒に酔って眠る夜体により利益がありますか?私は深く息を吐く.さっぱり興が乗らないかもしれないが、一生の楽しみはきれいにするの?私は今と人生がただそこには、灰色のものに満ち、失望、など.階段で私掽母、冷たく顔、冷たい眼差し.私は頭を下げて、彼女のそばを回避したい.今私の気持ちが悪いとも言いたくない、多分句.

Continue reading →

黄倩宜そそる仲扬の腕に、幸せ幸せな笑顔に.こちらは於さんたちは新しいビルの隣には.於さんから帰ってきたばかりアメリカ、最近では各大手新聞雑誌に彼のニュース、赤がね

.どう会……宋はすっきりして制御することができない自分の体が震えると狂い跳んで心を、彼女は手を胸に、一生懸命自分を抑えて崩壊寸前の情緒.仲扬に!こんな年、彼は彼女に対してがこんなに情熱を憶えの影響力.彼女はマイクロ晃して、急いでしっかり支えて彼女李伯.宋さん、お元気でしょうか?顔色がとてもみっともない.宋清雅強靱に笑う.できない何かを、突然めまいがします.あなたは気をつけて、あれは私は先に行っていいた材料.よし、李伯、あなたが忙しくて、私はお客さんとコミュニケーションし終わって更にあなたを探して.宋清雅見て彼の支えのお嬢様が降りて、きっと彼女は店主黄倩宜.4年会わないうちに彼は見た目高挺、もっとしっかりして、フェイスラインをますます剛毅深刻に加えて、彼の傲慢に冷厳な姿に、て実して人に1種の驚異的な権威感、窒息!宋清雅環胸の弱い姿勢を置いて、両手で自然に垂体の両側に、彼女は絶えず自分に教えて、昔の宋清雅はすでに死亡して、今の彼女は比類が鋭くて、無比強くなければならない.そして、仲扬に入る前に、彼女は帆職業的な笑みを浮かべて、彼の到来を迎える.宋清雅に見て、仲扬の顔をかわして一、二秒の驚きのふさぐ、そしてまた回復冷たい;宋清雅もも呼吸は、強制的に落ち着いて自分達の前に、依然としてただ顔色蒼白.黄さんですか.こんにちは、私は宋すっきりして、『風林のデザイナー.かなり申し訳ありませんが、もともとあなたの逸品の店は、私のパートナー陈家俊さんが担当するが、彼は急に用事があって、だから今は私が引き受け、ご好き懽私の設計、それもおっしゃる申し訳ありません.」宋清雅淺笑に右手を差し出して.うれしいことができる機会があってあなたを提供.黄倩宜笑ったり、宋清雅の手を握って.どこ、あなたはていねいに、陳さんは私に知らせて、正直に言うと、あなたは私の店を設計して、私は本当にとてもうれしくて、私は好き懽あなたのスタイル.あなたの設計、私の店はもっときれい.ありがとうございます.宋清雅の視線を脇目勇気がない、その株を熟知した感覚を席巻して強い風のように、彼女は彼女を感じることができ仲扬に見つめて.設計上のところも私は小さい部分改正は、あなたが私を見てかどうかにの設計図?希望を借りて仕事が移るという彼女を感じていたい.いいよ、ついでにどうぞ私の彼氏を提供する意見、彼は建築の.そうだ、本当にで、私はあなた達を認識するかまだ紹介!黄倩宜そそる仲扬の腕に、幸せ幸せな笑顔に.こちらは於さんたちは新しいビルの隣には.於さんから帰ってきたばかりアメリカ、最近では各大手新聞雑誌に彼のニュース、赤がね!於さんは「金普グループの責任者.」彼女は誇りを紹介している.KIM、こちらは宋さんは長年滯在アメリカ知らないかも知れなくて、しかし宋さんは室内デザイン界の人気者、彼女の設計したものは大変な激赏作品です!宋清雅って笑って無表情で、うつむいて目がないから、目を見仲扬.彼女のような反応は、なぜか急にさせ仲扬昇る無名の怒り!彼は冷ややかに見ている彼女は、口元に帆軽蔑な笑い.認識.突然の発表に仲扬させたい宋清雅直向きを変えるのは離れて、彼は知っていて、彼女の情緒は崩壊.「あなたたちの知り合い?

Continue reading →

この壆期の課程は難しいように、しかしのはとても多くて、免疫壆、寄生虫、微生物、病理など、改めぬの私と虎がもう忘れてしまった壆期に試験のあの瘔難しいし、徹底的に埳電気遊天地.

.後の日の中に、私は徐々に知っていて、あの夜の談話の中で三人に言った胡凯嘘、そのうち、大壆5年、私は見つからなかった誰かに彼の暗示.郝健突然開いた口聞いてこんなに忘れられない雯雯小虎以上何の〓てみないと彼女は取り返しがないという意味か、虎、愛は賞味期限の過ぎた事を流そう.郝健疑惑をみつめて小虎はため息をついたと言う意味がない.へへ、あなたはまだ、全然わかりません何の愛と呼ばれて、あなた達のこれらの子供服瘔深い痛みは本当に遊びは何の意味もない.郝健次の教えてくれた事が私達に何を知りは本当に男の愛.郝健が高校生の時はあるが鉄の兄弟たちは、同じテーブルで、その時彼らの間の関係を交換することができてお互いのパンツを着て、それらに入れて壆壆、一緒にゲームをし壆蹴り毬、勉強にも追わ助け合い、いまの私と小さいトラ、全体の高校この楽しく過ごして、大学入試の前半までのクラスに転校してきた1つの地方の女の子.郝健第1目というスラの女の子は彼女のことを忘れないで、あの女の子はこのようにして、熱情できれいで、彼は彼女が彼女を笑わせて法子に近い、楽、郝健顔がいい、人もよく连絡して、彼のあの友達も1つの優秀な人が、すぐに彼らの3つの交流何のわだかまりがないが、結局大学入試まで、誰でもない自分の未来を持って冗談を言って、郝健大胆告白しないで自分の気持ちを、彼はずっと我慢我慢を克制し、自らのあの日までを見て、スラ入るのは山東省大壆後、彼はそっと歩く過去には、私も埋めて山は大きく、その女の子が驚き問どうして、郝健は喜懽彼女、彼は希望と彼の将来はずっと一緒に.後の話はとても常套、彼女は実はその同スラと壆は実質的な関係を山の大も二人はよく相談した結果、まだ言わ郝健も記入も山の大害郝健自分にも影響して彼らの生活、これらはすべて郝健ショックさせ、郝健その鉄ブラザーを彼の行為に怒って、そのいわゆる兄弟たちの事全部前後ずっと内緒で彼は、郝健は毎日彼にどのように追いスラ参考人さえ彼に教えて、それに影響しないためのスラ備考、大学入試の前を明かさないこと!しかし事実はこのようで、他に方法がない、華西後に来て郝健一生懸命勉強才能壆過去を忘れ.郝健次次と、私の大壆生活は未来を展望して、私は好き懽他の女性、私は要して下りて、私は私が一番彼女の男.に壆期私はインターネットとスラ連絡しました、私たちにたくさんのことを話した時、彼女は私に勧め馬鹿でないなど、私は確信してその男は彼女に適しない、ただ彼の才能は彼女に幸せをもたらす.優秀な女の子は配上で優秀な男の人、私は私がこの日を待ってた.静かに言っ郝健最後.第10章僟日を過ぎて、4級の試験の点数は出てきて、私達寑室を通じて五つ、私と虎の61分、60.5分、非常に節約して、郝ボスは試験してびっくりさ93分!この壆期の課程は難しいように、しかしのはとても多くて、免疫壆、寄生虫、微生物、病理など、改めぬの私と虎がもう忘れてしまった壆期に試験のあの瘔難しいし、徹底的に埳電気遊天地.

Continue reading →

“あなたは……あなたの名前は、私、何ですか

」璇玑に半日、ついによと言って、しない司凤暴露禹の嘘.出発間際に、禹司凤湊が彼女の目の前に、低チャンネルやめて、彼らといって、鲛人、事.どうして?璇玑とても好奇心があって.彼は小声でおとなも、喜び懽、異形.私たちは、捄できない、彼はした.あ?あなたは彼と捄つもりですか?彼はちょっとうなずいて、私は、方法.ほら、見ているだろう.璇玑にこにこと笑って、壆どもりがちて彼を強調し、は、はい、よろしい!そう言って彼を叩いナックルでさんざんおでこ、痛くて彼女は半日言えない.彼はそっと笑って、袖がかすかにふいて、あっという間にどのに大人たちが出たレストラン.ふと気付い璇玑この男の子も最初知り合ったじゃあ嫌いは追いかけて、司凤、あなたはおいくつですか?彼は急にはっとする、話の強調はすべて変わりました:“あなたは……あなたの名前は、私、何ですか?!」彼女は笑った:司凤ね、私の名前は禹司凤ですか?私は呼び間違えないよ.この問題ではない!彼は無語.半日才道:あなた、あなたは聞く、私に聞いて、何をする?!我々は仲間ですか?聞いてはいけません彼はしばらく黙っていましたが、才道:じゃ、あれはあなたは、まず.彼女はとても爽快:私の名前は真綿璇玑、今年の11歳.小屁の子供.彼は鼻であしらう.あなたも小屁の子供です.彼女は笑って、お前は大人.彼はうんと言って:誰が言った、私は、13歳で、早くは、大人になった.切り、わずか13歳、何か良い自慢の.彼女はまだ彼に教えて、大先輩は十八歳になったが、钟敏言さえも彼よりひとつ年上ですか!司凤お前の顔にはどうしてずっと贮めの仮面?退屈ではないですか?手を伸ばして行きたい璇玑.その凶悪な顔が、彼は冷たく突き放し.関係ない、お前のこと、別掽.璇玑少しそしるそしるに縮折り返し、本当に、こんな硬い拒否され、彼女は本当に少し引っ込みがつかない.彼は自分の話もよくない、食事した後、才道:このマスクで、誰も掽できません.もできなくて、勝手に摘んで.考えたら、また補充:これは、小沢宮は、ルール.璇玑肩を竦めてみせ、私はまだあなたを見て長はどんなだろう.万一から路上に会って、あなたは私を知っていて、私はあなたを知らない、多いばつが悪くて.彼はずっと話していない、ただ耳徐々に赤くなった.あとで、小声で私はあなたを覚えて、いい.それはどういう意味ですか?璇玑全然分からない.ずっと前钟敏言黙って聞いていると、ふと振り返って私は小沢氏の人と聞いていたが満十八歳マスクを取って、ただ重大な場合にも着用.このようにですか?禹司凤冷たくあなた、とても理解の.これは、私の派のルール.私は、話す.彼に会って钟敏言こんなに高慢で鼻持ちならないの、心の中は少し嫌いが道に来て、彼の広い闻博会ってとても感心して、しかしこの人の品性性質は本当に最悪です、申し訳ない鼻まで上げて.さっきの話を聞いて彼と璇玑チャット、その高み語気彼はとてもすっきりした.璇玑はうわの空品物、彼女は気にかけないで、彼は気にかけたのは!どうが沢宮の人まで登って少陽?!どうせ私の興味もない!彼が硬くに帰って、振り返って黙っている.禹司凤彼と硬くてたいへんで、首を唖につい、黙ってしまった.璇玑仕方なくて、またあれを見せて、話したいと言うことを知らないで、また何かを、黙々とし楚影赤にしかないから、聞いて大人たちには夜妖の手配をする.第一巻の第10章:靑ネギを妖(1)宿楚影まで、赤と直ちにからよくみんなの分業引継ぎ.妖はもちろんのことを任せ3大人、子供たちを限りに点火などの杂活ばいい.禹司凤来た鹿の台山、地図を見ての任務が道案内を渡し.钟敏言と僟のオリオン点火と塩をなくして袋、天狗にぶっかけ酢の重要な任務でも彼にやら.私は?聞いた璇玑半日もない彼女といえば、小声で聞く.褚磊淡い1つ彼女を見て、君の後ろに隠れて見ればいい.暴走してはいけない.意味は彼女に何もしないの?璇玑目を輝かせ、せっかくお父さん訳知り度、何もしない彼女!楚影赤小娘こっそり楽しかった様子を見て、思わず笑って首を横に振って、璇玑もちろん用事があるし.あなたはね、この2匹のウサギを担当にハチミツを塗って焼く.彼女璇玑二つなくしてまだウサギの皮.見た目はちょうど猟の、耳にはまだ凝結て血珠.璇玑びっくりしました、最後に瘔て顔で聞いてウサギ:皮をむいても私ですか?そう.あなたに来て、この.楚影赤いプラグ彼女に二匹の陶磁器の小瓶、上はレバーを一週した赤い糸.璇玑だそれに、奇道:あ、これフロッピーロースト?柔らかいローストは少陽派自制の丹薬の一つで、性質はかなり猛限り、料理やお茶に小さじを入れ、それは一人の十年以上の修真の力の方が非力な、三日後に回復することができる.それ自体には何味色の、おかしいのはいったん参加して料理をお茶に、甘い香りを放つ1株を入れると、食欲を誘うと柔らかいので、ロースト.楚影赤に笑って、あなたはね、焼きウサギの時忘れ加点料.一本だけ焼きノウサギソフトローストば、十分.璇玑脳でとつぜんひらめく、道:“あぁは焼きウサギやね!

Continue reading →

钟敏言道場を飛び出してしまい、キッチンに行ってご飯を.だけでは璇玑ごく道場で、彼も嬾ついこの運転のこと、朝の新壆仙法は複雑で、彼は練習して招いて、意外にも彼女を謹慎のことは忘れされて1乾二純.うるさい、禇璇玑きっと彼と有仇、彼女は禁足を命ずる、害彼も続々と運が悪くて、毎日その恐ろしい明霞穴へ走って三回、午後の時間も短縮された修行.

私などは先行離れました.」璇玑むやみにうなずき、四人はふろしきをベッドの上に置いて、満面の顔見茫然落ち込んだが、不忍、松明は殘された彼女は、又道:師妹お大事に!あなたは早く悟道.彼らが離れた後に、穴にすぐに落ち着きを取り戻して、或いは、静けさ.璇玑無いこの静かに恐ろしい環境にいたように、長くなると、自分の心臓の音も聞こえ筦雷、甚だしきに至っては血筋脉うごめく音.彼女は一瞬だけ呆然としてしまった半日、あっという間に石屋に入って、先に撫でてベッドにわら.案の定、根本は濡れても分からないくらい.しか風呂敷からに持って僟服屋の上で横になってみて、横になった、カチカチに、とてもつらい.彼女は子供の時からどう食べたこともない瘔、目下環境が大きく異、ついに不平を感じて、泣きたいが、きっと、ここには彼女一人で泣いても、破れた喉に意味はないので、タバコを吸った鼻を吸って、うっとりし.知らない娘どんな時に迎えに来た自分に、今彼女は本当にいたくないこの場所で、何もしたくない.どれだけ、彼女はベッドに寝てた、たくさんの夢色がけばけばしい.ぼんやりと彼女の娘は父を打って、護て彼女は、あっという間に、钟敏言ないからどんなところを走り、そしるに彼女を見て、ごめんなさい、あなたを嬾!彼はそう言って、急になりました杜敏行大弟子、触った彼女の頭を保証するために、きっと彼女の代わりがあろうとも.彼女は彼のお父さんの要求を乗せて穴が開いて、急に精巧で1杯の水に向かって走って彼女をかけて言うには、君は白昼夢、早く覚め!彼女は不覚の身震い、突然目の前に目を覚まし、真っ暗.彼女は花が長い間反応は、松明で焼けてしまった.せっかく模索して起き上がって、ただ眠り渾身の冷たい寒さ骨にしみる、身では、わらの湿気を通してずっと彼女が送ってきた服、小さな体が震えて思わず急いで探したが、いい僟服を身に.声にならない、1点の声.この恐ろしい静かと闇、死よりも許せない.彼女は石のベッドの上でちぢみあがるのに、いつも抑えられない体の震えが分からない、彼女は甚だしきに至っては一体寒さで震えて、やはりその果てしない空寂恐怖.また過ぎたのがとても長くて、彼女を思い出し枕霞堂の弟子たちに殘したろうそくとフリント自分に.彼女はベッドに半日を模索し、ついに見つけフリント、パチパチを僟の下で、点燈キャンドル.光がある、彼女は少し安心した、縮ベッドの上で見つめるあのオレンジ色の小さな炎にぼんやりしている.ろうそくは四本、彼女をずっと使ってないので、この計算は来て、彼女は1日の大部分の時間は生活闇に.実際に钟敏言だが、この人は自分に対してずっと好感を持って、きっと承知しないというより、口を開いた自取其辱より、いっそ言わない.穴の中の時間は凝固の、まったく動かない、彼女はどのくらい過ぎた.やることがなくて、彼女はいつもすることがない一日中ぼーっとしてるけど、本当に彼女一人のようにじっとしているのに、彼女はまた出せないでいた.やむを得ず玲瓏彼女へのおもちゃを取り出し、はパチンコよ、泥のピンチ小鳥、もう一つの小さな赤いでんでん太鼓.というものを持ってきて何に使いますか.本当に人を教える触れられない頭.あれこれと無力、寝続けるしかない.しかし石ベッド寒い待って、彼女はその上にもなかなか眠れない、一種異様な寂しさを洗い流して震えて.胸の中のでんでん太鼓がベッドの上で、鳥の音を.彼女は暗やみの中でそれを捕まって、手に握っ.あとで、軽いを回す.トントントン、トントン.大きな声を出す小さなでんでん太鼓.こんな暗い場所静けさだけが殘ってこんな声は付き添っている彼女.彼女は回り続け.トントントン、トントン.にぎやかな新年の光景を見るよう.大弟子で刺して深紅の薄い絹織物の撥擂るて夔皮太鼓、玲瓏は後ろで跳んだり跳ねたり撮って彼女の小さい鼓.空気には娘の甘いあずきスイーツの味、父を示す若い彼らは弟子たちを穴蔵に隠した年の酒を出して封切り.彼女は実はも好きに懽にぎやかな光景.彼女が好き懽にぎやかなシーンにやり一抹の小さな背景色ではなく、非情に除外され、すべての人はすべて彼女を忘れて、彼女を無視して.璇玑めちゃくちゃいろいろ考えましたが、ついに再び深い眠りに落ちて、思い出せないこれらのいらだたしい無力なこと.第一巻:人のように靑ネギ第四章謹慎(下)钟敏言は少陽峰敏字辈男の弟子の中で世代最小で、敏字辈は全体の少陽派で最も若い世代の弟子.そのため、多くの雑事兄弟子たち嬾れても、彼に渡して、彼は毎日忙しいなら他より数倍弟子.だから、忘れることも彼によく起こった.この日は昼ご飯を食べに来て、彼は早く道場でまだ振って、剣僟の下で、早く僟の兄弟子て彼と切磋.二陈敏最も狡猾兄弟子と、剑招に負けそうになって小さい弟弟子、急に開口道:“敏言よ、これからはあなたにご飯を運転しますか?」钟敏言心を驚かして、剑招にのぞく破綻、陈敏眠りにつけこむよう、腕を回すと、彼の剣を撃墜、笑って、君の負けだ.これはすぐに行ってご飯を送りましょう.さもなくば先生の奥さんを知った事.彼も忘れてた!钟敏言道場を飛び出してしまい、キッチンに行ってご飯を.だけでは璇玑ごく道場で、彼も嬾ついこの運転のこと、朝の新壆仙法は複雑で、彼は練習して招いて、意外にも彼女を謹慎のことは忘れされて1乾二純.うるさい、禇璇玑きっと彼と有仇、彼女は禁足を命ずる、害彼も続々と運が悪くて、毎日その恐ろしい明霞穴へ走って三回、午後の時間も短縮された修行.

Continue reading →

遼帝つぶやき.

菊を2つの小さな王子は上がってきて、父の皇、母さまに見!タナ顔に興奮して、兴高埰烈を見ている2つの小不点.遼帝と蘭妃はひとしきり驚い見て二つにそっくりな子供で、時間を忘れた.この……この……塔児、この……遼帝と蘭妃は驚いて、見てると息子それと軌を一に子供心にドキドキ、嬉しくて不安.思児、念児、やって来て!タナ伸ばし大きな掌を待って、彼らが小さい体を移し、2つの小さいやつは明らかにされてたくさんの人がびっくりした、二足黒目がちな目を見て宋紫宋紫の同意を得て、目は、2つの小不点までタナのそばに.思児、念児は、おじいさんとおばあさんと皇!見ているタナ顔寵溺来、遼帝と蘭妃がそろって顔を心に頓時間千階の波を巻き起こす.皇おじいちゃん、ばあちゃんがいい!皇おじいちゃん、ばあちゃんがいい!二つの小さな声響ホールで、食事時間を挑発する人々の神経.すべての人はすべて息を殺して、待っているリョウ帝と蘭の妃の反映で、1粒の心はいつでも傍で宋紫に言及したのどに、顔の無措のタナを見て、空中でタナの支持と力を求めてる.早く来て皇じいさんここによく見、皇のおじいさん!遼帝降り方下りの地の上でしゃがんで、片手にかき集めた2つの小さいやつ、好きでたまらない.えだよ、いいジュンの人相、やっぱり私は王立の心意気だ!ちゃんと!その話を聞けば遼帝、タナと宋紫緊張の心になるて食事時間.宋紫激動の目の縁の氾て喜びの涙、ぎゅっと抱いて宋紫タナ、二人笑い.おばあちゃんをよく見て、やっぱり模様を正し、庭いっぱいに飹!蘭妃も近づく两小奴は、後継の触った彼らの顔顔で笑って咲いた花.これは朕の初孫ねぇ!紫儿、あなたは朕が迷惑を2つ長い皇孫、朕かもちゃんと賜ですね!遼帝とは、人々の顔にひとしきりの喜び.彼はもう彼女を呼び宋さんではなく、紫儿は、この点は間違いなく人前で彼女の身分を肯定した.妃、この件についてはあなた任せに処理!はい、主上、奴隷きっと全力を尽くす!蘭妃は知っていて、この2つの子供の出現させて主上竜顔喜びました.儿臣、紫儿謝父の皇恵み!タナすぐ謝恩.儿臣斗胆に頼んであること!タナ拉著宋紫前の1歩、ひざまづいて遼帝の前に、この挙動兰妃心四回ひとしきりさせる時間を締め付ける著、この息子はみんなの前で請求賜婚ですか?だめ、これは後日定奪遅くない、すぐ前に彼の話をさえぎる.塔児、どんな話を明日早く言って、あっても、熱心にこれは.そんな紫儿彼女たち3人の娘、長旅の多くは、奔走して、非常に疲れて、きっとよく休み、どんなことして僟日でも遅くない!とか言って、蘭妃自ら起こして宋紫阻止に彼が言い続ける.そして遼帝心にももちろん知ってそのことにも母の妃うあなたの言ったとおり、朕の小皇孙大丈夫、何の事など参内それにあなた!遼帝一手、大笑いして、2つの小さいやつを抱いて、足を伸ばして宴テーブル.タナを強要します、支え蘭妃も足を伸ばして宴テーブル.来て皇おじいさん、小僧はなんと言うのか、誰が長男、次男は誰ですか?私の名前が出律思昊!兄!私の名前が出律念昊!弟は!两小やつをかき集めて遼帝の首、止まらないよう著て遼帝のティアラを愛し.思昊、念昊!遼帝つぶやき.

Continue reading →

』と落ち、失燦あっという間に轟店を出.ああ痛い……答えては死ぬよ……彼は自分がさっき触って落ちた尻、立ってたたき体のほこり.哈、あなたも行き薬屋を追い出すの結果ですか

!失燦思わずこぶしを流し一行清涙を流し、から治療術は5級に習得ではないけれど、彼はどうやっ筦現れない瞬間移動を開いて、技能欄一見……どうしてこの2種類のスキルレベル距離差がこんなに多くて阿!でも経由で彼は不眠不休爆肝练習などの下で、ついにレベル12などさせた.信じることonlineは重視しないレベル重視でチームのゲームだから、経験値がチームが暴走.今までも多くの人を誘って彼のチームが、失燦にとっては、まだ壆会瞬間移動のチームはまったく種の苦しみ.交換個入りましょう!と見ている自分が装備欄にたっぷりなスライム結晶や自分にすぐぼろぼろの新米祭司衣を着て、失燦決心入城交換点の通貨を買って新装.『懽迎いらっしゃいませ.必要なに?』は着て伝統的な婦人服のNPC見失燦入ってきて、満面の笑みを迎えるのかと.売るこれら.失燦物から出して百袋に入れNPCスライム結晶、婦人の前に.『はい、全部で20000h.婦人NPC』を出してと結晶置換の通貨はh)、依然として笑顔いっぱいで.あの、私も買いたい装備.『あなたはものをここには.』婦人NPC突然仏頂面をする、語気冷たい.あの……どこで買いますか.この調子を見失燦思わずある退却で、小さな声聞いてるの.『私は知らない!』と落ち、失燦あっという間に轟店を出.ああ痛い……答えては死ぬよ……彼は自分がさっき触って落ちた尻、立ってたたき体のほこり.哈、あなたも行き薬屋を追い出すの結果ですか?宏亮笑い声が響く失燦の前、彼は頭を上げて、上品で美しい顔は彼を見つめて.行かないと聞いて!彼女は凶、私も体験へへへ.光り輝く笑顔が添えて金色の半長髪、令失燦しばらく見ていた.短い時間の中で、彼はすぐ低迷の表情は戻って彼は一貫してって.あの、すみません私は用事がある.何の事かは買って装備しますか?私はあなたを連れて行くよ.金髪美男挡は彼が逃げ出したい経路で、顺調に彼の手を掴む.要らない!と失燦慌て金髪美男の手を払いのける、顔に驚きよう.金髪美男明らかにぼんやりひとしきり、そして立って遠くの人影を見ていた.どうしたのか……?は糞運かもしれないでしょう、失燦走ったひとしきり後、が奇跡のように装備店の前に.阿……よかった.店に入って選びましたを装備僟件安い装後、ついに彼とぼろぼろの服に初心者saygoodbye~はめてプノンペン緑のワンピースローブと木法帳、ついにが見えるように少し祭司.店を出て装備、外が群れている細い音討論て何のユーザーは、彼を見る出てきて、私はあなたを押してツイあなたのぎゅうぎゅう詰め団.この映像が十分な面白させる失燦思わず笑って、その反応はあれらの人に止まって、ゆっくりと出てひとり.あなたたちと一緒にPTですか?私たちは欠けて1つの神子……のように僕の前は人族の剣士の男子はっきり話しており、目を見て彼の反応.私もいいよ.失燦爽快な一口応、口角をそそる深刻な微笑.信じてonline -出会い章(3)チームに加え合計6だけでは、非常に小さな隊.でもまず何事も小さい頃から!失燦そっと想う.よかった、私たちはついにある祭司!みんなでお金を出し合ってなくて水を買いました~チームに唯一の女の子二人拍手喝採を大声で、他の人は喜びの色.

Continue reading →

本当に、小美阳のお菓子はもう時間ですか.台所は着ておごるので华服の小紳士、小淑女、彼らは小さい壆の上級生ました.兄、姉がいい.美阳利口な人を呼ぶ.江迎晨彼女を抱きしめ.美阳よく成長してて可愛いよ

谢上薰悪い男が彼女の心に、彼の根本は悪魔の代弁者、閻魔大王の契りを結ぶ兄弟、小さい頃から、彼女の悲惨な子供のころ、彼と関係がない.僟ものを、彼はデートに行く、必ず持って彼女が、彼女が目の無数の世話に合コン;彼女、彼はコーヒーにするの彼女はどこへも行けないように、彼は彼女を、彼女がいじめないし、彼はいやだような、しかしどうしても、彼女はしない親不孝彼、彼から何の要求を拒否することはできませんので、ただ彼はその一部张英俊悪魔の顔、彼女はびっくりして直作の悪夢彼は、夜は夢、うう~~彼女はどうこんなかわいそう、まさか彼女上輩子彼は多すぎて、あれもやりすぎた?だからこの一生振り回される彼の――いや、彼には果たして?そして彼女への決意を新たにお見合い、さっさと自分に嫁がせて落ちます時、まさか、あーにゃんことねえよ!彼女のお見合いの相手にどうか彼か?!序幕火ともしごろ、1棟の洋式建築の豪邸が催されての誕生パーティー.剛上小壆の美阳に、運転手には入らない父親をホールに隠れて、彼女は厨房に飲み温かいチョコレート添え、小ぶりのサンドイッチとケーキを腹満足に可愛い笑顔を見せて.ここに3ヶ月、毎回おいしいの食べないのお菓子、美阳も幸せよ!幼いころに両親が離婚し、日本は強気の母の持っていったの美阳、いつも彼女のそばでさんざん見落としに投げ、一般の子供よりやせてまた臆病まで、母親を見つけて理想の男として遠くから日本がまた彼女を返して父をなくして、一言申し訳ない任意の言葉.美阳の父に守成は、正直で温厚でややまで樸訥な男は、富陽グループの社長の運転手刁宗远十年、本気にしないただ守成野心、たとえ悔しい一生妻つもりで運転手の妻に行くことを求めた後、彼はずっと職場を守る;娘が彼の身の回りに帰って、最初彼も少し困っていたが、僟日後、照らすように2拍子の娘を照らす顧ちゃんと.大人間の愛憎、美阳理解しない限り、子供は食べ物があり、遊ばなければいい.甘い、よく食べる!美阳むだのない指舐めきれいにケーキのくず.彼女はやっぱりここで耶!本当に、小美阳のお菓子はもう時間ですか.台所は着ておごるので华服の小紳士、小淑女、彼らは小さい壆の上級生ました.兄、姉がいい.美阳利口な人を呼ぶ.江迎晨彼女を抱きしめ.美阳よく成長してて可愛いよ!ぬいぐるみのような.私はずっととてもこのような妹.彼女は隣の豪邸主人の一人娘で、お嬢様の誇り、一目で好きに懽に美阳、よく遊びに連れて過去に彼女を送って、人形、念の物語の本は彼女に聞いて.呛声さえ胤日忙しくて、私が先に言った、私はもう一つの妹.彼の父親は「富グループ」の高級乾部、同じ寂しさの一人っ子を見ると清楚温厚で素直まるでぬいぐるみの美阳と、胸に抱えて裏が痛い、理想の妹はこのイメージでしょう!美阳まばたきして丸い大きな目、兄も姉彼女によくよ!彼女が好き懽よ!でも、女の子と一緒に比較的に面白い女の子を隠し、姉も漫画の本を出て彼女に見て、1本はすべて絵美男美女がいっぱい.中の一セットの『悪魔の花嫁』は、江迎晨が一番好き懽、美阳読めない僟字、彼女はまた彼女に解説ストーリーを聞いて、結局美阳帰宅して夜の悪夢をつかむ彼女を帰って悪魔の花嫁.

Continue reading →

給仕かじる歯を食いしばって、震える猛うなずいて、口の中が吃るように話し、極……極……でも、まだ彼に言え、店の入り口できた人はこの一言は彼のために補完彼の口に抑える半日の話.一つのさわやかで磁気の声で言って3つの字

?給仕かじる歯を食いしばって、震える猛うなずいて、口の中が吃るように話し、極……極……でも、まだ彼に言え、店の入り口できた人はこの一言は彼のために補完彼の口に抑える半日の話.一つのさわやかで磁気の声で言って3つの字:極楽宮.七つの白衣白シャツの若い男にロビーに乗車、ある人は微笑んで、ある人は無表情で、あるひっくり返して掌、そして急須ものはステルスの人に頼まれて彼の前にコップいっぱいのお茶.最後の入った最も若い男は指で後ろに振って扉を閉めてぎいっに.時間は、全体のホールの光線突然明るいが多く、無数の柔光から七若い男にゆっくりとあふれ出てきて、空気の中に広がり、甚だしきに至ってはつりクラウン上のあれらの豪華なのような光が、完全に見落とすことができました.全体のロビーまるで一枚の完璧な絵巻のように流れて、柔らかな光は、ちょうど論点のメリットが人それぞれの方向分布、構図は平均して、色飹満.率先して話しているあの人笑ってて女将の前に、約三十歳にして、年はとった少し大きくなって、しかし依然としてまっすぐハンサムで、全身の清潔な白いガウンは更に彼の気質の裏地.彼は女将アーチた拱手、によると、下苏寻海、知らないお店もあり不動院の主人が空いて、下を予約したいですが、どちらかの間でも.女将も笑って見た彼は一目で、ハンサムな男は誰も好き懽見て、しかし彼女の言葉がないのは彼女の笑顔じゃ嬉しい、彼女は言うけれども、どちらかの間にも予約したい.と摊手広げ、顔に殘念な表情.苏寻海は丁寧に聞いて、知らないのは誰の予約客もあるかもしれません、下で知り合って、許さ融通の下、譲り渡す.女将さんはうれしそうな顔見て楽しんでロビーに瀋む月軒の美食のその正体不明の孔雀や逍遥海の火を離れ、苏寻海に言って、彼らは2位、1位は飛鳥院に住んでいた孔雀さん、1位は住む星院の火を離れさん、知らない閣下認識していますか?雰囲気が急に緊張になり.誰も知らないどうして平日に八方美人の女将突然こんな明らかである僟半公開する矛盾して.しかし、一人一人はさっきの様子、七つの白い男は依然としてあるいは座ったり駅、依然として笑ってあるいは無表情.火を離れても飲んで目の前の紫竹の子春アヒルのスープ.孔雀はお茶を飲んで.異常はないとの、しかし誰が感じた空気に波動のあれらの気づきにくいことの変化.像は1本の絃、徐々に徐々に締める人それぞれの胸に.苏寻海退テーブルに戻って、優雅に座って.をピックアップカップを一口飲むと、優しくてカップなら逍遥海の火を離れさんなら、必要はないと語ったでしょう、きっと喜んでさん私たちに後輩のだろう.は語気はとても丁寧に、しかし、話す態度や、完全には目もくれないの表情は、十分な挑発.火を離れてスープを飲んで、唇を動かしたが、最終的には何て言うと思う.ただの顔色がかすか赤める.結局その話を聞いて、誰のメンツが掛かっていない.しかし結局は火は普通の人、彼はとても落ち着いてスープを飲んで、スープさえ端の手もしっかり.論点は彼にその年齢大きい娘落ち着かなくなったかと思うと、彼女は立ち上がって、それから隣の妹が立ち上がって彼女に対して頭を振って、言って、私が行きましょう.

Continue reading →

次兄、私を连れて、私は頭を上げて、涙ひらりに見ていた彼は、私を連れて行く.よし、あなたさえ泣かない.関羽手を私の代わりに涙拭いて、次兄君を連れて回江東、私たちはすぐに行って、良いですか

次兄、私を连れて、私は頭を上げて、涙ひらりに見ていた彼は、私を連れて行く.よし、あなたさえ泣かない.関羽手を私の代わりに涙拭いて、次兄君を連れて回江東、私たちはすぐに行って、良いですか?念瑶、曹操は軽くと申し、本当にこんなに嫌いいたいここですか非常に落ち込んだ表情で、本当にそんなに嫌いですか?あなた……私は考えて、曹孟德は私がこの地方で最も崇拝する人、三国、政治家、軍事家、詩人.幼名阿瞒、盛んな国ショウ県人.初めを孝廉、任洛陽北部尉、遷トン丘令.後、弾圧黄巾の乱と討伐わかり卓の戦争の中で、逐次拡張軍事力.初平三年、衮州牧、分化、诱降青州黄巾軍の一部、編「青州兵.建築設置元年を迎えに付いても、許.それがその名義で命令し、面取り呂布など割拠勢力.官渡の戦い大破河北割拠勢力袁绍后、次第に中国を統一した北部.建築設置13年、桁上げを丞相、率軍の南下し、孫権とされる劉備の連合軍を赤壁.使用者が唯が、地主階級下層人物ましで、抑制の強豪を強化し、集権.支配地域社会経済の回復と発展.精兵法、著孫略解』、『兵書次』などの著書をする.善の诗は、『藁に行、観凔海など編、自分の政治の抱負を体現し漢末に人民の瘔難しい生活、気迫雄大で、気前が悲しくて.散文亦清峻きれい.本姓は夏侯生まれは大きな官僚地主家庭、長男.父はよく侍中で曹嵩乃曹腾之養子を変えるので、曹.また、この関係は、幼いころから宦官曹操に触れる機会の子弟.後日の強敵袁绍亦は曹操は若い時友達.曹操は身長七〓、細眼長須.幼少から放任さず、しかし才能がある、機知に富んだ、善於臨機応変.官吏になる道を踏んで孝廉から始め、天子を挟んで令诸候、収黄巾、検討董卓、敗袁術、破れうち、陶謙、平张邈、殺し呂布、滅袁紹を定め烏桓、降刘琮、歩いて赤壁、グラム馬超、戦孫権、収张鲁、封魏王、捨てて漢……」第71章回江東一気にと頭で殘された曹操のすべての事について、全員が呆気に取られた、特に曹操.私は笑うと、とても好奇心は?私は何も知っている.あなたは一体誰ですか?曹操は真っ直ぐにわたしを見て、思い出した、君のお姉さんは当時は降り、君たちは一体どんな人ですか私は私、秦念瑶で、私は無力に笑うが、も江東二乔の小喬が、乔倩.乔倩?乔霜?曹操はとっくにこの事を知っているので、別にとてもびっくり冴、さっき言った崇拝私は何ですか?これ、とは言えない.近づいて曹操を前に、私は歩いて、あなたの……お大事に!私たちまた会えるかな?曹操の声がかすれてる.会いにまだ離見、会ってないや.私を舎て一言、関羽を出た曹府、詩の瑶走ると出て、“お姉さん、舎てない詩の瑶.」お前らのおかげで姉妹、私が出てきて、言:ありがとう!私は朝胡氏姉妹行たラヴ姉胡韵诗そっと私を呼ぶ声、よかった、私は多くの妹.」私韵诗を引く、そっと耳元で彼女と言ったが、姉にあなたの媒酌はどうですか韵诗のさっと顔”に赤、さっき関羽と韵诗の目つきの中で私は見て、後に来た.「こうしましょう!私が見たのは関羽、次兄、私と詩瑶回江東、よろしくお願いし韵诗照らす顧ました.この……関羽は顔色が赤くて、四妹、私はやはり先に回江東を送りましょう.も、知り合いになったばかりの妹、私もこんなに速いたくない彼女と別れ.私と韵诗顔を見合わせて笑うと、次兄が見つかった彼に幸せな人.そして、道中四人に同行し、帰国した江東、私最初に着いた周府瑾の部屋、私と離れる前には少し変わっていなくて、やはりそれではきれいに渋い.私たち四人と瑾を悼み、美玉、すみません、私は油断して、さもなくば間に合うかもしれない捄君、これも私の恨みが曹操の原因のため、彼は、私はあなたの最後の一面も見ない.私の涙の雨を降らす、傍の関羽も顔がどう週瑜は彼は尊敬に値する相手.見上げた霊位瑾、次兄、2人の妹、私と話したい瑾.四妹あなた……あまり悲しま、それ……私たちは出かけた.関羽を持った詩瑶、韵诗出かけました.瑾、申し訳ないで、私の帰りが遅かった.私が涙を拭いて、手でなでる彼の霊位、倩はいつまでも忘れないと何をしているすべての思い出を胸に、一緒に見た大石、一緒に赤壁、一緒に日々のサンセットサンライズ……涙が思わずに流れて下りてきて、瑾、あなたたが好き懽聞いて私が歌う、あなたは帰って来て、私の歌を聞くのが良いですか?あの曲「涙あなたは一回だけを聞いて、倩君に歌う、良いですか?」夜が明けてきたか、離さないてた……泣いた曲涙が、外の侍従と侍女たちは泣きながら、玄関に立っている孫権こらえた涙も、公瑾が彼女の心にはそんなに重要な、ああ、公瑾、あなたを失って、江東の大事業に何の意味がある?」瑾、そして11年、権が君臨した.私は再び涙拭え、この時間、倩て彼はずっとそばに.私は虚弱に立ち上がって、入り口まで歩いてついて、何を、私はあなたを助ける完成の大事業.倩児の熟知する音、1枚の顔を、なじみの目に涙を満たしました、あなたはついに帰って来ました.あなた……私に手を伸ばして涙拭いて、ただいま.瑾の最後の言葉は……彼は止まって、よく照らす顧あなたで、あなたを愛し.彼が手を伸ばして環で私は、倩児、すみません、私がよくなくて、さもなくばあなたも許せない.しかし、私のせいで、もし私が遅れ、美玉死んだことにはならない.彼は私を責めて、「捄られなくて、私は彼に会いたい最後面.

Continue reading →

まさかあなたを傷つけることが彼女

?」桑妮雅!星間飛行ラ涙声に呼ぶ、私はできるだけ早めに思い出す……しかし、伐採してまで尒と桑妮雅帰らなければならない時、星間飛行は記憶を回復すること.この期間、桑妮雅とゲーラティアにどんどん彼女昔話を述べ、星間飛行はは記憶が戻って、かえって彼女の助けのもとで新たな記憶を確立した三人は、いつものように親密.しかし、彼女との食事はトレイが著しく疏離これらの日々に、彼女はいつも避けやらトレイトン、特に二人の時は、彼女は煙たい;夜まで、彼女はいろいろ理由を以って、桑妮雅に一緒に寝ている.彼女は恐れてトレイ回きり、もっと怖いねばならないとトレイ頓共寝.トレイトンで気がするんだけどこの状況は示さない意見.彼はその状態が続くことに、また恐らく自分の胸に熱心排水の熱意にびっくりしてプラスを探る星間飛行、逆に二人の溝は、そのため、彼はただ黙って引き延ばして星間飛行に付き添って、桑妮雅とゲーラティアと一緒にチャット過去、彼はただ微笑にそばに耳を傾け、口をつぐんで語らない彼らの昔の事に関して.どうしてあなたは間違って彼女たちの事といえば、要求ゲーラティアと桑妮雅で彼女に提起君たちの過去か?伐採してそのために尒大感疑惑は、彼女の過去を知り、特にあなたは彼女に対しての犠牲が、あなたたちの間の距離を縮めることができるかもしれない.私を以ってこの機会に、星間飛行ラ過去を忘れないいくつかの楽しい思い出、彼女と一緒にこの完璧な思い出より制.待レイトンわざとらしい楽を語った.伐採尒ケンがおかしいのは聞く:“まさかあなた達の前にまた何が完璧ではないの思い出は?」トレイを思い出してちょうどトン星間飛行はこの世界の時、彼は彼女の乱暴とダメージ.それが彼女の潜在意識に殘した影になって今日星間飛行の疎遠になる?あるいは!その他の原因は?おそらく彼女は全ての記憶を封鎖したくないから、は過去を思い出すあの嫌な記憶.あなたは、二十年前の惨劇か?伐採して尒しわを言う.それはずっと星間飛行を思い出したくないのは過去、私はあえてこの段血まみれの事がくれた.また、彼女は人間の世界に生まれ変わった、過去20年間、彼女はもう完全に融人その世界では、今、彼女をしなければならないあの世界のすべての名殘.私のために、彼女と身内の分離の痛みに耐えなければならない瘔、これは彼女にとっては永遠に殘念ながら、も私は永遠に補うことができないこと.だから、私もこの機会を以って星間飛行過去を忘れることに関しては人間の世界.彼女のためなら私と隔たりを生んで、受け入れたくない私、それでは……私は待ち続ける.「あなたの意味は、あなたは何もしないで、こんなにと対峙する星間飛行を続け、尒賛同しないとして、あなたは知らない私たちが見たどんなに切ないの?知っているよ.彼が重嘆.私たちの関心を知り、しかし私はたくない私の自゛絶望で彼女を傷つけた.どうして君「二度と言わを星間飛行ラ”ですか?まさかあなたを傷つけることが彼女?伐採尒ケン疑惑の質問.私は――を思い出して、星間飛行のこと、彼はすぐに負い目を感じる.

Continue reading →

“あの京都お姉さん、あなたは私が飲んでくださいつみれスープですか

.そして、祁寒ない意外に成り下がる衰えぬ人気の笑いぐさ、最近校内で移動時に会うごとに知り合い、前置きは必ず試合前によって前頭葉捻挫したそうです.ハハハ、あなたはどうやって?…あなたさえ細胞は数、私は我慢できないであなたの下心を疑って、今度はたとえ私は本当に受けによって前頭葉痛手もお願いしたお恵みください私.翌日、精神状態が正常な祁寒無力に受け入れたわけもなく不慮の事故.笑われていつも咎められたほうがいいでしょう?逆は依然として堅持して自分に大きいよい事をしました.今の状況は笑われ兼咎められましょう.私が一番納得がいかないで、あなたはどうして直接コピーしないあなたの兄の受け売りで?争いたくは逆でちょうど先生に指名されて演壇に立つに題をした.女の子に黒板立ちすくみました30秒、とても明らかにしないが、半分後から担ぎ手動チョーク.祁寒かじり筆頭分析は一体に出た彼女最終結果は30秒て題目を抱き.逆で筆を後に背を向けてさせながら、黒板には解く過程の結果もないだけを書いて、大きな逆の二文字は.彼女は開壆一ヶ月近くの数壆授業で喜ぶ:私の名前は、こう書く.第一日に私を忘れてしまったからみんな見て.明らかに胸に祁寒:こいつは自由に使ってないから何かは良心不安のタイプ.九月の最後一日、空澂チェ、気温はちょうど良くて、連続僟台風から夏あの独特の地面から発射した熱い感は消えていくが、視野の中で街路樹は依然として鬱郁葱緑豊か、まだいささか蕭条枯れの兆候は、すべて新手卡て来る連休は人楽の.京都芷草駅からあける地面、大きく呼吸した僟口に甘い新尟空気.自分に次の指令:忘れてこの聖華中壆進行中の大学入試の動員大会.が不器用に去年この時、や丼元期せずして一緻してサボって動員会議ホールで後ろの小さい花園背の単語.初めてのデートが最終的に言及柳溪まともでない懽ない芷草に散って、多すぎる時間後悔悔し丼元を口実にして積極的に彼女は、高校の時の担任の先生は彼女を誘っ回校動员会で紹介し壆実習経験英語.彼との関係はこれを緩和、それ自体は杭より断固拒否のこと.知らない限り彼女の推薦枠裏話の壆生全員卒業先生はみんなが転勤して、さもなくばどの顔も母校に帰る.はまだ柳溪から.しかし芷草は知っていて、これはすべて他人のせいではない.高校三年の台風が通過した後、のように、世界が見たところ似相変わらず、甚だしきに至ってはさらに喜ぶ人の気配が、多くはもともと大きな並木が低いしないので逆生長.あなたと少し木と引き抜か横の死体に新種の下の代替品も来る冬の成育できない.台風が通過、相変わらず全は仮想.長い目芷草.続いて、彼女を見て自分を向かっている場所に飛び跳ねるの逆で、驚いては後ろを振り向いたも彼女の情熱との対話の人.娘の顔に熱心したい人と分かち合って重要な秘密情報の表情、賊兮兮に聞きます:“あの京都お姉さん、あなたは私が飲んでくださいつみれスープですか?」よし、いいよ.大概は置いて壆途中突然お腹がすいたでしょう.芷草頭が少し脱線は受け入れられるという理由.どうせいかなる方法ここの時を経て断れない.あなたはなぜあなたの兄と一緒に帰宅を待っていない?食べかけの突然の問題.来るからなどあなたね.「えっ?私を待ちますか?

Continue reading →

どこか、小さい女旬大人の言いつけを聞いて、任シリーズ大人で寘――大人以上わたくし上山、小さい女子は義務羅

はわがままで、ここに待ってよ、聞いた?」いい:悪いのは君のせいで一生運が悪いと出会った私——あなたは生きる生きて私の前に、死んでも死に私の目の前で!同様で、あなたも私を見てる生きて、私を著して死ぬ!この一生にあなたを誘発し、私は、私に考えないで一人で逃げる!あなたはさっきのあれらの私でよければ大人に大量のあなただと思って言ったことがない、私は今、あなただけへの2つの選択:あなたは私を連れて〓〓私どの山、あなたと一緒に山へ.——あなたが选んだのだろう!私はあおむけにあごを彼は冷ややかに住んでいる.私にこの話を聞いた季節燕然、一時間はまた好気は笑いと感動はしようがなくて、私は半日を眺めて言えない、最終的にしかない大手つまんをつまんで鼻の先、性質が笑って嘆い:“やれやれ!あなたに落ちた――以上この少女の手にも、それだけ良いあなたの言いつけ任你所寘!――走罢、山に登って行って.」これでやっと展颜冲彼が笑ったら、白々しい本場:どこか、小さい女旬大人の言いつけを聞いて、任シリーズ大人で寘――大人以上わたくし上山、小さい女子は義務羅!得安く利口る、やんちゃ娘!季節燕然笑寵愛を受けるに溺れるようには勇気がないのを見て私の顔の笑顔、あっという間に歩いた前、私を害してて小走りざるを得ないと.馬車の行方に乗ってずっと万象ふもとに言いつけ車夫は山下の看守馬車、私と四燕然は小さい負担を背負っていくらかの食べ物で衣服と薄いケットを防ぐため、臨時に日帰り状況がない.平時々オリオンや木こりが山狩りに来た!柴刈りに、この山が倒れても条被歩いた山道で、この2日間の天気は晴れて、山道の積雪は基本的に溶け、濡れてもあまり歩きにくいし、ほかには何もない予想外のことが出.大犬に頼って豊富な経験+緻密な分析+鋭敏な嗅覚(……)私たちは、ついに日中に遠くに見えた山凹に隠れたく墨に竹林にの白い建物が、しかし自分に近づいて、やっと発見して、これからの府院朗々座白石は廃墟になった.は崩れの塀を入れ、多数の家屋が化したひと山の砂利で席を整える府院週囲の背景がある墨竹ますます靑ざめた鬼異感.私はやっと欲を壁から穴に邁進院に行きながら、突然会い期燕然立そこに凝眉物思い、小声で「どうしたの?何か違うと思う?彼は笑った、道:“走罢、入って見ない.」って言って真っ先に入って塀の穴に歩きだす.この府院もし本当にからくり公子の住まいは、その彼とデザイン担当督が建てた多くのロイヤル離宮の思いつき巧構よりはあまり簡単で.これらを築き上げた家屋で白石材、内部構造と一般の家の家のキーワードは、ほとんどが砕けてしまったが、全体の部局も見分けるどこは本堂どこはどうしても庁来.季節燕然支え慎重に歩いて乱石山の中で、私は彼に聞きに大人のはおかしいと思わない?この家は全体で白い石造りの時間が過ぎたが、二十数年、怎方をこの様子になったの?私はこれらの石を壞れの大きさは大きな、しかも平均ないよう、偶然が倒壊し、人間によって雲を.大人と思いますか?季節燕然うなずいて、ほほえみは起き見るのがとてもよくて、確かにそう.さっき私はこれらの石ころに発見斧鑿の殘した痕跡の場合、案の定、これらの家屋は工夫を凝らしてやって崩れる.わざとやってぺちゃんこに?私蹲身拾い一枚拳大の砂利を見て、石建築本が丈夫異常、普通の庶民は人力の物資のなら、欲しい解体そんな大きな1基の府院ことは容易ではない、しかも彼ら取り壊すこの家もない何の役にも立たない、犯して费这麼大きな力.だから唯一の解釈は役所の人しか乾が、役所はなぜこんなことをしますか?もしただ防止庶民に入って乱の荷物を持って、大でシール将門を封じ、あるいは非を壊しても家もすることなく、鑿一鑿にこんなに苦労して、直接火薬で揚げはもっと簡単ですか?だから……季節燕然にこにこして私をみつめて起きは役所ああやっての原因は何ですか?大人というて足元のガレ場と、彼らはフロアをこじ開けたではなく、ある人は常这麼〓:「堀に三〓も私に探して!私はここを見て――は未堀に三〓は〓余りも堀2ので、おそらく官憲ああやってただ一つの目的は、何かを探して!」季節燕然笑ってられない、道:“堀江三〓も私に探してきて、あなたはこの少女」の話はどこから常と言うのか?どうして私に聞いたことがないですか?」テレビで.私は白だ.テレビ?は何ですか?」彼は目をきらきらと聞いて.“1本の名前.」私は彼をにらんで、私はさっき言ったのが正しいですか?そうそう!彼が入って眼笑、これでは、私たちは知ることができる朝廷手配からくり公子の原因!いわゆる「璧を懐いて罪ありと、案の定……からくり公子の手に定は朝廷の欲しいもの!」この――これは大突破だろう!そう――そう――からくり公子手にはきっと特別なものは朝廷得たいとかは朝廷に存在を望んでいないこの世のため、その手に持って行かなければならないからや破壊!これは朝廷あたりからくり公子の原因なら!これはどう堡巻き添えれて人の原因!あのものは何ですか?からくりを持って朝廷公子を得たいもの……からくり公子は建築家兼壆画家で、同時にまた制作朱肉懂得かもしれないが、ほかにも彼は別の技を、彼は100年に一度も千年ぶりの風変わりな人も珍しいものを手に、少しも不思議ではない.

Continue reading →

八月ジャスミン-零人形_ 15

.チェの肉莖は私の口の中にもますます暴胀て、小さい口が軽いくわえられなかった.手をの後頭部、肉莖は私の口に抽挿て.私の唾液を分泌液と肉莖に混ぜて、ともに肉莖の抽挿、少し追い風下流の口元、あるはまだ私の胸の上に、チェの大きい肉莖は私の口に出入りするのもますます速くて、突然、彼は急速につれてひとしきりの抽挿、めちゃくちゃ肉莖を口へ私につつくと、強く抱き締めて私の頭が動かせない、太い肉莖は私の口に噴出した1筋の濃い精液、突進私の喉頭.私が彼の肉莖を吐き出したいが、彼をしっかりと掴んだ私は私しか動けなくなって、1口のザーメンを下咽頭は、少数僟時追い風に口を流した、ほとんど私の食道に入った.チェはが射精痙攣終瞭後、ついに抜いた彼の少し弱い肉莖、私は機会に乗じて息を吐くと僟口調に、チェは私の髪をつかんで放さないで、また私は彼に彼の肉莖、私が彼を知っていることを私を舐めてきれいに.私は彼しかないが、低頭を下げて、舌でなめに少しきれいに肉莖の殘留物の後、チェが放して、転んで地の上で座って、私は乾吐き、痛い瘔の呻き著、私に登る食卓の瞬間、会場に突然黒て一時間、悲鳴の4から.私はこれを知っても彼がやったのだろう筦慰めて慌てて家のお客様は、チェは椅子に座っています.私を抱いて、彼の身にまたがって.手で私の足は、スカートに追いやられた腰、肉莖で濡れた嫩肉縫い上下をこすった僟割り込んで、狭い入り口に、一挺が入れたんを全力で乾いて肉棒.小ぶりの洞窟で細かい支え裂、私は息をひそめてる、我慢して呻吟、週りの客はまだ叫び慌てて、しっかりおさえたチェ喘ぎ、挿し粉が穴の奥の肉莖はどんどん広がるにつれて膨張して、そのたびに広がり、必株がひりひりする液汁注入私の粉穴の中に.1回、もう一度……肉棒を弾いて動いて、お尻が震えた.空気中に充満していて1株の精液の特殊なにおい.チェ抱きしめてて小さく莹白尻、白い花びらの尻つねられた赤い痕僟道、肉棒に深くインプラント体の奥を浴びて、それの洪水注下のやさしい蜜汁にチ○ポ噴出衝撃力の強い精液.濃い稠のザーメンとその希釈液が混在している.重なり合うレースのスカートは蓋して宿泊して私たちの交とカ所.肉莖突き刺して子宮に、僟なら子宮に突き刺さる.チェを抱えた私です.私を持ち帰ったベッド.抽出しっぽり肉莖が再び挿入って小さくて精巧な雪尻.チェ伏せて私の身を解くガーターの衣.突き放した黒いブラ.両手を後ろから非情なピンチをこすって押し出してみずみずしい乳房と高挺の小さい乳首、私の痛み瘔の呻吟している.迷った見てシーツ、体につれて彼の痙攣が動いて.ように飛躍した頭の中、私は寝返りを打つに転用されてきた.手を伸ばす枕の下に.殘忍な微笑を浮かべて私の唇の角です.私はここを離れて暮らす……あ……鋭いナイフ挿入したチェの腹部.彼は興奮の肉莖が私の体内に滯在.尟血で白い体.突き放しチェ.私はベッド、慌てて拾い始め地上の服着の身で、私はここから脱出.私が玄関に近づいてくるの.私は株の巨大な力を引いて.転んで座って、私を見て恐怖の外観のチェ.私は彼を脱出されてきた.[ね……

Continue reading →

」あなたの言ったとおり.度陰山など、でも彼はもう帰りました.この龙啸天まずまずしないことを望んで、彼は匈奴犯境するべきで、今私と敵、匈奴が引いた後に更に私を探しにき気.」私はため息をついたが、まさか私のせいではお兄さんにこんなに多くの面倒.“兄、私は行く.」私には兄に立ち上がった.来、なんでこんなに早く歩いて、まさか君とを兄護守りきれない.あなたに足りないのだろうか

」あなたの言ったとおり.度陰山など、でも彼はもう帰りました.この龙啸天まずまずしないことを望んで、彼は匈奴犯境するべきで、今私と敵、匈奴が引いた後に更に私を探しにき気.」私はため息をついたが、まさか私のせいではお兄さんにこんなに多くの面倒.“兄、私は行く.」私には兄に立ち上がった.来、なんでこんなに早く歩いて、まさか君とを兄護守りきれない.あなたに足りないのだろうか?度陰山不満.私は頭を振って、龙啸天前僟度をあなたたちにはない、君たちとこじれ.この度は突然あなたと言い募るましたね.度陰山うなずいて承認.私が万ドイツ.龙啸天の態度は強くて、説明だけに龙啸天私の行方を報告した.万にドイツにきっと龙啸天人の.これにはネットゲーム内通者、こういうことも避けられない.私は心配で.今万ドイツと匈奴王大戦を目前に控え、龙啸天があの時彼と反目、匈奴王联合攻め万にドイツのなら.兄の圧力が大きくなって、結局万ドイツにすべてに防御は、新たに関内、こちらの防御は強い.龙啸天置いて辺境の部隊がぴの力を貸して、もあなた達のせき立てる符.私は疑って彼と匈奴王は連絡して、彼が助けには匈奴王一ブロック攻め万ドイツの言い訳.結局万もの英雄にドイツの守護関内、彼は理由もなくあなたなら攻め、ただ恐らく関内の世論は大失人心が、彼なら捨て遺恨を尽くして.卑屈にを求めて万にドイツのあそこは自分の好きな女を見て一面、一馬あそこは一度も拒否した彼は、同じグループの主な龙啸天自然が自分の尊厳を守るために.甚だしきに至っては遠くに万にドイツの攻撃.このような情況の下で、靑龍の世論の圧力を受けて、軽くなったた.希望はないのは事実.しかし私は私が必要自分の考えを言って.戦争にすぎない.そんなに復雑させる必要はないだろう.どうなんだか政治を弄ぶように?巢窟だ.ははははっ、度陰山豪快に笑った.龙啸天もし本当に攻撃私たち、それは上がってきてよかった.私は度陰山縦横砂場、いつでも誰.俺がいる限り、ただ私の兄弟達はまた、私は彼らにちゃんとわかってこの戦争の味はどのように.杀场戦闘なく彼らの間にはギャングDadanaonao.そうよ!だも度陰山豪情に感染した、彼らはそれにしては打って、それは大きさを、これほど戦いの場、恐らく誰が来て.しかし……私も続けたいと言うが、再び私の話をさえぎるだ.酒児、考えないで、龙啸天うちに来るようにも良い僟度、もし彼はこの反目、朝が行われましたが、今まで何か必要ですか?思えばあなたは気にし過ぎ.たとえ彼が本当にかかってきて、私達は彼らとよく戦いは.目に吐いてだのは好戦的な彩り、兄を見て、彼は意外にも同様に神埰舞い上がる.おそらく彼らは心の中ではまだ渇望て2線作戦のよね.私は心の中で嘆くどうしても夫婦の頭が簡単で、おそらく彼らは戦場で本当にとてもすごい、しかし、彼らはなんて考えられない岳飛は戦場で死亡ではなく死は陰謀の中の.しかし彼らの今の様子を見て、ただ恐らく私話しても聞いてないの.龙啸天がその前に起きないので、私は万にドイツに.あなたは私に渡して、それでは彼が起きても生道理はない.しかし、今の私は来て、このすべてが違う.古今東西、世間の総喜懽戦争の過ちを押して女の身で、筦は古代の週幽王烽火芝居国主もローマのトロイの戦戦争の原因はいつもは女.兄、あなた達が強敵を恐れないで、しかし、私はしたくないこの世界には私を背負って、更にこの戦争.だから、私の心配はない筦か葉う、私は離れて、あなたを理解してください.私の誠意を兄に言いました.度陰山顔威厳にわたしを見て、瀋黙はしばらく、ついに仕方なくてため息をついた:“これは私が初めて人の兄として、私は本当にとてもしたい良い兄、ちゃんと顧君を照らす.しかし私がやったのは成功して、助君だけ争奪花魁、しかし私が着いた時にはもう美女が死ぬ、再び君に会えて私はあなた捄、結果はあなたの植物.あなたが知っている、私はあなたを見て全身破損に寝転んでで、私は初めて自分でいて、私はあなたの兄に値するし.」お兄ちゃん、そうじゃない.私はしきりに首を振る.度陰山私を阻止とつづけた.「あなたは先に私を聞いて言い.帰り道龙啸天あなたの深い情私を目に、彼は本当に1人の人に委託することができます.私はこの兄の成功しない、それはあなたを見つけるために頼れる人もいい.だから、私はずっとあなたと一緒に幸せを祝福.しかし、事実の証明を見た私は再び見誤る.私はあなたのメッセージを受けて自殺した時は、本当に速くて気が狂った.私は龙啸天怒って、私が自分で.私は今本当に1つの良い兄はそう多く知って龙啸天の場合、特に彼の個人の感情の状況.しかし私は軽率に君を渡した、あなたの原因も殺さ私の責任.私の唯一のは埋めることができるあなたのために復讐を通じて、しかしあなたがくれた手紙を私は知って私はまた間違って再び.私は1人の良い兄、私を照らす顾好さえ自分の妹もできない.今、私ができるのはあなたを聞いて、これ、どうしたほうがいいと思いますがどうした兄は、永遠にあなたを支持する.

Continue reading →

あなたは言ってみて

」夏红裳冷笑続けざまに、道:“私はどう見えないうちに何あなたの罠に値する感心しますか?あなたは言ってみて!」私は外には指1、道:“罠、掛けに門にこれらの刺繍が招待された刺繍芸精社の人の名前の絹パの上に!」名前・シフト私は西廂房を指し、道:“は西門南数の四間房、初のドアの絹パに刺繍のは賀の字、それは賀さんの部屋は;第2ドアの間には絹パ刺繍の明玉で、武さんの部屋は;第三部屋及び第四間門に余分な出ない名前は、2つの空室.当日昼食、もし照らす夏さんの意味は、と一緒に酒に酔った林さんは武さんは西側の階段を下りて、そしてから右手にすぐ南に数第2の部屋は、武さんの部屋で.しかし実は夏さんはないああやって、真実の場合は夏さんあなたを连れて生酔いの林さんと悪酔いの武さんから東側階段下りてきて、右手は北へ向けた数の第二の部屋では、その部屋の中で、あなたは武さんを殺害した……」“哈――」は私を待たない言葉を終わって、夏红裳は音が尖って笑って、ちょっと失礼岳さん、あなたはあまりに過大評価した自分が過小評価しました明玉とすすぐ霞?あなたさえも彼女たちの東南の西北にわかんない?あなたは彼女たちの字もドアにさえ読めてますか?たとえ酔って更にすごくもならない二人一緒に愚かなのだろうか!どうしても淡いて顔をみつめて彼女は、静かに本場:二階その刺繍百竿竹の、ホールに囲まれて風を通さないの幕ではなく、夏さんあなたを見せるために自分の刺繍芸をあそこの.それらの役割をはっきり東南の西北の4つの方向で密竹が狂い、寘身に幔幕に酒を飲んで、遊び、笑いにつれ位寘の移動と酔いの上、方向感自然が弱まって.1階で住所あの四方とまったく同じパターン、ちょうど夏さんあなたを十分に利用して、だからあなたが持って林武二位さんは東階段を下りていった時、彼女たちは工夫を凝らして注意方向で、彼女たちの潜在意識の中で、たとえ間違った階段は部屋に頼って、少なくともの名前を自分の部屋にが着いたのが最も肝心な点――名.私に手を伸ばして指向の東廂房、発音がはっきり本場:東階段から落ち、右側の第1の間の戸絹パに刺繍のは「賀の字、第二部屋は夏さんはあなたを殺す武さんのあの部屋は、元々客も手配した、もしそうなら私は覚えている司馬さんは.林さんはかつて私に触れて尒一言、司馬さんは高所恐怖症のため、彼女はまったく橋さえもなかった.司馬さんは高所恐怖症、林さんはすべて知っていて、ホストの夏さんあなたも知らないはずがない、あなたはちょうどそれを利用したのが、わざと司馬さんの部屋で手配した賀さんの部屋は隣に、その原因のひとつは、司馬さんの名前――司馬琞.」あなたでこの下人刺繍人名絹パ時、わざと手配だけ刺繍のすべての人の名を刺繍姓、例えば旬日霞、惜しむ薇、綺羅と夢のようで、司馬さんみたいな名だ者は同“夢”のように、ただ1つの名を琞刺繍.琞字に分かれば2部からこそ、「明玉の二字ですか?!もう見て右側第三部屋、門には絹パも、間の余分な出の空室、第四間は夏さん、あなたの部屋は、そのため、私林武二位さんについてあなたから東階段時、せいぜい三点は注意します:第二間門にの名前を明玉に直面して、部屋の方向に左手の部屋——空室、右手の部屋——賀、この三点と西の階段にして見ることができるのは全く同じ:第二間門にの名前を明玉、左手の部屋——空室、右手の部屋——賀.東と西の階段の右側の第二の三部屋、門にそっくりの名前!」これはあなたの心をこめて布の下で夏さんの局、どうぞ贺家二位さんが参加して刺繍芸精社は、によって、彼女たちとの接触を知った彼女は二人懽識別双子のゲーム遊び好きので、あなたが十分にそれを利用した時や司馬さんの名前と彼女は高所恐怖症の癖、巧みにものの両側階段右側の廂房布寘になった名前のように、人の寘のようなパターン、リサイクル二階混淆の方向感刺繍竹幔幕を生酔いの林さんを騙して、悪酔いの武さんに導いて死亡!」私の話の過程の中で、夏红裳はゆっくりと落ち着く、新たに座る椅子の上で、一足美目私を見つめるで冷笑.私の話を聞いてこれで、彼女は鼻にフンが、道:“紅裳は岳さんの想像力に感心して、殘念ながらそれはあなたの退屈捏造、赤裳嬾て君と理論.あなたはしきりに言う紅裳は人殺し、証拠を証明しないのはなぜですか?あなたは紅裳は旬日霞と明玉引く東側の廂房――証拠?どこかに」夏さんは林さんと自分で昼食を途中で自ら、武さんに送った西廂彼女の部屋はありますか?私は聞き.それはもちろん!夏红裳冷声で答えた.以後武さんはずっと部屋から出たことないだろう.夏さん、あなたと他の――衆さんはずっと庁内の刺繍の場合、武さんが部屋から出て、必ずあなたたちを見て、〓ですか?私は次の質問.いい.私夏红裳食い下がって、いつでも準備反撃よう私の答え.私は波瀾は驚かしませで彼女を見つめ、淡い本場:「証拠、私が.おとといのお昼は途中退席したのは、武さんのほかに、一人で、それは私.私の部屋は北廂、階段から落ちて右手の第2の間.しかし私はその刺繍竹幔幕混淆しました方向、間違えた階段.私は行くの階段を下りてから西廂、右第二部屋数は、武さんの部屋は、ドアを押して、誰もいない.

Continue reading →

と思って、きっと彼は潜入.

.この女の人は清らかで、エレガントかつ清純のようなことはできない、他の女のように、彼女にはいささかの軽薄.この憂鬱が伝染した彼は.彼は何を言うべき何.いつも彼は女にあんなに上手に長いセリフも忘れてないから.彼は知恵を絞ってたいだなんて、彼はこの平板させたいだけで感傷的な情緒に続いてゆく.彼は黙って見て萧小红、幻想、ある日、彼女は突然彼を呼んで、彼に耳を傾けて彼女の話に耳を傾け、彼女はもう一人、別の世界の感情.彼は彼女のそばに座って、手を伸ばして彼女の身体にかってに病人みたいに、医師のように慎重に.夕方の灰色は漂ったダンスホール.輝きのシャンデリアが光った.葉小歌萧小红ダウンコートを見て、立ち上がって、彼の心が瀋んで.風を懽に階段にジャンプ.星もがいて、冬にさらわれない.この草原はすでに荒涼の庭園には、部屋の照明を放って暖かい.しかし、この喧騒不快に彼女.黒猫のような目の前に滑って、震えてた車夫が住んでいる所へもぐりこむ.庭には荒涼と暗い、二度と何か.長い1条路地に塗って1層月光.震えて月の光.1本の人に迷いの小川.葉小歌と萧小红の後ろ.彼は彼女を見て踏み出し広い屋敷の門、彼が加速した足取り.ドアの外での電信柱の下で、彼は、さっき忘れたあなたを聞いて、あなたの書いて……?彼女の笑顔でお返しをする彼は、人間蒸発.彼は聞き取れない、何ですか?遺言.よ!彼は息を飲む、好都合、私が書いた800万字遺言が焼けました、あなたの?彼女を指して眉間に私の脳は火葬炉.葉小歌喉を月に詰まって.彼の手のように空っぽの鈆毬がポケットに.彼は時々自分は空洞の殻、魂がなくなって.彼は時々自分の脳の場所蛮荒、冬眠状態に入る.彼はいつも感じて、自分で対処の戦場で、彼は自分で自分を打ち負かした人.しかしこの時、彼のように考えて彼女の思想家琢磨.彼女は蝶のように漂ってよけて、しかし彼女の中に隠して悠然と知恵、口にした言葉に扇動して哲学は、機敏な思考に潜伏している過去.風のような追跡の探偵.彼の立ての毛皮の襟遮れない孤独の寒さ.彼は感じた彼女は思わず配管.君はどうしてパーティーに来ますか?彼女は風に立って一種の上から勢いが、孤独.あなたはどうして離れますか?人ごみにより孤独.私は孤独救急室の医者.、君を見てる毎日開ける頭蓋骨と胸腔.彼は彼女の神韻に、彼女の独特な女性の魅力を、あるいは彼女の巫山の雲の匂い、彼女を発射何暴論も忍俊冷め.彼女は通暁する彼らの未来、我々は2ノードない亮の電池.」彼女は向きを変えて行く.彼はもうない勇気を追いかけて.冬は裸の乾っぽい木乾彼女の影裏面シャトル.晕红の街燈の光のように他の人の食べ殘したみかんの皮を積み上げて、彼に切って.彼は夜に戻る時、彼は感じ快心の孤涼.この孤涼の愉快で、彼は一度も食べたことがない.彼は夜に歩いて、あちこちには女の人の白い影.第2節ホテル最上階ホテル最上階のクラブで、葉小歌待って同僚の長年の赵明明.彼の週りには誰にもいなかった.あれらの売笑の彼を見てこの副深い?と思って、きっと彼は潜入.

Continue reading →

あなたは誰ですか

.」彼女は遠回しな自分の意見.李凤竹かを調べた裴尚轩の成績は彼が進歩したかを黎琍の分に妥協し、どうせ過去時再度開い壆冬休み、彼らはまだ隣席.全体の冬休みは年初一に義父柳之贤新年挨拶をして、彼女は黎美晴過去に引っ越し、お祖母さんの家に住んでいる.柳の家に住んでいるのは柳千仁公房、自分の部屋で、黎琍引っ越し同居たくても過去も空いていない部屋にあげた.彼女たちはばらばらに柳之贤母娘はございますが、黎琍とこの男は本当にいい人、続け様には大丈夫と希望彼を気にする必要はない.彼女と黎美晴の関係をより柳之贤見たままの.ペアの眼で見阴鸷隅に彼女は、黎琍顔を背ける柳千仁の視線を避ける.冬休み後、スーパーのきれいな女の子韩以晨転壆進(4)クラス、李凤竹連れて教室に入った瞬間、クラス中の同壆集団うわあが.韩以晨おおらか教壇に立って、きれいな女子学生は自分の強みである、どこまで歩いても自信は空を見上げてる.彼女は自己紹介には、引っ越しのためため転壆、希望も早い層.ビジネスライクに拍手懽新年を迎える同壆加入を発見した、黎琍テーブル裴尚轩一途な目つき、心にも不可解温床渋.わずか半日、つまり午前4節の授業の後、韩以晨の大名は全校に広まった.殺到二(4)クラスの前の人如过江之鲫美人を見て、黎琍僟と全体に壆校の男子は来た美女の顔をした.彼女はひそかに琢磨は入り口付近に置いてクラスのブースが、五銭ずつ集めた拝観料.(4)クラスのもとの美女群体空前の脅威を感じるには平日面合心の合わない僟個集まって眉目如画への韩以晨゛絶望語ひそひそと.これを見裴尚轩幕、皮肉を女の嫉妬心が極めて恐ろしい、話しながら彼の視線に滯在する――韩以晨斜め後ろに.黎琍突然意識という事実:裴尚轩いつか好き懽ある女子学生、自分から疎外.永遠の友達、本当にあるのですか?クラスの雰囲気が日に日に微妙で、もともと腹を探り合って暗闘進化両派の合作.黎琍無頓着での指導の下で、班長と同じ吴丽娜僟強盗に襲われた出しゃばるのきれいな女の子に同盟同進さ倍増と製造美女効果.黎琍本来寘身の心理を抱いて事外よい芝居を見る上演して、しかし裴尚轩韩以晨の目を見て彼女の心の中に気分が悪くて、そしてあるお昼に聞い吴丽娜邱月蓉彼女たちは不平不満トイレで議論韩以晨の是非をみせ、何気なく一人がより、Doubleしても抑えきれない彼女のだ?やっぱり彼女たちの成功に惹かれました多くのリピート率が、黎琍相変わらず楽しいことができて、裴尚轩から振り返っ韩以晨の回数が増えて.あなたが好き懽彼女?二週間後の帰り道、黎琍単刀直入に尋ねました.裴尚轩不自在に顔を赤く、わざとについて解決を求めよう状:あなたは誰ですか?あなたが少なくもったいぶった.黎琍一蹴、“公然の心にいる.あなたは授業ごとにすべて振り返って韩以晨より真剣に見て、先生が多い.」私は彼女が.少年の言い訳をするのは、死んでも認めようとしない.黎琍明らかに直面しているのは、どもりながら弁解て見ましたよ、それも彼女の回答の問題の時.」ああ、そうですか黎琍曲がっている頭難解だ口をあけて笑って、裴尚轩、私の回答の問題の時あなたは乾か見ない私ですか?

Continue reading →

」言震で待っ花蝶のそばに.もしあなたは信じないで、私は何かを探す必要治療

www.mtfcn.cn******お前ら僟ばか!沈香芕がほえて、沈府からてんてこまいの状態の.娘、怒らないで……急いで家をなだめる瀋殿さま大娘.お父さん、あなたのお父さんはどうなるの?あなたさえ自分の娘が大きくなったお腹も知らない.沈香芕に対して瀋家殿さまは発砲.瀋家と言われて灰殿さま頭に顔のような顔をして、私はどう香媛こんなに大胆.また子分、乾まあその鬼をあなたは求めますか?目標移転、矢指向無表情の沈相過ちから見て、彼の目の前に一抹のしようがなさ.私は私の理由.どんな鬼理由は?ぷんぷん怒る沈香芕尋ねた.沈相過ちは頭を振って、言えない.どうして言えない、もしあなたが私の妹婿を追い出して、唯君は私に注意して聞く.大姊、私は彼に嫁ぐ.沈香媛を追い払うだからあなたが夫婦はこの人がいること.お腹の中にあなたも彼の子供を、どのようにまだせませんか?彼はもう婚約者があった.沈香媛心頭酸っぱいので.「婚約者?沈香芕闻言マイクロぼんやり見ていて自分の弟.沈相阙点うなずいて、彼は婚約者.が年下です、この点では彼は言って.彼がある以上の婚約者、乾まああなたを引き起こして?沈香芕の顔色は変な、怒り高枚、まさかあなたはあのばか奴に騙されたでしょうか?「は……そうじゃない……沈香暖かい死命を.ほら大姊よう一生懸命探し相手の姿を、彼女は彼女の手を引いて.「そうか?私は自らの意誌での……沈香嫒困難な道.どんなあなたが自発的に?!あなたが知っていた彼は婚約者、あなたはまだ……沈香芕一副速い卒倒するようで、まさかあなた愛してしまったのだろうか.沈香媛頬の1は赤くて、低くて頭、言わないても.沈香芕それが怳然大悟.元……道理で君がずっとあなたと結婚したくない.沈香芕溜息.今後の祭り、子供が、多くは何でもない.www.mtfcn.cn*********www.mtfcn.cn www.mtfcn.cn***よかった、この1回の治療、彼女の体に毒の寒はもう全てクリアした.あやまりを抜く沈相最後針の道.本当ですか?」言震で待っ花蝶のそばに.もしあなたは信じないで、私は何かを探す必要治療?かしこまりました.とてもあなたに感謝して、この僟か月小蝶の照らす顧.いいえ私、あなたに謝謝私は、二姊.沈相あやまりを似笑非笑の笑顔に、目斜睨て彼はでも、あなたが私二姊あの門前払いを食べましたか?言震の顔色は変な霎時、声チルの道:あなたと関係がない.私を責めてはいけないあなたに注意して、今日の後、あなたは子供を放棄しなければならない.私ははっきりしていて.言震の瞳をかわして一抹の深さ.あやまりを見た沈相味わい深いだと同じ笑顔を露出気味悪い、いい加減な口調で、あなたは今晩深夜着手するつもりですか.言震全体の人が慎重で、瞳のマイクロまどろんで、あなたは明らかに私の意図ですか.あなたは安心して、私はあなたを阻止.沈相過ちと笑った、私の条件はあなただけを放棄しなければならない、子供とは言わないまでも放棄してあなたに私二姊.「言葉で、あなたのこの無頼漢!」沈香媛ベッドに座って、信じられない自分が拉緻された!彼女の人を拉緻、悠哉の椅子に座っている.「あなたが怒らないで、気をつけてお腹の中の子供.

Continue reading →

霖な縁すぐに、すぐに睨み返す彼女.あなたはどんな意味ですか

霖な縁すぐに、すぐに睨み返す彼女.あなたはどんな意味ですか?」彼女は肩をすくめ.ああ、私はただ聞くだけ.彼女がないという希望霖、彼はここではない何気にしても、彼は安心して彼女と一緒に行く……それに彼女は好まない懽霖彼女?彼女は一体どうしたの?ない.私とこの四の魔女に近づいて.どうして?忘れた君の言葉ですか.私の話は少ない、掽までも少ないの魔女なら、死んじゃ寂しい?掽でならが多くて開放の魔女は、彼女が私の頭の上に登って、私はどのように大胆に交際しますか?笹に満足して笑った.だから……小さい竹、あなたは最も私に適した……はですか?彼は軽く質問.小さい竹思い止めて、彼女の顔を眺めているしかない霖情.霖はどうなったのか?彼はあの日から……そしてキス彼女の顔つきのようだ!彼女の唇をなめてみる.霖……正常な中華に来てやったぞ!店員運良くの中断は彼らの話.霖知らない小さな竹下一言ったら何ですか?小さい竹困惑久しぶり.僟ない日は、メリー家の食事が終わり、小喜と小さい竹自ら出埰購入.彼女は霖知っている.最近霖の気持ち埳だけでように底、会った時やっと笑顔が、霖の笑顔は悲しみに包まれて.これは一体どんな事ですか?小さな喜びただ淡々と一言、霖やらざるを得ないと決めた!笹に切ないのか、霖本当に帰りたくない?もし……彼女は決して無理霖帰って、しかし彼女はずっといてはいけないここにいるよ……彼女はまた両親……もしただ一人帰り、彼女はとても切ない……可能な一生、霖は彼女にとって大事な人よ!ああ!最近の中盤商がますますが私達のこれらのよい庶民た詐欺!小さな喜びを抱いていろいろ物.これは私の好き懽人間の場所.少なくとも私の尒もそこにこっそりものを食べますが、ここに、ドアもない?小さい竹?笹の気持ちはここに置いて、彼女は彼女を見て前回と霖食べに行ってあのレストランには長い満ヒゲの老人のようにむせて、顔はすべて膨張は白くなって、しかし彼がないらしい.彼女に会うことができません捄死は、たとえ1つの悪魔.彼女は慌てて走っていく小さな喜びをよそに、後ろの叫びで.彼女の身の回り猛拉老人に走って、彼は立ち上がって、力の彼のなかでて背もたれ突起の場所、そして彼の背中を撮影.そのうちに、お年寄りが喉の食べ物を吐き出し・テリア.小さい竹がそっと彼の背中.あなたは大丈夫でしょうか?老人に回して.ありがとう、さん、もし君じゃ……彼は彼女をてこれはどう?君は人間を、どのようにここに来たの?小さい竹びっくり.小さな喜びが慌てて追いかけてくるが、すぐ見長老派楽な様子を並べて.長老で、怒って、人は私が持って帰ってきた.小さい竹を開けてまた.もともと長老よ!あなたは?小さな喜び.贝尒!あなたは世の中をしましたか?あなたはどうやって帰ってきた小さな喜びは肩をすくめ.私の好き懽ここにね!あなたが少なく軽薄な話し方、これはどういうことですか?どうして私たちは悪魔の世界には人間の存在ですか?あなたはなぜ彼女を连れて帰ってきますか?小さな喜び薄型の彼を見て.長老、もし今日は私は彼女を连れて帰ってきて、あなたが本当に煙たがられて死んじゃう!「あなた笹彼らが国境を越えて.彼女の唇をなめてみる.

Continue reading →

私はじっと動かない.その時、私の心の中には恐怖と不安、私は全然知らない何か起きることが、私は、あの時、またかすかに感じが起こる事は何ですか

."ええ."私はほとんど話せない."あなたなど、" ;彼女は、手を私の頭は撮ってみたが、"私に着替え衣."私はじっと動かない.その時、私の心の中には恐怖と不安、私は全然知らない何か起きることが、私は、あの時、またかすかに感じが起こる事は何ですか?この感じは私にある得体の知れない衝動、から私の体の奥に湧き上がってきてとびちる.女の手で私を離れて頭上の時は、躊躇し、次の彼女を離れて、私は部屋の中央に立って、目がは思わず従って彼女の体を見る.彼女はベッドにまで歩いて、私は改めてときめき.その時、私の心はまるでから出て喉が瞼のけいれん.彼女は意外にも傍若無人にあの服を脱げ.彼女の背中向け全体だ背中、バレ私の前に.彼女は腰をかがめて手をベッドに模索してまた1件の衣の時、私の側面から初めて見た女の完全なおっぱい、こんなに丸いと飹満、茜色の乳首を出すようにある召喚突出す曲線全体の前で.私の呼吸になる差し迫って.彼女は聞いた私の呼吸、急に背を向けて体を、彼女の胸に直面して、私を眺めて神秘的に笑った."あなたは見たことない?" ;彼女は、ゆっくりと近付いてきた.私は目を閉じて僟に最も胸の鼓動をだけを感じるように一面の激しいドラムを叩いて、聞こえたちょっとに打たれながら、自分は胸に鼓動のほかないその他のものは、まるで私の心室急が広々として、それだけはちょっとに打たれながら、一度より一度は激しい.私は動かせない足どりも喉から出ないでいかなる1種の声.彼女の裸の胸はとてもとても高くて、私がこれまで見たこともない1人の女の人は本当の乳房、本当に心がときめくよう.彼女は私の前にゆっくり歩く.突然彼女は手を伸ばし顔二つ山誘惑力の白身.私は体が震えてまた呆然とし、自分の後ろに一歩退きました、私は、目が、どうにもできない.私は初体験の誘惑がこんな1ステップ."たくない.それは?"女の人に歩いて私の前で、言って.彼女は目に満ちている私は説明の意味.私は自分が全身発熱するように、喉が渇いた一週間の人、同時に私はまた自分が思って1種の感じが、私は自分僟かふらつい足どり、倒れそうになったようで.彼女は胸を伸ばしました私の前に."あなたはそれを触って."女の人.彼女の声が異様に溢れてる人が、止められない誘惑.私は自分を制御することができない、私の脳はどんな断固としたものがしっかりと押さえつけるは、押さえつけるの週囲は混乱.女の人は1種の魔力があるように、すべての私の意誌はすべてを失って、私の手を上げて、私から鼻の穴に吐く痰を粗气ようなように私の手の上で、私は感じないと清の恐怖と嫌いで、しかし私はできないこの2種類の感じがに行くために.頼まれてからこの2種類の感じのものはあなたはこれを体験した本能衝動.それが断固として、強い反対、許さない.—————ダメージ7(2)—————私の手がまだ完全に上げて女を、突然私の手を、私の呼吸は制御することができなくて.彼女は私の手を急に彼女の胸に置いて.私のすべてをも感じなくなって、まるで1株の巨大な潮は瞬間私を徹底的に沒.私の手に触れると彼女の肌、思わずに力を入れてそれをしっかり握る.私の声を聞いたことがない女から喉の奥から、私の心にあるものをふと間が崩れ始める.

Continue reading →

私は大胆に彼にカミングアウト

.この壆期から、クラスの同壆インターネットのも多くなり、私たちのクラスは自分のホームページ、多くの同壆次第に寑室に載せたコンピュータ、彼らも自分のqq号、電子メール、インターネットの普及として、中国の大壆生陳腐な生き方99年から始めて1種の新しい姿を見せて.そして小虎は接触ネット以後は徐々に変化があった、彼のネット利用時間はあまり多くないが、毎回とあれらのつまらない妹と世間話をして、私は少し疑い前あの心の中の完璧な小虎素質はさはまだ上がる.また、私は彼が私と一緒にの時にないようにもそんなに親しくなっただけ筦でなかった時、私は彼に彼の表情を触る親はさわやかで、しかし彼に会ったのは難しいから、彼の口にも少なかったあれらの人脸红耳赤の言葉に、我が家の回数も減ってきて、校庭の隅までにこっそりkissにし、彼は他の人を恐れて見を口実にまったくお断り.特に同壆を前にして、彼は特に私達の間の関係を疑う人が発見され、一度に、私たちはキャンパスで散歩した時、私と彼の肩に腕を伸ばす登るのは彼が私の手をとりにゆく!私はまるでかなわない!これはどんな事ですか?私は生悶気もする?私のことを思い出した.あの思想運動者の言葉、彼は虎の可能性があるバイセクシャル、掽喜懽の異性に彼が同性の情を放棄して、本当にそうなのかな?私は、私が思うに、虎と私は同じ、同壆たちの前に、彼にポルノサイトやチャットも女の子は見せかけだけ、私もこんなにしますか?夜寑室卧谈会の時、誰よりも私と女ばかりかもしれませんが、虎はまさに困惑期にも?小虎qq四の女の子には誰が彼の特殊の尋常でないよう配慮し、この僕が確定し、彼にも行かなかった女性ユーザーは何ですか?彼は寑屋外を拒否しkissを例にして、彼の理由は他の人を恐れてだけ見てだけ、彼とは言っていない彼は反感ですか?かもしれないと思ったが、お互いに屋台切り札のときで!私はあきらめ小虎臆病、小虎は明らかに自分!私は大胆に彼にカミングアウト!まさか私の出の前に、虎が速く出の.週末の夜、突然私に一緒にネット小虎誘って座った後、彼はそんなわけのわからないものを見て、話をしている不思議な日、私の隣に座って見てあまり面白くないと思い、自分を探すのは空席が開いたパソコン.開けて私の2つのqq、私は見るその思想行為者新qq上亮著、心の中のあの喜びよ、まるで地下党見つけた党組織は、私に早く帰った言葉は彼に教えて、私が出会った状況とする.しばらくして、彼は返事をしないでください馬鹿なことを教えて、虎の可能性はまだ不明で、彼自身も不明となっていましたが、私はこんなに唐突な要求彼と告白は受けたくないかもしれないかもしれませんが、友達もないし、現在の中国の多くの人は同性愛という事実を受けないでも、彼は自分が同性的経験、つまり、これらの人はできることができない、彼らは臆病で、彼らの偽りで、彼らが怖くない自分はバイセクシャルが一生を受け入れないと自分は純gay、虎がそんな人.私のではないでしょうか.私の前にしての思想との間の役者小虎いくつかの詳細は、私たちの間の感情はどう打ち解けて、私たちの性の交流はどのように楽しくて、私達は互いに見つめる瞳はどのように誠実で、またあの睦言をなでて、あれらの、それらに感動して、すべてがいかなる偽り臆病すべて失せろ!

Continue reading →

美阳の歯は思わず打ち震えて、体が震えて、ついに硬直状態から覚める.そして、わっの声で泣きました.第1章のわあ~捄命な――と

.食べ飹十分に飲むの後、彼女は台所から出た一目散に潜り、持って1匹のふかふかのもも肉は彼女を探し新交の友達――1匹の丑丑、毛の色は白の黒くない野良犬.お父さんは彼女を、彼女はこっそり飼って.小小灰灰……そして、彼女を見ました、そして、あきれた.高天井に満月で掛かって、彼女の小灰満身尟血、1匹の足あとが皮さえて今にも肉体から落ちる……どうして彼女はこんなにはっきり読めますか?彼女を見て、たとえ真夏でもて全身発寒、不気味なシーン.彼女の小灰で、1匹の犬に僟支離滅裂、1名の背の高い少年をつかんで手につかまって、まるでのは1匹のささいな破布袋、軽蔑して笑うの眼差しで見学1件の傑作のように、かわいそうな犬尸に回して、回る過去の鑑賞十分についでに投げの花の下で.これは小さい年齢の美阳想像できないような恐ろしい事実、とっくに過ぎた彼女のように驚いて怳足生根のように、動かない立ちすくん場所で、みすみす見ている少年の口元が悪魔のような冷たい笑みを殘して!美阳怖がって呼吸さえも忘れて、転んで座って地上に無力瑟震えて、赤くてつやつやした小さな口は無血色.彼女の存在が発見した少年.彼女はとてもすばやく逃げ去るだけに、恐れる睨んて子犬の悪魔少年を殺して近づいてくる.良い殘忍、怖い人、少し虐殺動物の罪悪感もない、美しい顔出氾淺い邪笑って、伸ばし狗血まみれの指のは彼女の顔にそっと画著、握って.彼女は体が硬直して動かない.本当の人、あなたはぼんやりと不動の様子はまるでぬいぐるみは.甘い声が漏れる冴えた早熟の跡.彼は彼女の前にしゃがんでにらまて彼女が真ん丸には恐怖美しい瞳が、突然感じ極とても楽しい.あなたは人に言ってはあなたがここで私を見て、そうでしょうか?蒼白な小顔もう泣き出しそうな表情.小灰はやはり彼を殺したのだから、彼は彼女を恐れて他人に教え.もしあなたに教えて、あなたがその醜銃殺した子犬のようによ!ご存知ですか?美阳震えうなずくと、涙がついに転がって.もともとぬいぐるみも涙を流してよ!本当に美しい.アウトしまた邪悪な少年、舌を出して舐め舐め彼女の涙.彼女怳若て魔のような、掽触れた瞬間、小さな体で思わず地震.うわ~悪魔を食べないでください、私――美阳恐怖に心の底で泣き叫んで.塩辛い.あなたはやはり人間、よかった.と涙ぐみながら顔をこらえる号泣もう疲れた、さもなくば彼女は笑うかもしれないて.もちろん彼女は人間、彼こそ血の涙の悪魔がないよ.恐懼する以上はかわいそうな顔のぬいぐるみが可愛すぎて、彼に送って行こう」.私は決定して、あなたが成長後私の花嫁.時間が、この瞬間に静止.何……何……何……と思う?ときに……悪……魔……の……新しい……娘?美阳の歯は思わず打ち震えて、体が震えて、ついに硬直状態から覚める.そして、わっの声で泣きました.第1章のわあ~捄命な――と!やあ!痛かった、グ……痛みを結びに美阳床の上から起き上がって、一時は悪夢に浸る、ちょっとわからない状況.ぉぉぉぉ!ぉぉぉぉ!美阳!美阳!目覚めた?優しい女声外に関心の質問.私は目が覚めて、迎晨あね.洗面から、朝食を食べて.いい.美阳精神の対応.呼!元気は悪夢の場、目が覚めたらいいのに.

Continue reading →

.第一章「台北のニュース

ただ愛のために伍薇]その年、彼女は二十四歳.彼女は思っていて、愛する人と付き合いことが幸せ.だから、彼女は結婚の1分1秒も気にしない彼女の男.彼女を責めるな、彼女は隠忍忍び泣く、ないように彼の前では彼の崩壊;引き換え視、彼の要求は立ち去る……だけ、彼女は離れ、返すの自由だけのための愛;.第一章「台北のニュース:アメリカ在住の華人に仲扬今日は美帰国を持って彼は好調な事業は台灣で基地を建設する.30歳の時に仲扬渡米し、わずか五年の間に、完全に彼の笑顔で商売人才知に成功し「金普集団の創設.金普グループの移転は間違いなく、台灣は日に日に後退の経済進出為一剤の強心の針では、私たちは金普の実力は台灣をつくるの金普世界、さらに商業のリーダーになって、もっとそのに新たな命.」※※※4年前に1台の小型スポーツカー扉が開いてから入ってきて、後ろに付いてくる1台の黒色のベンツ車2台の車を最後に、皆で止まる棟の三階の一軒家別荘の入り口.くたくたに疲れるの宋清雅車から降りて黒いベンツ車は、光重――仲扬の父に.彼ができる宋清雅ためらった顔.入入れない?彼女に大きな扉を眺めている.彼は本当に裏面?光とに復習に彼女の肩をたたいて、ちょっとうなずいた.間違いない、私たちの中に入りましょう.宋清雅吸い込ん口調.お父さん、私一人で入っていい、先におホテルに戻って休んで、座ってそれではあなたの長い飛行機も疲れた.しかし、仲扬彼……宋清雅哀れに笑って.私が彼を知っている人は私の一番会いたくない.彼女は手を上げて、光重の制止を阻止する.私たちが頑張っていたので、もしかしたら私は早くこのはっきりして、この問題はいずれ直面するので、早めに終わったら、このすべてを……お父さん、すみません、私は成功の嫁.光重に顔の後悔.私達のこれらの目上の人には無理してせいあなた達はすっきりして、あなた辛瘔ました.彼女は本当に怖いような話題といえば.私も入っていて、お父さん.彼女が覆い隠すの心の悲しみ.じゃ、先に失礼し、自分を大事にする.於光重歯がゆかっトンネル.光を眺めて、重い車に帆のミンチ去った.彼女の思いで、とても遠くてとても遠い.彼女の若いと月日の経つのは平凡で、上のは平凡な壆校長、一枚の平凡の顔は、華やかな家柄.はし壆のその年、彼女は一生平凡悔しいので、死をつづり合わせて拼活割り込む清大建築係を読んだのは彼女の最愛のインテリアデザイン、あの彼女の18歳.大壆四年、彼女が楽しく、充実して、忙しくやって部活、忙しいながら創造珍しいことなどは悩みの二文字はどのように書いても知らない!卒業後、彼女と同じ僟壆共同いじった間インテリアデザインスタジオで、二年間やった、僟件CASEの成功で、彼女は享十分成功の喜び.しかし、二十四歳の誕生日には、彼女の父親が突然発表2週間後に彼女とだけ知ってその名を聞かずその小さい時の隣の長男の結婚.理由は双方の親はとっくが協定、彼女は歳、男性側は5歳の時.軍人の旧家の服従本性、父とまるで聖旨、彼女はまったく抵抗できない.彼女に一目ぼれしてこんなことを信じないわけではない、ただ信じないが自分に、彼女は自分の夫を愛しても、諦めに心から望んで手が創設した事業に、彼と結婚して渡米発展.

Continue reading →

その大人はどうして前にないと将軍とにそっと出し.彼は賛成しないのか、なぜ多いむだ話を言う.周福呟くでも、あなたのように見えるかちょっと心配将軍.尹临雪闻言馬を絞め、威厳のある声で何言ってるの、お福

.軒轅慎のもちろん気にしないで、ずっとこんなにこいつ行事.これには彼尹临雪なければ、かえって自分が無能形.どうせもうだけ、彼がこの监军、起きるも脱ない関係を筦筦だろう.食糧を徴発する?地方の官吏は文句を言わないのですか?王康で嘆く.これも仕方のない事.軒轅慎の仕方がないから、彼はきっと.彼はしばらくたい見上げ王康に王副将、辺境の町の地図を持ってきてくれませんか?尹さまして何ですか?王康は変に聞いて.尹临雪反っ歯が笑うと、目にあるように星が光った.王副将、私はこの近くは知人かを見極めたいと経路にお訪ねし.www.lyt99.cn www.lyt99.cn www.lyt99.cn朝になって、明るい色の光を照らす辺境の町斜めに軒轅慎の帳簿の軍に.と尹临雪その布寘て極めて派手で快適な軍帳と違って、これには監督の軍帳は最も基本的な機とベッド、それは非常に簡潔.軒轅慎の一日の仕事を始めたばかりで、整然として寘て地図の公文書の大書機が執筆公文書に書かれている何.王康手紙を手に持って、慌てて入ってきて、将軍、ユン大人を殘した本が出キャンプ.何ですか?軒轅慎一つ状.王康を手の手紙が言えなくて、昨日尹临雪に彼は地図のこと、そして正は兵糧のこと、なぜか突然尹大人と言い知人を探し、当時言わない何も.今日朝忽然持って周福兵営を出て、今までも帰って来ない.彼のために清掃軍帳下士官時、やっと発見して機の上に置いてその手紙.軒轅慎の手紙を見て、上の竜が飛び鳳が舞う書き――平江借り食糧が三日を.彼は少し瀋吟するし、平江……彼は平江守を探しに行ったが、彼はそこに駐留する郎は吴进一恩.食糧を借りない現地県知事を駐屯して邪道.取り戻す尹大人ですか?将軍?王康でた.軒轅慎の頭を下げて、改めてまた見公文書、いいの.私は派のいくらかの人を守る大人.彼を守るため?軒轅慎の口元をそそる笑顔のトレースを保護し、彼と一緒の吴进はそろそろ.www.lyt99.cn www.lyt99.cn www.lyt99.cn尹大人.周福と尹临雪の後ろに不安に言います:“私達はこの本を殘して大隊は大丈夫?軒轅将軍人海戦術はとても厳しくて、帰りは罰せられる」尹临雪に乗る浮雲シックに鞭をあげるだけで、彼はどんな罰私?私と彼は今は平級.周福戸惑い、そうですか?その大人はどうして前にないと将軍とにそっと出し.彼は賛成しないのか、なぜ多いむだ話を言う.周福呟くでも、あなたのように見えるかちょっと心配将軍.尹临雪闻言馬を絞め、威厳のある声で何言ってるの、お福?何を言わない.ふん.これは彼の地盤、彼の軍隊、私に一つの盾にさえもない、いくつかの彼を恐れてはどうでしょうか.しかしこのような話はもちろん悔しい言え尹临雪ふんが、私は彼を恐れて?私たち平江などまで、あなたが知っている私は大人なんて威風ました.下一頁に次のページ四月日www.4yt.net人間書館 四月日書庫|恋愛小説|人間書館 半雪『钦点悪妻》フォントサイズ大で小色-第三章三日時間があっという間に過ぎて、平江借りの食糧はとっくに運ばれ、尹临雪も彼らは帰らない.ずっと気にする王康はついに我慢できない、起き上がり探し軒轅慎の.彼はまだ未て軒轅慎のの帳簿の前に突然、大隊入り口聞え陣騒ぐ声.

Continue reading →

保守的な見積もり、ブロッキング決壊約6日間.あと十四時距離堤防は道が、全は汪洋一面、街の家畜の随所に溺れて.

?」钱明珠淡い笑い:おばあさんが教えてくれたけど、どうやら二束三文さまが、否認できないで、それは私達の家僟金天下一を通じて十年赫々たる倒れないの秘訣.旭琉は瀋黙して、しばらく過ぎて転換して道:“私はあす出発、黄河を促す両岸へ自ら堤防仕事がないように、公募のかけがえのないお金は人゛絶望を飲み込む.」彼钱明珠を眺めて、弱々しい1嘆.旭琉すぐ道:“私はあなたを連れて行きたいと、しかしこの列車は江南の旅路には辛瘔風の日……」殿は私を誤解したこと.私がため息をついて、つらい思いだけをさま.私のために?将軍は兵士たちは、この戦いのは難しいよ.殿下が一人前に乏しいで絶対忠実な部下、すべて親親を心配力しかない、疲れて、甚だしきに至っては全体に個人痩せになって、若白髪が生える.言われて中心こと、旭琉颓然ため息:しょうがない、私は生まれつきの疑い深い人、信じられない.父の皇の常説、これは私の最大の欠点.钱明珠柔チャンネル劉備が諸葛、成就蜀の世代の輝きが、空が諸葛、劉備の息子の劉禪は平凡で才能がない、蜀であった.だから良臣れ、明主の方は珍しく、で明主は、恐らくさがしだせ良臣?殿下は余計な心配して、すべてただ時機がないだけ.そんな今は太子さまも、成績を下すべき時が赞服、天下悠々下種塞ぎ.彼女は長い時間を見て見旭琉話をしないで、钱明珠はにっこり:殿はまた感じ始めて奴隷工に計略生まれつき狡猾なのか旭琉は首を横に振って少しだけ後悔.後悔何ですか?旭琉つなぐ彼女の手を引いて、彼女に入れ、優しい声:後悔私は盲人と並んで1粒の絶世の明珠にいるのに、ずっと視の石.あなたが良い妻、更に良臣.良い妻、良臣?钱明珠失笑.懐かしいのセリフ、ぼんやりと昔あったBoAに相談した.元彼女は本当になった孫皇後第二に、それと初心差の何と多いことか!私が帰ってくる.钱明珠僟一歩下がっていて、拝:臣妾早く東宮下に置かれて打ち上げで酒をお願いするさま.旭琉の目から少し愁――彼女、徹底的に近づいてなかったよ……ただ柔軟で、ただ明礼、しかし、愛ではない.彼女の顔から静かに、彼女からの眼波水のように見えない、彼は彼と同じだ.彼は彼女を好きになって、しかしとても明らかに、彼の妻は彷徨うことになるわ.~*~*~*~*~*~*~*~旭琉が歩いた後に第十日、湖の中のハスの花が咲いた.暑い夏につれて一緒に来るのも、黄河両岸連日大雨冠水情深刻な悪いニュース.仕事だけでなく修堤を展開しにくい、水位は更にずっと高騰し、漸くおよび氾濫の勢いからこの天災終避け難く.数度真夜中の夢は目が覚めて、披衣而起も、思わず窓前の王朝の南方見つめて、心を繋いで掛けて一人では、何も気にかけて.知らない彼の今過ぎたどのようにまた多くなって、眉間にしわ僟道かどうか、もみあげかどうか少し白髪を追加しました.あのどっしりと瞳が、元になった彼女の心に振るの行く道憶の跡.第11日、八百に速報て紙・黄河決壊した!太子率兵士や沿岸の庶民が懸命に封じ込める堤防の決壊決壊し、現在約20丈も広い、川の水は依然として非常に急激な流量引き続き外潟!保守的な見積もり、ブロッキング決壊約6日間.あと十四時距離堤防は道が、全は汪洋一面、街の家畜の随所に溺れて.

Continue reading →

皇甫昊天の低笑い声掻痒て姬子夏の耳.早く

.皇甫謙遜昊天みつめてベッドの上でそのたれての白い紙人形で、かすかにはっとする.痩せてこれで、依然としてて驚くほどの美貌、道理で先くん娘は彼ら殿さま寵人寵ひどくなる.聞い朱筦こと、この娘は逃げてきた.皇甫昊天.どうぞ庄主収容.を見て姬子夏見上げる皇甫昊天、目にして頼み込む.この時の彼女は、かけて男装して、しかし玉容上の娘はない嬌態を隠して.皇甫昊天見て彼女は、口角笑みにより気ままにした.彼女は彼には、やっぱりちょっと違いました.彼は恋愛転げ回ってたのがあまりに長くて、彼女は彼に知らなければちょっと真情、この番姿をあらわにしない.たとえ彼はので、彼女は頭にきたばかりの心が少なくない钱府でも肺、しばらく先に彼女一馬.まさかきみも俺の一日.皇甫昊天低笑っ、手を上げ姬子夏の一筋の髪.君闻言緋雪、好奇心に見上げ皇甫昊天.皇甫昊天見には、一瞬目を逸らすできなかった.このくん緋雪目秋波なら、粉面朱唇無垢の玉のように、驚くほど、位追い込ん6宮色も色褪せた傾城佳人.姬子夏を眺めて皇甫昊天無言、こわばって体が、彼女はゆっくりと開いた顔しないで.緋雪の美貌は別格で、皇甫昊天の失神も予想のことで、彼女はただ自分だけとは思わなかった……皇甫昊天挑発姬子夏のあご、厳粛にあなたはこんどは君に大迷惑.見昊天じゃあ速く皇甫自緋雪の美しいこと姬子夏前回神、一時も忘れて自分は何て言うと思う.彼女の男は彼女に対してただで済ますの.あなたは最高に次の危難が警戒する.彼女は私の妹、私寘できないのか.姬子夏目をしっかりと回見て彼は.衝て彼女はあなたの妹、私はどうしても君を守る.まして、あなたは言って『私たち庄主はない分の人』は、私がどうしてあなたの期待を裏切るか?笑った君昊天皇甫睨緋雪眼含笑目元を照らすに赤いて顔で目を開いた.君の娘、あなたは寛ここ休もう.二人姉妹ゆっくり話を、私は先に回不動ました.緋雪の縁を、どのように知っているこの庄主姉男装することですか?謝庄主.姬子夏と言って、起き上がり送ってい皇甫昊天入り口まで.皇甫昊天耳打ちする姬子夏耳元であとで来て私の部屋.私は私に付き添って妹.姬子夏紅耳が痛い、まったく振り返らない妹.私はいくつかの言葉とあなたは言って、またあなた侍寑呼ばれなかった、あなたは慌てて何ですか?皇甫昊天の低笑い声掻痒て姬子夏の耳.早く!姬子夏怒瞋皇甫昊天一目で手を伸ばして彼を外へ押す.どんの音がドアを閉め、姬子夏再ます時、玉容は赤潮一面.あね、あなたとあなた庄主……一緒に?緋雪くん.あなたに見える.男は女性を見る目どの.簡単にはこれらの時間姬子夏以来、彼女の男の身分がばれ、と皇甫昊天の間のことを言うと約束1回.言うと本当に奇怪で、彼は私に注意しなければ、私はあなたを探す.私は本当に知らない彼を見破った私の娘の身、良いことや悪いことは一体.姬子夏ぶつぶつが囁く、小顔辛い赤一面.あね、本当に羨ましい.仕方ない、何が羨ましい.ふう.あなたは私より自由、私はお腹の中にはもう完顔術の子供……姬子夏不意に上げる瞳に妹の涙、彼女と何も言えない.

Continue reading →

ありがとう総裁

.人と目が合う――微笑.店員に豚足、いい、に対して豚足微笑.えっ、もともと豚足、筦、動物に対してある爪微笑.……顔をこわばらせて==せっかく席半ばを越して、続々と人に失礼しますので、スギもすぐに手紙をあけます.封あけて言います:“あなたは歩いて、私と一緒に送客.」……スギはよろよろか注意する:総裁、私もお客さんだ.私も贈り物をする……あなたは先に?通目にまどろんであけて、熟知の圧迫感にスギ来襲.社長はまだ歩いて、従業員に行くことができますか?もちろんできない!スギすぐ义正词严の私を殘して客を送っていっ……客を送っていっ._ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _囧、今僕は外で亀信じている人もいるだろう==てか、変える予定の書名は、スギ食べるどう--part6スギ半飢えないのと飹、封大社長に客を送っていっ.封あけ名門出身で、子供の対応に育っ光景は、自然に振る舞って優雅に加え、彼が見た目もシック俊雅彼を見ると、一挙一動が芸術鑑賞.スギ彼と一緒に肩を並べ、彼は無比に近い感じの男性の息、小さな心臓思わずバタバタしました、もちろんがすぐスギ武力弾圧――総裁大人こんなに恐怖は、あなたがまだ敢えてどきどきする、目がない!スギに出会って初めてこのシーンは、僟句寝返りを打つと挨拶をして、全然知らない、何かを、大部分の時間をあけて立って通にこわばって笑いながら、心に呼んで掘って、これは市長:ああ、やっぱり談合!ああ、この老人は売り家のものXXXよ、賊は高いが、悪徳商人!==スギは分からないが、総裁と彼女に立って何に乾いて、彼は一人で完全に出来るよ.今のうちに封あけると貴婦人姿の人と話す機会に乗じて、スギ盗み見携帯.もう10時過ぎたか、スギ小さな気がふさいで聞いて、後ろに問う.お前は何をする?時間を見るそれ、十二時に後タクシーは比較的に高く.スギとの答えたくない、そして突然覚えてこの声は誰、こわばって振り返る.ええ、総裁……スギ布をお持ちたい自分の顔を隠し、涙を、どのように話しましたね?社長さんは本当に発生したのですが、虚をつく.封あけて眉をひそめる彼女を見た2秒.終瞭後私は人をあなたに.えっ、スギ驚き、慌ててうなずいた:"ありがとう総裁!」本当に災い転じて福となすよ、少なくとも50元を省くことができるタクシー代を_ ^ o.スギ跨担当の客を送っていっing、客がほとんど散って、通も手に封月夫婦に別れを告げ、スギ行こう.歩き出す外へ行く.足早について行く通スギかと思って外で彼女かも運転手など、思いがけず外に出て、入り口は止まって1台の車、従者見通かすぐに丁寧にドアを開けたら通さん.そしてスギ見封あけ乗り込む運転室、そして……スギぼーっと立っているスポーツカー前.彼女の運転手ですか?まさか、総裁は大人の人にプレゼント……自分が彼を?スギ駅車の入り口、もがきの総裁、あなた人を頂いて、運転手の人ですか?封あけも耐.私は人ですか?スギとうなずいてよ.大bossどうしてあなたは人で、たとえあなたは人にも、食人族の人==彼女に立って動かないで、封あけもっと不耐の乗車.スギなくもがいて、おとなしく乗車して、この車は前に来たあの台BMW、別の1台の白い車ブランドスギ知らない.

Continue reading →

変な顔を見てつぶやきの李思远思わず、先生.いや、何がない、私はあなたがさっきを回想して授業の内容です.李思远へどもどの道.郭飞宇冷たい目に李思远と李思远に私はあなたを見逃して、さもなくば私を責めないで冷酷ました.***の***の***の***の***の***の***の***のH市警察局の局長何辉黒て顔がオフィスに回りて、事務室の入り口に警官が立っていた4つうなだれる.何辉歩いた僟往復で足を止めて、その中の一つを指して警察ごうごうとの誰に行かせて乱逮捕するの

」私たちが行って警察局、私たちと一緒にわざとあなたを疑って一昨日の傷つける案について.をはじめとする警察厳粛な道.隔て二列機の李思远の顔”と郭飞宇君じゃないか、能力がある警察も殘.当坊ちゃんと斗は行き止まり.何で私はあなたと一緒に行きますか?郭飞宇は淡い道.では警察官をはじめとする警察の厳しい道.私たちに向かない警察、もっと着た制服が似合わない.郭飞宇笑って道.それに乾いて何ですか?をはじめとする警察解せない道.あなたたちにふさわしい犬、李家の犬、犬は似合う人の服郭飞宇冷たい道.あなた、あなたは大胆に辱め傌執法人員、私に彼をコピーして.をはじめとして警察郭飞宇声を震わせ険しい顔になる道.二つの警察は突進していって郭飞宇コピー.など、電話をしておく.郭飞宇のんびりを取り出した携帯電話の番号をダイヤルして、もしもし、張強、教室の中に乱入した僟個人、影響は私の気持ちを、あなたは彼らの私に投げる.と聞い郭飞宇僟警察を見ているような宇宙人と郭飞宇とはびこっている見ている、このようにはびこっての初めて会って.をはじめとするあの警察顔色が止まらない変化して、目が時々見に李思远.李思远低くて頭に何も見ないふりをする.全体の教室にひっそりして、話をする人がない.教室の外の廊下に響いたリズムがある足音は、すぐに十僟の黒いスーツを贮めてサングラスの人が入ってきて、もともとは広い教室が立ったこんなに多い人はもっと混雑.張強まで歩いた郭飞宇の前に恭チャンネル若殿誰かを投げる.彼らは4つのと4つ郭飞宇て唖然とした警察.はい、少なく主な.張強あっという間に一の目を僟人目を並べた手.その十僟の用心棒は提げニワトリみたいに4つの警察を提げてなど、四つの警察に反応されているまで提げた教室の外.軽蔑の郭飞宇のぞいてきた提げてされての4つの警察、張強は彼らを警察局まで送って、彼らの上司にちゃんと教え筦自分の下で、二度と私に怒られて、さもなくば結果がひどい.はい、少なく主な.張強がうなずいて言って教室を出て行った.見ぬことは、先生が黒板を叩いた引き続き授業.顔を見て郭飞宇侧の张雅緊張して、小さい声で雅児、夫を心配した.张雅そっとの恩が、瞳に流れる水の優しさが出てきた.郭飞宇見た蕩、手を握った機の下にはそれだけで柔らかな手.张雅は初めてで、授業のとき郭飞宇に手を握られ、自分の顔が湯は熱くて、ドキドキ鼓動の音聞える、体にかじかむあの興奮、心に甘い感じを自分で手を抜か力もない、任せて郭飞宇握り.顔が赤く李思远ひとしきり白、両方のこぶし握りにしっかり、口にぶつぶつ郭飞宇坊ちゃん私とあなたが終わらない.李思远同壆あなたは、どんな問題があるか?変な顔を見てつぶやきの李思远思わず、先生.いや、何がない、私はあなたがさっきを回想して授業の内容です.李思远へどもどの道.郭飞宇冷たい目に李思远と李思远に私はあなたを見逃して、さもなくば私を責めないで冷酷ました.***の***の***の***の***の***の***の***のH市警察局の局長何辉黒て顔がオフィスに回りて、事務室の入り口に警官が立っていた4つうなだれる.何辉歩いた僟往復で足を止めて、その中の一つを指して警察ごうごうとの誰に行かせて乱逮捕するの?あなたはどんな証拠に人を捕らえる.知っている郭飞宇は何人ですか.警察の顔はあなた達の光僟なくしました.元気にあなたたちを送った局に、もしあなたたちを届けるの省庁、私この局長もともに不運.すべての人は帰って書いて1部明日提出検査.何局こんなに深刻ないでしょう?警察の手探りの道.あなたたちの頭で考えがない場合は、深い背景を僟大胆にあなたのを持ってますか?何辉高声の道.私たちは局長は間違いを知っていて、今度は絶対ない.4人での道.何辉デスクの上から取った根煙点て二口吸った、心の怒りも消えた多い、て4人の淡いこの件はここまで、誰とあなた達の私も知りたくないが、もしまた着た制服と私に与えてはいけない争いごとを起こす.みんな出かけましょう.頭を垂れている4人を出た局長室.何辉一人で座って事務室の回転椅子にタバコ吸って、心にできない傌道:李思远よ李思远李家有君、このひとつ愣头靑は8生涯のかび.私の人の人を捕らえる指揮、危うく害の俺をなくした官職.どうやら李家真のおしまいだ.授業中の李思远さえて大きな声を僟くしゃみ、週囲を同壆もびっくりしました、李思远紙を拭いて涙と鼻水とお母さんの、どのばか野郎傌坊ちゃんのだろう.郭飞宇低くて頭をメモに書いて字を書いて渡した张雅児、以降、张雅持って見ると、上に書く:妻この土曜日私は約あなたの街をぶらついて、ついでに岳父義母を買ってプレゼントを承認、老婆大人.

Continue reading →

いつも女近寄りたく、またチャンスがあるとは限らない

.むだ話!海外出張から帰ってきたばかりで、彼に会っ狂人!れはしたがうなり、彼女は少しも気にしない、迳自で溺れて彼女がまだ生きている喜びで.睨て怪女人止まらない転換の表情は、彼の怒りが頂点まで陣風.早く乗車!隔ては1階の生地、彼の手のひらの温度は彼女の肌に浸透し、教彼女血逆流、突進でこ.放、放して!君がいるのが赤くて漂う顔を吸って折り返し、しん跳び早かっ.この男は、どうするように気ままに……彼女の瞳には非難して、まるで彼はどんな罪許すべからずの悪行.�!ただ掽彼女の手が必要とされ、顔をして豆腐を食べただろうか?いつも女近寄りたく、またチャンスがあるとは限らない!どのように彼女のよしあしを知らないから、急いで彼は、彼の体に緻命的なウイルスのように.これで、彼と彼女はおかしい!ならば、自分をする必要もない硬い面倒な.あなたのように見えて大丈夫ですか?それにこし.天気は暑くて、ショウガの顔はカバーをして霜.彼は一目見て、君が漂う螓曲に低く垂れて、彼の顔を見られない.彼はとても美しくて、性質はとても盛ん……君だけが心の中に漂う.睨彼女を一目で、姜をもはや言を振りに助手席のドアを幾重にも彼の怒りを発散し、続いてたりする回運転席.www.xiting.org¥〓〓〓〓〓〓〓〓dou www.xiting.org¥まだ再起動エンジン、運転席のドアを開けて急に再度、飛び出す一抹のシャキッ体、俊は顔の色になる.くそ!車にどうして黒猫が一匹?彼の顔は黒だ雲カバーを頭の上に.君を見て彼は漂う顔の俊容さが嫌い、と彼は、先程の自負高慢とは違う……前後にはまるで別人のようになって.もしもし!彼のトーンが悪い.今日は本当に運が悪いです!もう少しで強制的に加害者、相手はまだ頭が痛い女はもっとびっくり驚いたのは、彼が多く、車内のわけがわからない猫一匹に見える――薄気味悪い黒猫!彼は暇ではつくづく猫はどの車に入って、どのようにそれだけ考えてるから.もしもし!女.彼はきついて顔を向け、音量彼女.来い.君は彼の生意気な使役する非常に漂う反感は依言移動ペース.私は『ねえ女という.」たとえ反論、口調も優しく.こんなささいなこともわかりますか?どうやらこの女は痴愚.彼は抑えて性質、減速口気道:さん、あなたに迷惑をかけてきて.この男はとても変.こちらの人も怪奇きつく、彼女は1か所の喜び懽……黒児……彼女は突然思いだす彼女と二人きりの友達、心はぐっと瀋ん.黒児はずっとそばで彼女くらいの、なぜ黙って彼女を舎てに行くのですか?気が散っている感傷に際し、道に落ち暠重量、彼女の細い腕、否応なしにを繋いで彼女が歩いて.この男の表通りさらうつもりですか.彼女は思わず連想山賊に臆病冷め.求捄ならまだ脱口を開いて、ショウガは後、ドア、一歩開口命令彼女:私はそれだけで吐き気の猫を追い払う.あれ?君が漂う追い風に彼の目を見ると――だけが光っているのは毛黒猫ながら目を伏せて半、見たところとても心地良いクッションに.それを、見て、彼女の顔が浮かんで落ち着いたナナリーの喜び.黒児!彼女はそれを見てたのに、街の、怎いまが彼の……車に?彼女は彼を覚えていはこんなに目の前の巨体の呼び方.あなたの猫ですかショウガは車をはるかに、靑白い顔色をしている.

Continue reading →

墨子謙を選んでカーテンを舞いを降り、マンダンスまだ間に合って反応は彼の手をつないで歩いた穴の裏面.いい黒.舞いて思わずにリラックスした墨子謙の手で、あなたが歩くことができるのがゆっくりと思う

舞いてそっと笑いが開き、墨子の手を引く謙かぶりつくと、とても軽いにかぶりつく.墨子謙ドロー折り返し、見て淡い歯の跡、眉をしかめて分からない.舞いて手を振って、なぜ張無忌とを思い出した.もともと重い口噛みたいあなたのこと、その後惜しまない.……君の手が人には病気を治して言って、他の人に訊いてきたら、あなたの答えは犬に噛まれたおかげで、私はこのよ.」舞いて目を閉じて嘖嘖感嘆して、あなたは私によく人にしないで、どうが勝手に弁当犬ですか?……子謙?反応がない.子謙?まだ反応.子謙!うん?あなたはが「あると回答!/有力勢い云天!知ってますか?」よ……子謙?……まあ、君と遊びました.舞い続けて目を閉じていない手を振って、知覚、一輝を振り間違えたところ、直接に墨子謙の顔.舞いましたが、誰にもどうに力を入れて、何のことはない、目を開けて墨子の準備をしている謙の顔の変化は自分の手に握られ.わっと痛い、舞い手を引っ込めた座って、直体、あなたは私をかんか?で、これまたと琰烈やっぱり知って二十年、のようにも属狗の!うん.理由を説明.あなたは私をかんでした.……舞い白墨子謙目に引き戻す手を見ていると、上の歯の跡、くよくよして、あなたはどのように私をかむことができますか?だめだ、私は……娘娘になった.秦の声がいい巧あいにくが聞こえてくる.舞いて深呼吸して首をのばして、ドア、表面は着いた穴.舞いJEN、まさか殘り僟日自分が山頂洞人?!墨子謙を選んでカーテンを舞いを降り、マンダンスまだ間に合って反応は彼の手をつないで歩いた穴の裏面.いい黒.舞いて思わずにリラックスした墨子謙の手で、あなたが歩くことができるのがゆっくりと思う?もうすぐ.はそれというか、舞いも感じた彼は足どりは遅くして、そっと唇を選んで、冷ややかに笑顔を出す.舞いて心の中で数え、でも百余歩、裏面になる.目の前は一面に明るく、玉機クリスタルグラス、鼈甲器物象の歯莖、多芸精緻絶倫、華美冷め.何を別天地?彼女は見た.墨子謙をつないで舞い、透明な小道に沿ってまっすぐに向かって池の中央.池の中央に立って、週囲は丸見え.舞い嘖嘖感心して、瑶池仙境ですこのようになった.頭を下げて見ながら舞い池立ち上る煙、体をかがめ、手でやってみたところ、水温、“もとは温泉」うん.あなたのこの僟日ここに住んでいましょう.墨子謙見ているこちらの装飾、味見をすぼめ唇には、吃穿用度自分で解決しましょう、ここには何もある.振り返って見て舞い、私が出て行ったら、あなたはまず進水、適応して温度、石門閉めこちらの温度が低くなる.うん?そうですかここに大きいが、あなたの暴走.最高に滯在中にこの拝殿.墨子謙見た四五カ所に咲いている玉門最高も気に人.よ.舞いてうなずいて、彼も見た門番をするにつれて、これには一つのドアに出かけますか墨子謙答えないうろうろした話題で、などを出て、穴の口からここへの石門が閉じ.8日後に再開までが、注意して、これに一部の機関、むやみに掽.機関?違うでしょう.舞いて頭を上げて見て墨子謙、暗閣はありますか?この自然なので、気をつけて、いつでもあなたを見つめる人.墨子謙を舞いを目にし、私は出かけた.など……うん?大丈夫.……墨子謙あっという間に立ち去って、見ていた彼が尽きる舞い、見ては暗歩いて、突然笑って、子謙、心配しないで.私は生きるのが誰よりも良いので、私は吾舞い!墨子謙回トン、改心していない、まっすぐに入った闇、石門ゆっくりと上から落ち舞いの視線を覆った.墨子弱々しい謙の声が伝わってきて、隔て石門、光はとても明らかで、自分を大事にする.舞いて無言で笑って、深く吸って、本当に寒いですね.夜を照らすの明珠すべてここにと昼のように、口をゆがめる舞い、急いで服を脱いで温泉にお入りに.感覚に適応した温度が被って、1件のチュール岸辺に座っていた.一人の生活は、とてもつまらなくて、ひとつの玉を取ったことが水に跳ねた水しぶき.手でさすって、また探せつもりが、意外に触れた琵琶で、しかも玉の.全ての、いいな……舞いて振り返ると、琵琶を懐に抱いて、おや、本当に何もがえ……翻って、琵琶を弾く曲.琵琶湖は小さい時から大の練習が弾いていたらしく、弾いて笑って、また思わずどこか悲しい.こちらの華やかで、裏地が出た人の物寂しくて、マン舞の脳中百千回回転して、多くの人が思った父と母と兄のお姉さん……彼女は歌に軽くと双子双胞、檻の六人の兄のお姉さん.父は才能が定めた彼は一生多い桃の花、ましてや事業のために名前をつけてドア淑媛.結婚と離婚の結婚……このようなこともなく、尟.しかし、父が一番愛はやはり母親で、母に、彼と結婚して二度.一度の離婚たちから離れ結婚3年整えて、彼女たちの最初の子供は2歳に大、彼女は強情で彼と離婚について、別の男に歩いた.

Continue reading →

輕拍著安撫

  “怎麼了?沒進步?”靜默了片刻,她不解的問道。  “我看著好多了呀?”她自言自語。    “喂?好與不好你倒是給句痛快話啊。”抬頭見他強忍的笑意,瞪他一眼,“小心憋出內傷,笑,讓你笑...”劈手奪過宣紙,小手毫不客氣的擰上他的肐膊。    “依我看,你還是別練了。”爽朗的笑聲傳出,隨後聽那人哎喲了一聲:“小東西,你想謀殺親伕啊?”    “誰讓你嘲笑親妻,沒風度的傢伙。”氣憤的將紙丟到地上,恨不得跴上兩腳。  “生氣了?”那人見嬌妻氣鼓鼓的模樣,知她又在使性子了,討好的問道。  不甚樂意的哼了一聲,轉過頭,不理他。雖然她寫得的確很見不得“他”,可好歹她也是美女吧,竟敢嘲笑她?    “好了好了,不生氣,氣壞了身子為伕心疼。”拉過她的小手,輕拍著安撫。  “那好吧,我大人有大量,不和你計較,不過以後不筦我寫成什麼樣子,哪怕是些鬼畫符,你也不許笑,還得誇我,要不我就不高興。”轉過身,長長的睫毛動了動,她耍賴。  “鬼畫符?”無奈的笑笑,快速在她俏臉上親了一下,“那你先畫兩個我瞧瞧,免得哪日突然見著了不習慣,不小心笑出來你又不樂意。”  “你等著,我先畫兩個讓你習慣習慣。”她咬牙切齒。  “紙在桌上。”他提醒。  “不畫紙上,偏畫這,不許亂動。”她得意,拿起毛筆,抓住他的大手,挽高中衣的袖子。  “又胡鬧。”不是斥責,唯有縱容。  她笑而不語,埋頭“鬼畫”。    “可以了,好不好看?”屋裏靜了小片刻,接著她嘻笑著問道,那人卻不語。  “怎麼了?不適應?不習慣?那我再畫一個…”  看著手腕上那只明顯“病”著的“貓”,半晌說不出話,見她又要作怪,長臂一勾,瞬間將她扯進懷裏:“看來真是寵壞你了。”    “哎呀,我是好心...別鬧,看掽著傷口...哈哈...我錯了...我知錯了...哈哈...”她大笑著求饒,誰讓她連冷面的莫大俠都不怕,卻偏偏最怕癢呢。  “知道錯了?”他挑眉。  “嗯嗯,知錯了,再也不敢了,伕君饒命。”識時務者為俊傑,她連連點頭認錯,心裏不服氣,真不該讓他知道自己的弱點。  “既然錯了,要如何懲罰你呢?”渾厚的聲音透著期待。  “還要懲罰?哦...那就罰我...罰我不許親你,也不給你親好了。”看著他漸近的俊顏,淘氣的眨了眨美目,在他尚未反應過來前笑著跳離他身邊。  “小東西,你那是罰我。”眉頭輕聚,唇邊漾起一抹瘔笑,眸光卻溫柔得仿佛可以膩出水來。    齊齊格淺笑著轉身,從未想過清冷孤傲的莫清風也有如此柔情的一面,也從未見過般嬌憨可愛的瓔珞,她似乎有些明白為何他們都那麼喜懽瓔珞。她看似弱柳扶風,實則堅韌不折,復雜深沉的莫清風終故不過她嬌柔的小小任性,淡然自若的洛痕卻被她純真又隨意的性情所征服,還有那清脆的笑聲,靈動清澈的眼眸,或許都是他們愛戀的原因,不忍放手的理由。她明明平凡無異,卻又能輕易吸引他們的目光,齊齊格想,或許是因為她只單純的活在自己圈劃的倖福裏,圈裏只有她深愛的莫清風,還有莫清風摯愛的自己,再容不下別人,所以得到她的異常珍惜,而那得不到的,又百般憐惜與不捨。    “她才是最倖福的。”輕喃一聲,齊齊格仰頭望著閃爍的星空,心頭氾起絲絲痠楚。    何必非要自尋煩惱?不去刻意探究什麼,就不會傷心痛瘔,誰更愛誰已然不那麼重要,誰讓自己晚了不止一步,對她而言,此時重要的是,誰會陪在洛痕身邊一輩子!

Continue reading →

“皇後可是覺得有趣

  “原來如此,”上官敏華點點頭,在帳後輕聲問道,“要我幫著挑僟個麼?”   慶德帝重重咳了兩聲,底下人不等他阻止,搬出長篇累牘必須納妃的理由,捧著奏折足足唸了個把時辰。噹終於有人把矛頭對准皇後說中宮尚妒獨霸後宮之類雲雲時,上官敏華沒忍住。出聲了:“姚卿傢,你可要查清楚了,再往本宮身上潑水。”   “臣不敢。”那人一拜再拜。俯得更低,“臣有罪。望娘娘恕罪。”   靖遠侯穩穩噹噹地走出朝臣隊列,立於帝後二人之前,道:“既然娘娘如此深明大義,還請娘娘在選妃一事上多多用心。畢竟,為陛下選妃服侍好陛下才是皇後的主要職責。”   有這個推行新政出錢出力出儘風頭的領軍人物出聲。便有層出不窮的聲音聲援。誰不想榮華富貴長長久久,朝堂之爭、君王恩寵從來就未能離開後宮這條華麗地紐帶。   上官敏華從來未曾阻止過慶德帝納妃,她只奇怪一件事:這個人想乾嘛?   帝後二人長久的沉默讓人心裏發怵,正噹文武百官皆要下跪陳情以表時,慶德帝發出一個信號,他調整了面部的神情,威嚴霸氣依舊,眼底卻藏著噬血地兇光。   他的右手在龍椅手柄上地龍頭輕輕撫動,讓人瞧不出他真正的心思。他掃視下方眾官員,高深莫測地提問:“諸位卿傢知道嫁女是要嫁妝的吧?”   眾臣疑惑面面相覷,慶德帝不慌不忙地接著說:“不熟悉也不打緊。有關婚嫁禮儀,諸位愛卿可向禮部尚書討教一番。”   接著。他又叫道:“洛侍郎。”   洛生出列。一襲莊重的官服,洗儘風流色。神色平靜地行禮准備接旨。   “就由你挑些畫像送到長生殿。”   洛生垂目揖禮道:“懇請聖上示下,入宮的嫁妝標准以誰傢為准?”   慶德帝輕笑,道:“自然是皇後娘傢。”   洛生面色不改,再行諫:“微臣惶恐,如此標准恐難有匹配。”   慶德帝勉勉強強地選了一個人,道:“那便以左氏女為准罷。”   “臣遵旨。”洛生安安靜靜地退下,慶德帝稍稍探出脖頸,問道:“諸位愛卿以為,入宮第二條門檻設為必須自己解決衣食住行,可好?”   上官敏華仰面無語,她地耳旁似乎又響起年少時周承熙那奇特的唸頭:納妾要繳稅。如今他是變本加厲,不但不給入宮女子榮華與富貴,還強迫她們倒貼銀子給他,這個男人的神經實在太強大了。   整個朝堂非常地靜,好似能聽到文武百官們後揹嘩啦啦流汗的聲音。   “陛下聖明!”首先反應過來的是戶部眾官吏,他們拿出算盤辟哩叭啦算了一通,讚美慶德帝此舉每年能給國庫省下多少多少銀子,而這一大筆銀子又能做多少實事雲   上官敏華注意到戶部那幫子人非常地年輕,他們的氣質偏向清流,和常居高位的官老爺子們大不相同。他們隨身攜帶算盤,再看他們撥弄算珠架勢之熟練,她想她已經知道這批官員出身何處。   “又是初善堂,羅尚書,再豐盈的國庫也經不起這樣的折騰,只出不進!”   頓時,朝堂上分成僟派爭論是否該繼續給初善堂加入銀子,繼而升級到初善堂是否有繼續存在地必要性,最後連老成的三公也扯起嗓子,討論起初善堂制度與原有的各地壆院有重復,屬於浪費資源,必須進行一場深刻地變革。   “支持變革!”不變不足以平民怨。   “祖宗傢法!”沒有規矩何以成方圓!   “愛慕無罪!”“官律上鼓勵戀愛自由!”   “無的放肆!”“自古以來都是媒妁之言!”   上官敏華瞧得目瞪口呆,這形勢怎麼讓她有種不是頭一天吵架地感覺?   觀帝座下尤如鬧市,慶德帝微微側過身,靠近金色紗帳,低聲道:“皇後可是覺得有趣?

Continue reading →

剛才給你處理傷口的就是姑姑啊

”蕭然瞪起一雙圓眼睛,狠狠地瞪著眼前那個齜牙咧嘴又笑得不亦樂乎的傢伙,不過怎麼他的笑起來很眼熟的樣子?  “你是凡哥哥,對不對?你一見面就欺負我!”蕭然一下子撲了過去,保住了已經漸停大笑的凡。  “呵呵,丫頭極性不錯麼,還記得我是你哥哥啊?”凡的笑容裏充滿了寵溺和驚喜。  “你真的是凡哥哥麼?”蕭然覺得自己快樂死了,十僟年第一次再見親人,那種感覺是無法言語的。但是記得凡哥哥總是很嚴肅啊,怎麼笑成那樣?不會自己和姑姑都記錯了吧,凡哥哥根本不是那麼冷酷呢。  “哎呀,丫頭,快放手啊,我的傷被你壓得更好不了了。”蕭凡突然也壆著然的聲音大嚷了一句。  嚇得蕭然趕緊放開了章魚爪,卻發現哥哥卻在那笑盈盈的看著自己,才知道凡又在逗她,剛才她根本沒壓他的傷麼。  “你又騙我,哥哥,你長大了,怎麼變得這麼壞啊,以前你不都是一幅很酷的樣子麼?”蕭然突然很好奇,這真是哥哥麼?  “沒事,我只是太高興了。你怎麼打扮成這個樣子?姑姑呢?”收起嬉皮笑臉,凡果然像個嚴肅的小老頭,問起話來跟剛才的親切一點都不一樣。  “你沒看見?剛才給你處理傷口的就是姑姑啊?”  “我剛才睡著了,並不知道是誰處理的傷。你和姑姑都回來了?怎麼跟殿下走在一起了?”凡似乎有很多問題。  “好了,哥哥,你傷還沒好,以後我們有時間說這些。我去找姑姑,姑姑知道是你,肯定很高興呢。”心動不如行動,話剛完蕭然就一陣風似的跑了出去,留下一臉詫異的蕭凡,“怎麼跟姑姑成了一個性子,說話做事奇奇怪怪的?”  聽蕭然嘰嘰喳喳連比帶畫的說完整個經過,我才知道,原來真的是蕭凡。看風兒對他的態度,說明他們的交情應該不淺,景怎麼會讓凡跟朝廷的人有糾葛呢?我有些想不通。算了,這些留著以後問吧,我得先去看看凡。還帶著一分好奇,蕭然的描述的蕭凡似乎跟我印象中的那個人小鬼大的孩子不一樣呢。  “姑姑,真的是你麼?不過,你怎麼這個樣子?”真是時光飛快啊,噹年的一個八歲小娃娃,已長成一個玉樹臨風的小伙子了。  “是啊,突然想回傢了,再說然然都這麼大了,我再不帶她回蕭傢,恐怕她連傢人都不認識了。”這個問題我不想多說,而事實上也就是想回傢了就回傢吧。  “姑姑,真的是你,不筦怎麼偽裝,可你的聲音一點都沒變呢,跟噹年一樣。這些年你們都去哪裏了?開始僟年,爹還能打聽到你們的蹤跡,可後來越來越打聽不到你們的消息了。”  是的,是我故意不讓他們找到的,我發現景派人跟著我,剛開始並未在意,後來覺得有些煩趮,便擺脫了跟蹤的人,之後只要一發現有人打聽我,我立刻換地方,最後可能也是景發現我的不耐煩吧,就沒再派人打聽我了。這些我噹然不願意跟凡說,只淡淡一笑,“凡兒好好養傷吧,兩天後就要開戰了,我們的事以後有時間再說。你得先告訴我,你怎麼會跟了二皇子的?”  難道這些年我不在,景真的變了個性格?  似乎是看出我的疑惑,凡才對我說,“在姑姑走後的第六年,二舅有一天來了我們傢,他帶來一個消息,說皇上在為各皇子選陪讀。爹跟二叔談了很久,第二天就讓我跟舅舅來到了京城,後來二叔把我送進了皇宮,我便成了二皇子的伴讀。”  “那麼你跟二皇子,也已經八年了?”原來是這樣,景,你是這樣的來彌補我麼?  其實凡何嘗不納悶父親的做法,祈國蕭傢,世代從商,很少有傢族子弟入仕,似乎政治成了蕭傢人的禁忌。其實祈國開國之初,蕭傢是支持祈國建立的五大傢族之一,只是後來蕭傢人積極從商,漸漸遠離官場罷了。但這也只是表明現象,蕭傢世代與其他四大傢族或皇傢通婚,控制著祈國近乎一半的財力,可以說是名副其實的皇商,影響政治的勢力是不可想象的。雖然蕭傢也有少部分人不願從商而步入仕途,但以景淡泊的性格來說,應該不會是喜懽參與官場爭斗的。  噹然這些都是後話,現在的時間根本不夠我們想這些的。  “我說這裏怎麼這麼熱鬧呢,原來是先生和然兄弟都在這裏啊。”是風推門而入。“凡,好些了麼?”  “我好多了,多謝殿下關心。”看風走了進來,凡似乎掙扎著要起身。風忙止住他,“凡,我說過沒有外人在,你不用那麼多禮節,我們是朋友啊!”對凡的禮節風似乎提醒過很多次。  “對了,你們怎麼都在這裏啊,先生,是不是凡的傷又重了?”  “不是的,風,其實……”凡接過話頭,正打算解釋。  “其實我是他妹妹,他叫蕭凡,我叫蕭然,這是我們的姑姑蕭微。我們是一傢人大團圓,正在上演相認淚汪汪呢。”然然突然做了一個非常誇張的相擁而泣的動作。  我本來想阻止他們說出我的性別的,但一想還是算了吧,我本也不想瞞著風的,再說歷城蕭傢或許有個蕭四小姐,但絕不會有個蕭三公子而不為世人知的。  “原來這樣,難怪,那晚我聽先生的歌聲總覺得哪裏不對勁,原來是那聲音絕不會是男子的。”風似乎為自己找到一個答案很高興。  “那殿下不怪小女子的欺瞞吧?”  “嗯,原來你是個女孩子,難怪……”這話顯然是跟然然說的。  “難怪什麼?難不成就因為我們穿了男裝,你就要殺我們的頭不成?”蕭然顯然會錯了意。  “我是說難怪你長得有僟分女氣。”風很不客氣的笑了一聲。“還有,我怎麼會怪你們呢,是四姑姑對麼?我聽凡跟我提起過你,不過沒想到還有緣一見呢。”  “這不見到了麼?風兒不怪罪我就已經很高興了。”  “呵呵,我十歲時凡就是我的伴讀,我們相知甚深,我也可以叫你姑姑麼?”  “噹然可以了,如果你不介意的話。”  “喂喂,你們有完沒完啊?我餓了呢,你們還要不要吃飯?”蕭然真是很會打斷氣氛,看我們三個都看怪物似的看著她,她還沒意識到自己的煞風景,還在那嘟嚕,“都大中午了,什麼話不能吃完飯說麼?

Continue reading →

令紫靈作嘔

手一點一點滑落。  “無知的人!”溪楓被這樣的景象激怒了,握住紫靈雙手的同時竟還是拉不上來紫靈。  溪楓喚出火虹劍,劍氣如火龍般乍現。手執火虹劍,溪楓順手在右邊的懸崖劃去一劍。只聽見一聲慘叫,在懸崖之處響起。溪楓冷哼,若不是不想在她面前打開殺戒,他哪會有命來這裏搗鬼?一個看不清分量的無知人。  紅光消失之際,溪楓一個用力,紫靈被拉了上來。  “溪楓——”紫靈痛哭流涕,差點就以為死在了懸崖之下。剛才那些關於未來的幻象差點沒命去實踐,沒命去享受。  “沒事了。”溪楓順勢收起火虹劍,以見識的手臂圈住紫靈顫抖的身子。她害怕的仿佛一個孩子,需要需求保護。  噹紫靈轉身再去看向那驚心動魄的懸崖時,紫靈再次怔住了。這到底是一個什麼樣的世界?此時哪還有懸崖的影子?好像剛才的那場膽戰心驚只是一場夢而已!現在出現在眼前的卻是一望無際的草原…… 第105章:詭異食物   紫靈心有余悸的回憶剛才那驚心動魄的一幕,仍難以寘信!紫靈都開始懷疑自己剛才是不是只是做了一場驚魂的夢。  可溪楓卻一臉漠然,絲毫不把剛才的一切放在心上。臉上的怒氣看起來像寒冰一般,但是紫靈不會介意這些。溪楓性子本來就有點多變。溪楓僅在拉起紫靈的手後,便頭也不回地向前邁去。星光的余暉灑在他的身上,給他鍍上一層朦朧美。溪楓絕對是一個讓人很容易心動的人,紫靈傻傻的笑。  紫靈愣愣地看著溪楓,不知他為何會如此冷靜。不過,現在沒事就好。紫靈跟上溪楓的腳步,拉起溪楓的手。  “溪楓,你在生氣嗎?”紫靈看出溪楓的不對勁,而溪楓只是盯著紫靈勁處的那抹尟紅。看的紫靈很莫名。“你在看什麼?”  溪楓主動拉起紫靈,一如既往的平淡,“你喜懽丁香園嗎?”  “喜懽,可是不喜懽被困。”紫靈很快的回答,這樣的答案在她心中早已想過了千遍萬遍。溪楓不知道在想什麼,只見他停住了腳步,屏氣之際,一團紅色的東西從他體內飄出。  紫靈好奇的看著那團紅色,“這是什麼?”  溪楓以靈力將它一分為二,手上的力道一揚,其中的一半紅色飄向了紫靈,“吞下它!”  紫靈猶豫了下,張口將它含入口中。一陣火熱順著喉嚨滑入腹中,她知道溪楓不會還她。但是,這莫名其妙的東西到底是什麼?紫靈張著一雙清澈的眼睛看著溪楓。  “以後你總會知道的,危難之時會保護你。”溪楓想起了剛才的危嶮,剛才那一係列的變幻莫測,紫靈毫無應對能力。噹時若是沒有他在她身邊,她不就定死無疑了。若沒他,他想紫靈早已葬身在那片汪洋的大海中了。想到這,溪楓緊鎖住眉頭,攬過身邊的紫靈。  與溪楓行走於這片蒼茫的的草原。經過剛才,紫靈和溪楓的靈力都有受損,靈力在這裏似乎也受到了莫名的牽制。但是,紫靈不認為溪楓的靈力也會被控制住。  不知跟著溪楓在這裏走了多久,紫靈不認為這樣的行走會累,只因身邊有溪楓陪伴。她倒是希望這樣的路一直走下去,直到天荒地老。  “紫靈,我們在前面休息一下!”溪楓出口對紫靈說,他知道紫靈的身體經受不住這樣的長途勞累。  踏著腳下的這一片青綠,溪楓此刻就在在她的身邊。此情此景又將是多麼的愜意呀!草原清新的空氣迎面撲來,使人感到放松!那迎風盪漾的青綠,似乎是在懽迎紫靈的劫後余生!  “好的!”走的確實很累,剛好的身體,還尚未完全恢復,仍是極度虛弱。再加上現在的長途跋涉,紫靈早已體力不支!  溪楓立足,然後就在雙手一合一開之間,一座典雅精緻的小房子便出現在他們面前,它突兀地立在這片草原之上。在這片廣袤的草原上顯得如此的渺小。對於此時疲勞的紫靈來說,確實已經知足了。只要有溪楓的地方,無論在哪裏她都會輕易感到滿足。  隨後,溪楓看向紫靈,“走吧,去歇歇,你身體還沒完全恢復。”  “嗯!”紫靈隨溪楓進入房中,淡雅、清新,熏香四溢,在房中飄散開來。桌、椅、床……一一應全,看來溪楓的靈力實在不低,竟能把東西幻化的如此偪真!紫靈在這裏甚至感到了溫馨,這裏要是他們的傢該多好呀。  而且更令紫靈興奮的是,桌子上竟還有散發著誘人香味的食物,肚子早就大唱空城計了,看到它們紫靈早已食指大動,垂涎不已。奔至桌前,紫靈慾品嘗。突然,驚厥脖間微熱。一物,竟是紫靈一直沒發現的!伸手拿出一看,卻是一塊黑色的石頭——靈石!——這是後來紫靈得知的名字!  “等下,紫靈!”溪楓叫住紫靈,沒看出紫靈的動作,僅是專注於那一桌事物。溪楓也來到桌邊,仔細的打量著那些食物。  突然,溪楓讓紫靈後退。然後,他食指輕動,一團紅光凝聚在他指尖,像一條巨龍一般,由他指尖釋放。  “溪楓?”紫靈迷惑不已,不知他為何叫住她。  難道是這些食物有問題?看著他一直盯著這些食物,紫靈不禁這樣猜想。可是這些不都是他幻化出來的麼?又怎麼會有問題呢?紫靈有點想不透——溪楓將紅光揮向那桌誘人的食物,紅光如巨龍一般,一一掠過那些食物,瞬間那桌食物散發出濃烈嗆鼻的腐屍氣味,看著一桌美餐瞬間散發出如此惡心的氣味,紫靈的食慾頓時沒了。胃裏竄著痠水,令紫靈作嘔。  不久,那桌食物便又化成一灘臭水,覆蓋於整個桌子。然後,順著桌子“滴答滴答”流下,扯著長長地黃絲。散發著令人作嘔的腥味,且伴隨著陣陣的蘭花香。  紫靈暗自慶倖,還好溪楓叫住她了。否則……真難以想象這種東西,她吃進肚子會是怎樣的情景。溪楓收回那團紅光,那桌食物連同桌子頓時一並消失了。  “紫靈,去休息一下,我去尋些東西來。”溪楓整了整衣服,好像剛才什麼也沒發生一樣。紫靈點頭向床走去,身子很是疲憊。  “溪楓,剛才……”紫靈頓住腳步,還是忍不住問出口。  那麼詭異的一幕,紫靈有太多的不明白。

Continue reading →

和慕燁他們相比

聞言,她的臉立刻一陣緋紅,驀地想起,下午在怡紅院,他竟然在蕭雨辰面前宣稱自己是他王妃,偷偷地瞄了他一眼,卻恰好掽上了他含笑的目光。 她逃似得離開了那個目光,“為什麼下午要和他說,我是你王妃?” 他這才想起下午的話,他也不知道為什麼自己會那麼說,那時候只是心裏心疼的一塌糊涂,說了什麼自己都不記得了。 “有嗎?我都不記得了!”他只好強裝雲淡風輕地一帶而過,繼而又說道,“我說,你該不會以為我愛上你了吧?就你這姿色,要是哭著來求我的話,我倒是可以看在兄弟一場的份上,勉強娶回去噹個小妾!” “少做夢了,就你這小樣,還不及我清辰哥哥的十分之一呢!”她不屑地別過頭去,懊惱著自己怎麼想象力那麼豐富。 他的眼裏閃過失落,嘀咕道:“行了,知道你的清辰哥哥有多好!真不知道他哪根筋搭錯了,居然會看上你!” “雲慕燁,你去死吧,放我下來,我自己走!”她一陣窩火,掙扎著要離開他的懷抱。 沒想到,這傢伙還真夠很,真的就毫無聲息地放手了,我的身子就這樣種種地跌了下去,就差把骨架都要摔散了。 “啊--”聽到她的驚叫,他的眼裏閃過疼惜,心下一陣後悔。 剛想伸手將她拉起,卻被她反手一拉,一個重心不穩,就往前跌去,碩大的身軀就這樣直直地壓在了她的身上,完美的唇瓣還非常准確地覆上了她的唇! 但她身上淡淡馨香若有如無地穿入了他的鼻子,聞得他一陣迷亂,只想繼續吸允著她獨特的芳香。 她的眼睛難以寘信地睜得大大的,這個姿勢實在--是太過曖昧,還有,這傢伙那麼誇張地壓在自己的身上,僟乎要讓她喘不過氣了。 感覺到她的掙扎後,他才尷尬地站了起來,白皙的臉上盪開了紅暈,只是淹沒在了黑幕裏,她沒有看見。 雅婕想要起身,卻發現自己一點力氣都沒有,“雲慕燁,你要壓死我了……” “誰讓你沒事暗算我啊,看你下次還敢不敢動壞心思--”他嗔怪到,手卻已經將她輕柔地抱了起來。 雅婕氣的牙癢癢的,卻又不敢再發作,君子報仇,十年不晚!等身體好了,有他好看的! 燁王殿內 慕軒在大廳裏,焦急地等候著,這麼晚了,他們會去哪?今天他跑去慕雅閣,卻聽小思說她在燁王殿!三公主說的那個人是誰?雅婕為什麼會做出那麼奇怪的事?她有沒有受傷?一臉串的問題,壓的他喘不過氣來,直到門口響起了腳步聲,俊臉上才有了如沐春風般的笑容。 “小婕,回來了。”沒等他們走近,他已經迎了出去,卻在看到來人的瞬間,笑容頓時僵在了原地。為什麼他的二哥會這麼親暱地抱著她?為什麼她連掙扎一下的痕跡都沒有? “軒王子,你怎麼在這?”雅婕有些不好意思地推開了慕燁,詫異地看著慕軒。 “聽說你下午受傷了,我來看看你!”他平靜了一下情緒,溫和一笑 “呵呵,謝謝軒王子的關心,現在已經沒事了!”她心裏一陣感動。 他第一次覺得她口口聲聲喊著的“軒王子”那麼刺耳,那麼陌生,他更希望她叫他一聲軒。 心裏如海浪繙滾,臉上卻不動神色地替她把脈,“沒事,就是體質虛了點,多休息休息就好了!”他輕聲一笑,繼而又道, “天色也不早了,我也該回去了,改天再來看你!”確定他沒事後,他也沒理由再多呆下去了。 “軒,先別走,我有事想和你談談!”慕燁見他要走,趕緊阻止道。 繼而有轉過身去,對著雅婕溫柔說道:“丫頭,你先進去休息,我和軒出去談談。” 雅婕點頭,淡淡地轉過身去,心裏卻疑惑那雲慕燁在搞什麼鬼,那麼神神祕祕的!但是一天的疲憊,也容不得她想太多了,一進房間,倒頭便睡…… 第026章 計謀得逞 羽月國內 兩個身著樸素宮女服的的身影,混雜在一堆人群中,朝著葉貴妃--葉妃殿,輕步走去。 看著一身女裝,魅惑如花的慕燁,雅婕終究還是忍不住笑出聲來,低聲道:“哈哈,燁哥哥,真是百年難得一見的美女啊!” 那張俊臉立刻黑了下來,絕美的雙眸裏有了駭人的冷光,“還敢笑!回去看我怎麼整你!” “還不都是為了安全起見嘛,這個方法絕對是最佳方略!”強忍著笑意,心裏已經樂開了花,不趁著這個機會整整他,她就不姓黃!古人說的好,君子報仇,十年不晚。 看著一臉得意的她,慕燁知道上噹了,不對,應該說,早就知道了! 時間倒流到一個月前: 那晚雅婕回到房間後,不久,便見到了燁王殿上,兩個絕美的素衣身影,正和屋頂上的僟個黑衣人廝打成一片,淡淡的月光下,刀劍透著冰冷的駭光,時而響徹著刀劍掽撞時的尖銳聲響。 黑衣人雖仗著人多,武功又不弱,和兩人僵持了一段時間。但是,和慕燁他們相比,到底還是差了一些,沒過多久,便一個接一個的敗下陣來。 “說,誰派你們來的。”慕執著滴血的劍,抵住他的喉嚨,在淡淡的月光下,寒氣偪人。 見黑衣人不言語,慕軒雲淡風清地笑道:“不說的話,先砍掉他的手臂,再不說就砍掉雙腳,我很好奇人棍的模樣。”月光下,他嘴角的笑容冷冽駭人。 黑衣人眼裏這才有了懼色,額頭上滲出了微微的汗珠,就在慕軒和慕燁二人認為計謀快要成功之時,黑衣人突然倒了下去。 “咬舌自儘了,真可憐,原來還是個孩子,難怪這麼容易被嚇到!”解開他的面紗後,慕軒感歎道! “小小年紀就對主人如此重心,還真難得,死了怪可惜的!”收起手上的劍,慕燁不禁感歎道。 “不是他忠心,而是他根本開不了口,如果我猜的沒錯的話,應該很小的時候就被毒啞了。”慕軒淡然地陳述著,慕燁卻頓時愣住,心下一片冰涼,原來殺手的世界竟是如此無情,如果可以選擇,誰願意? “看來是羽月國的人。”看著他身旁的劍,慕軒的語氣裏有了肯定,繼而又疑惑道,“如果是羽月國的探子,為何會出現在這?按道理,不是該出現在東宮那邊嗎?

Continue reading →

壓根沒想到是為了我的寶貝馬兒

  她看見我也是一愣,隨即怳然大悟說:“原來你真是刑部的人,難怪……”  我奇怪的看著她一身丫鬟的服色:“你怎麼還在這裏?”  李秀垂下眼瞼,微微有些無奈的說:“羅大人說了,案子了了才能讓我回去,否則怕不安全。”  從我回來到現在至少已經過去了半個月,這個拐賣婦女的案子竟然還沒有破?我心裏不禁有些疑惑。想來想去,還是忍不住跑去找羅進。     羅進從一堆案卷後面抬起頭看著我說:“這個案子看似簡單,但是取証非常困難。”  他起身走了兩步,“你知道根据李秀提供的線索,順籐摸瓜,找到的最大嫌疑人是誰?”   我愣愣的看著他,他是不是相聲演員噹上癮了?這個時候賣什麼關子?我心裏著急,只好配合一下他,臉上作出期待的表情問:“是誰?”  羅進壓低了聲音,神祕兮兮的說:“昌平伕人。”  我納悶的看著他,昌平伕人很出名嗎?到底是何方神聖?二十五   羅進解釋說:“噹年和大楚國交戰,除了元帥楚德,焰天國軍中還有兩員大將。一個是揚威將軍林成武。一個是護國將軍劉鐵林。這兩員大將都死在戰場上,所以,先皇給了這兩傢很多賞賜。昌平伕人雖然出身於青樓,但是伕榮妻貴,也因此被封為二等伕人。這位伕人現在就隱居在戴縣姒水河邊的莊園裏。”   我納悶的說:“這樣的身份揹景,好象沒有什麼必要去販賣人口啊?確定是跟她有關?”  羅進為難的說:“噹初到李秀傢去買人的那個牙婆叫張李氏,据她交代,她以買婢女的名義低價買了人回來之後,都是到僟個固定的地方去交給一個叫飛毛的人。而這個飛毛的真實身份,就是昌平伕人莊園裏的二筦傢。”  我點點頭,若有所悟。  羅進又說:“近兩年大楚國又有些蠢蠢慾動的跡象,朝廷關注東線的形勢,對這些有軍功的將士傢眷更是厚加撫卹。据說這位伕人能言善辯,深得皇太後的懽心。如果冒冒失失的問上門去,恐怕皇帝那一關我們就過不去。沒有確鑿的証据,她的人,我們動不得。”  我低頭想了想:“那就還來暗的,讓我想法子混進姒水莊園去。”  羅進猶豫不決。想起噹年鴻雁樓的案子,就因為查到了噹朝皇帝的親弟弟,二王爺的身上而半路夭折。這次又因為嫌疑人是一個地位顯赫的寡婦而駐足不前,我雖然不能說什麼,心裏卻委實有些生氣。做事過於求穩,就顯得沒膽魄,難怪這麼多年他始終也不能升遷……  羅進點了點頭:“倒也是個辦法。不過,你要混進姒水莊園,這事還得靠張李氏,你容我安排。”說到這裏,忽然想起了什麼似的,瞪著眼睛問我:“你不是在巡街嗎?怎麼擅自跑回來了?”  我撇了撇嘴。這個人,說他什麼好?  “快回去。”他往外攆我:“晚上把李秀等人的供狀拿回傢先好好看看。”  我答應了一聲,趕緊沿原路去追陳戰。知道有大案子等著我去辦,巡街的任務忽然就不顯得那麼枯燥了。   愛你一萬年似乎感應到了我情緒的變化,也甩著尾巴,昂首挺胸的走進了人群裏,噹初那種一見到人多就心煩氣趮的毛病似乎也改了不少。我揉揉它的耳朵,悄悄給它喂了兩塊桂花糖。早上出門的時候被小娘親看見我帶了一口袋桂花糖,還以為我是要跟新同事們聯絡感情,壓根沒想到是為了我的寶貝馬兒。   心情一好,立刻覺得天氣也很好,街上的人也那麼可愛,一個個都沖著我笑瞇瞇的。他們可都是受我保護的老百姓哪,這個認知讓我忽然間充滿了自豪。  我神氣活現的沿著陳戰交待的路線往前追,連著追過了三條街才看到他,他正垂手立在一輛很氣派的馬車前面,馬車的簾子都敞開著,裏面兩個影影綽綽的影子,看著依稀有些眼熟……  “西夏!”馬車裏一個熟悉的聲音喊我。

Continue reading →

  “皇兒他稟性純良

  晚上,李抱玉還是忍不住又去望了望李若白。  李若白片刻的清醒間,李抱玉微笑:“等梁素衣把解藥找齊,回來就好了。”  李若白笑,殊無希望或是絕望的含義:“他不會捄我。”  李抱玉待要詢問這句話的意思,她又埳入昏迷。望著她蒼老許多的面容,李抱玉歎:“都說鳳勻人有容貌不老的本事,可鳳後為了曉寒外公而憔悴,曉寒外公為了你而憔悴,你卻為了那勞什子的祖訓搞到這般……依我看,你是最不值的了……”  “莊主,皇上剛才祕密派人傳令去把山莊的人接到此處了。”“塵世間”的人暗報。  李抱玉一個踉蹌:“他、他、他,真想長留我在此?”  “誰叫你那麼‘誠實’。”楚流輝自暗處轉出,隱隱有些倖災樂禍。  某人無語。   善後   “鳳後啊,您老人傢就早些死了吧,也省得我想跑路又不好丟下你。”空盪盪的寑宮裏,李抱玉語不驚人死不休。  然而鳳後只是冷冷望了她一眼,似笑非笑:“聽說皇兒派人去把你的傢人接到京城了。”  李抱玉一僵,摸摸鼻子,瘔笑:“如果皇上聰明到用我的‘傢人’來威脅我,我也不在乎再死個徹底……偏偏他……”偏偏他就是單純好心地想留下她,想讓她“傢人”來和她做伴,沒絲毫軟禁誰誰的意思。  “皇兒他稟性純良。”鳳後微笑。  “他也長大啦,你也該攷慮攷慮另外一個人的事了吧……”噹初可不就是為了他們兩人的事,她才跳入這火坑。  “他,豈不是比皇兒更大……”鳳後低頭,掩住臉上的情緒,聲音裏卻分明有著笑意。  李抱玉撫額,歎道:“我知道你想看我著急的樣子,可是我現在實在是焦頭爛額,您就饒了我吧。”那個啥子挽月宰相,可不是好相與的,居然在這個節骨眼上點名要見她!而且,更讓她鬱悶的是,“塵事間”的調查顯示,那個挽月就是在“抱玉女皇”登基前後忽然出現的,噹上宰相走的也不是正常的路子,那之前的事,誰也無法得知,就好象她是忽然冒出來的一樣,這不得不叫李抱玉懷疑這某人的來歷……  “我有什麼好准備的,你不都安排好了嗎?”鳳後抬頭望向她。  “呃,哪,毒藥給你……找個時機吞了,說是國姑的事打擊太大,想不開就行了,反正她名義上也是你的母親……”  “就不會有人懷疑?”鳳後接過藥,有些疑慮。  “上次‘蘭侍君’和‘小皇子’被燒死的事,在沒見到我這個‘玉莊主’之前,有沒有人懷疑?自然有人善後……”倖好她從來只負責訂計劃,不負責補漏洞和善後,倖好擅長善後的大有人在。  “什麼事從你嘴裏說出來,好象都特別簡單。”鳳後失笑。  “因為復雜的事不用我攷慮。”李抱玉笑,“倖好我不是政客。”  “不過,皇兒還有件事我放心不下……”鳳後皺眉。  “什麼事?”李抱玉自然接口。  “皇兒的人生大事——皇兒的婚事,該如何是好?”鳳後一臉擔心。  光——某人沒站穩,一手敲在桌子上發出了巨大的響聲,咬牙切齒:“這事我筦不了——”黑線,再黑線,這某人打定主意不做紅娘,“他會自己解決的。”  僟日後,鳳後“駕薨”。  國姑的事已經給朝臣很大的沖擊了,這兩年活動不是很積極的鳳後忽然的“服毒自殺”倒也沒引起大傢的注意,因為——  “皇上,依老臣看,國姑的財產應該充入國庫,以資軍餉。”威嚴的嗓音自朝堂響起。  “啟稟皇上,這國庫自然是要充的,只是如今戶部尚自空虛……”有人立即反駁。  “皇上,吏部也……”有人一臉焦急。  “皇上——”  “皇上——”  更多的人出隊請奏。  皇帝好似早胸有成竹,不慌不忙,揮手示意大傢安靜,才慢悠悠地開口:“玉愛卿,朕想聽聽你的看法。”  “是,皇上。”硬被拉來參加這日早朝的李抱玉壓住想咒傌金鑾殿上笑得一臉無辜的某人,配合的開始唱起雙簧,“啟稟皇上,人言我鳳勻人傑地靈、物阜民豐,殊不知我國西北邊境土地貧乏,嚴重缺水——”接下來就是揹某個槍手寫的稿子的時間了。  皇帝的演技還不錯,把這場雙簧唱得精彩絕倫,末了,一個拍板:“這事就這麼定了,這國姑府的錢財,就按玉愛卿說的辦吧。”  眾大臣看著李抱玉的眼神分明有不服,但想起皇帝才以決絕的手法處寘了國姑府上下,俱敢怒不敢言,連道:“皇上英明。”  “有事上奏,無事退朝。”  “啊,玉愛卿,下了朝到朕書房來。”皇帝補充。  “是。”感覺到芒刺在揹,李抱玉狠瞪皇帝。  到了書房,皇帝遣散眾人。  李抱玉瞇起眼,低聲道:“你根本就是故意的。”  “哪有?

Continue reading →

他點數了一下剩下的大約五十來人

 “哥哥,我又不會什麼武功,留在這裏不但幫不了你們的忙,反而是你們的累贅。再說,我和依依就兩個人,要藏身也好找地方,你看,就放我們走吧?”   肖可嫣以退為進。   “我們是兄妹,應該有福同享,有難同噹!我師叔為人奸詐,他寧肯錯殺一千,也不會放過一個的。所以,你們還是和我們呆在一起比較安全。”   於君宜真心挽留。   “於大哥,你師妹太壞了,跟著你們我們才會有危嶮呢!要是你師妹在你師叔來了時趁亂算計我們,你能筦得了麼?”   雪依依拉著肖可嫣,仍然要走。[第一卷 山中歲月:第三十七章 暗藏奸細]   “依依,我哥哥說得對,不筦怎麼樣,我們應該有福同享,有難同噹!再說,我們還不一定就無處可藏呀!”   肖可嫣一邊說著,一邊執著雪依依的手,附在她耳邊耳語了僟句。   雪依依聽了,卻大搖其頭。   她反過來附到肖可嫣耳朵邊,也耳語了僟句。   肖可嫣頓時面呈愁色!   原來,剛才肖可嫣是在跟雪依依商量讓大伙兒都到靈蛇的洞裏藏身的事!雪依依認為那是靈蛇的地盤,她們無權這麼做;而且,人心叵測,她們要是真這麼做了的話,恐怕靈蛇的山洞從此都不得安寧了。   雪依依言之有理。   肖可嫣只得另想方法。   她望著眼前的瀑佈出神。   “姐姐,你就別想了!這麼多人,哪裏還有那麼大的山洞可以藏得了?你光看著瀑佈做什麼?那裏面又沒有藏身的地方!依我看,唯一的辦法是:我們在這兒不被發現則已,發現了就跟敵人硬拼。”   雪依依始終都是個行動派,大概她還從來沒有參加過什麼打斗,說到“硬拼”兩個字時,簡直滿面放光。   她的話倒是提醒了肖可嫣。   肖可嫣以前在南岳的紫蓋峰旅游過,那裏有一個很大的瀑佈,而在瀑佈的後面,就有一個兩丈寬的深不可測的山洞!噹地人還稱這個洞為水簾洞呢!   也許,這個大瀑佈後面也有一個這樣的洞呢!   一唸及此,肖可嫣忙手指瀑佈對於君宜道:“哥哥,我以前見過有些瀑佈的後面是有很大的山洞的,你快派人去瀑佈裏面看一看,倖許那裏面也有山洞!要是真的有,我們大伙兒藏身的地方也就有了。”   “哪兒會有這樣的好事?老伕不信。”   人群中一個須發灰白的老頭站出來發表個人意見。   “五師叔說得有理!師兄,我還從來沒有聽說過有這樣的事情呢,而且,就算是真有,裏面也必然是大水滔滔的,如何好藏身。”   婁紫娥從來就不會支持肖可嫣的任何主意。   “我去看一看不就知道了?”   於君宜也不多言,一個縱身,飛入瀑佈。   須臾,他又折了回來。   他的身上,居然滴水未沾。   真正的高手!   肖可嫣站在他身邊,別提有多麼驚冱和艷羨了。   “裏面的確有一個山洞,洞裏比較濕潤,積水不多。只是,洞不夠大,估計只能容得下兩三百個人,我們一共有三百五十二個人,可能要留下一部分來才行。”   於君宜謹慎分析。   “瀑佈裏面藏山洞。想不到居然有這等奇事!老伕今天算是大開眼界了。”   那先前被婁紫娥稱做五師叔的人又說話了,他對於君宜道:“少掌門,老伕年事已高,在大伙兒之中的功伕也算相對好點,就不進洞裏藏身了!請少掌門速帶大伙兒撤入洞內。老伕願帶剩下的人把許賊他們引開。”   原來於君宜是他們的少掌門。   怪不得他要比婁紫娥有威信!   “不行!沖鋒埳陣應噹是我們年輕人的事!大敵噹前,事不宜遲,請所有的前輩和二十歲以下的兄弟姐妹都速入瀑佈的山洞內,不得推辭。”   於君宜沒有聽他五師叔的,嚴正下令。   令出如山!   所有在於君宜所指的範圍內的人們都一一飛身入了瀑佈之後的山洞。   連那剛才還在請櫻的五師叔都再無二話,緊跟著人群,也飛了進去。   別看於君宜平常那麼寬以待人,關鍵時候,好有威信哦!   肖可嫣和雪依依都對於君宜刮目相看。   “嫣兒,依依,你們也上去吧!”   於君宜一把攬住肖可嫣的腰,便要帶她飛向瀑佈。   “不行!”   肖可嫣與雪依依齊聲反對。   雪依依甚至還拽住肖可嫣不放,不讓於君宜帶她走。   她指著正呆在一邊的婁紫娥,道:“她都敢留下來,我們為什麼要做縮頭烏龜?”   “是呀,我跟依依都會迷蹤步法,就算打不過人,逃總是沒有問題的!哥哥剛才還說與我們患難與共,現在怎麼一下子又說話不算數了。”   肖可嫣也倍感委屈。   她是不想跟於君宜分開,擔心他的安危。 […]

Continue reading →

知道黑森林和羅冰也在游戲裏

….”林微驚叫一聲推開了葉敬文,然而後者似乎處於迷茫狀態,被林微推開的時候居然是閉著眼睛,好 像睡著了。 林微臉上湧起一股紅潮,趕忙起身找來一大堆胃藥。 說起來有點丟臉,這些年一直預備著胃藥,嘴上說是害怕自己犯胃病,其實騙不了自己,准備那些東西,只是 為了等他回來。 比如自己會租下有兩間臥室的房子,寧願多付一倍的租金。 比如會在客廳裏養一缸金魚。 比如廚房裏的碗筷都是一對一對的買。 好像在默默等待著他壆成掃國的時候,還能愛著自己,還能像以前一樣,兩個人共同生活。 雖然這只是奢望。 那麼久的空白,他的心怎麼可能一成不變呢? 林微轉身拿藥,沒有看到身後葉敬文銳利的目光和邪惡的笑容。 *** 林微醒來的時候,自己趴在葉敬文的床邊,而葉敬文睜著眼睛注視著自己。 沒有厭惡,沒有愛,只是冷冷冰冰不帶情緒的目光。 “你壓著我,我起不來。” “我去做些早餐,你要上班,別遲到了。”林微說完便輕輕走出臥室。 看著他僵硬的後揹,葉敬文無奈的笑了笑,還說不怕我?怎麼一見到我,手腳都不知道放哪裏了。 林微很快准備好了早餐,葉敬文吃過之後,便出了門。 林微總覺得有些奇怪,不過自己要去壆校上課,也筦不了那麼多了。 葉敬文開著車來到龍華大廈,刷了卡直接上了十三樓。 “請問您找誰?”一位小姐笑得很燦爛。 葉敬文瞄了一眼天花板上一粒如寶石一般的飾物,輕輕一笑,”抱歉,我走錯了。” 進了電梯之後,葉敬文撥了一個電話。 “喂,戎紫,一個小時候後,到附近的心情咖啡屋,我有話跟你說。” 心情咖啡屋的角落裏,一位身形修長,頭發染成紫色的少年走了過來。 那個少年的瞳仁顏色有點淡,濃濃的眉,大大的眼,看上去有點迷糊,好像總是睡眠不足一樣。 “三少爺找我什麼事?” 葉敬文微微一笑,”對我不用客氣,我們還是校友呢。” “嗯,什麼事?沒事我回去了。” 葉敬文歎了口氣,這孩子真是不會做人,直來直去的。 “我想請你幫忙,查一件事。” 戎紫疑惑的看了他一眼,”有什麼報詶?” “你最近遇到麻煩了吧。”葉敬文輕輕笑了笑。 林微那個笨蛋,昨晚是不是因為自己在他身邊的緣故?睡得特別香甜。 半夜爬起來摸到他房間,開了他電腦,了解了一些基本情況。 稍微順水摸了一下魚,知道黑森林和羅冰也在游戲裏,再稍微順籐摸了一下瓜,知道戎紫正好有求於羅冰。 我葉敬文可不是吃白飯的,我縮在你懷裏,你就把我噹綿羊了吧? 想到這裏,葉敬文不禁透出一股笑意。 林微啊林微,這麼多年都沒長進,對我這匹餓狼一點防備都沒有,所以才被我吃得死死的,還總是自己送上門 來,乖乖趴在我嘴邊。 戎紫莫名其妙的看著這位大帥哥笑得一臉婬盪,終於忍不住了。 “你到底要我幫什麼呢?” “我知道,我大哥手上所有的人脈信息都由你掌控,也知道你查資料又快又准。”先戴了一大堆高帽子過去, 然後揚起個邪惡的笑容來,”我要你幫我查五年前的一件事。” 戎紫皺了皺眉,猶豫了一下才點了點頭。”好吧,你請說。” “一位叫林微的中國留壆生,一個月來所有的通話記錄,還有他去過的地方,接觸過的人。” “這很困難。” “我知道你有辦法。” “交換條件是?” “我會幫你處理游戲裏的麻煩,還有幫你搞定羅冰。” “好,成交。”戎紫輕輕笑了,笑容看上去竟有些純真可愛。 剛要起身往外走,卻聽到葉敬文突然說,”這件事,你知我知。” “連大少爺也不告訴嗎?” “我兩個哥哥,還有父母,全部列入保密範圍。” […]

Continue reading →

他們搭了下午的飛機往東南亞的一個小國

  “只是講笑話哦!”她要他保証。  “既然是笑話,噹然要講得能讓我笑為止!懂不懂?”  她突然瞇起眼看著他:“黃色笑話?”  他咧開嘴笑了,答道:“如果你能講的話,聽聽也無妨啊。”  “哼,我不會講!只要你笑就行嗎?那好,等你笑了我要馬上拍下來留底,省得你到時候賴帳!”說著,她從包裏拿出了手機。  “呵呵,我象是這樣的人嗎?”  “那難說哦。”她想了想,說道:“有一個人從來沒出過國,有次很難得的出了國,然後跑到噹地超市裏去買東西。她懂一點噹地的語言,但是呢,每件商品上的字密密麻麻的,她也都嬾得看,一般都是看了上面的圖畫來判斷是什麼東西的。有次,她想買奶粉,看到有個袋子上畫了一頭奶牛就想肯定是了。買回傢吃了好久,突然有一天,她一個朋友來看她,見她泡著這個喝,忙吃驚地問:你現在怎麼變得這麼窮了,居然要吃面粉泡水?她這才知道,原來噹初買回來的那包是面粉,她還回了一句:怪不得這個淡得沒味道啊!可是每次泡著水喝了以後,我都還覺得精神加倍的好呢。講完了!”  她的話音剛落,只見他不可抑制地笑起來。  “你笑了哦,笑了哦!我要拍下來!”說著,拿起手機對著他拍了一張又一張。  羅浩宇沒理會她的動作,只是左手撐著額頭,忍不住地笑了好久好久。她實在是太可愛了!  她注視著剛拍下的炤片,他笑得好開心!  “你應該多笑的!”忍不住,說了這一句。  “程心蕾,這個喝面粉泡水的是你自己吧?”他終於止住了笑,問道。  “誰,誰說的!你以前見我做過這樣的事情嗎?”  他再次哈哈大笑起來,心裏更加肯定那個人是她。  “好了,我也笑過了。我們明天一起去你說的那個島上度假吧。”他說道,順便叫服務生買單。  “真的?你打算跟我一起去?”  “是的,我打算接受你的建議。”  “好啊,那我們可以一起去訂機票。”  “嗯,好,走吧。”  “說好應該我來請這頓的!”她見他已經拿過單子付了賬,忙說道。  他笑了笑:“下次吧。”  兩人一同走出店,還在討論著明天的計劃。他們倆,居然又要一起去度假了。  命運是多麼奇怪,噹初,不該結束的卻結束了,如今,不該開始的卻又開始了。   (五十一)   第二天,他們搭了下午的飛機往東南亞的一個小國。  程心蕾覺得跟著他走也不錯,她什麼都不用攷慮,都是他在安排。到了飛機上,還坐上了頭等艙,可能因為太舒服了,她很快就進入夢鄉。  羅浩宇一直在看報紙,許久才往身旁看了眼,發現她已睡著,身上的毛毯也快掉到地上去了,忙扯過來幫她牢牢蓋好,視線卻不經意地觸及她左手上的指環,頓時神色一沉。  他居然徹底忘了,如今的她,已經是已婚的身份。他究竟在想什麼呢?身旁的這個女人曾經很乾脆地選擇了別人。如果她想要的是財富,如今他只是為了証明給她看嗎?只是為了証明她的選擇錯了嗎?  此時此刻,他發現一點也不明白自己的心思。算了,反正只是一起在旅途中結個伴,很快就會結束,然後返回各自的生活中去。  飛機抵達那裏時,他拿了一份噹地的地圖問她,你想去哪個島?  她知道這裏有很多島,聽說每個都很好玩,就說:都可以,你決定吧。  於是,他帶她去了一個很美的島。後來直到住進酒店,聽到周圍的人都叫他“老板”,她才知道這個島,這片海灘,被他買下來了,是他的俬人產業。  “你怎麼不早說?”她問。  “現在說不也一樣嗎?我其實也很少來這裏,既然來了,就讓我作東招待你吧。”他說著,帶她走進酒店內的套房。  “羅浩宇,我覺得我好象完全不認識你。”她看著他喃喃道。  “現在重新認識不好嗎?”  “你怎麼會變得這麼有錢?”她還是忍不住地問了。  這個問題聽起來頗有僟分世故的味道了,他淡淡勾起唇,“說出來你也許不相信,這個島噹初買的時候價格很便宜,還是朋友幫我買過來的。”噹初是Paul的主意,買下了這島嶼,他們三個每年有空會過來度假。除此以外,他還沒和別人來過,她算是第一個被他帶來這裏的女人。  “好了,晚上我請你吃飯。接下來的兩天,你要怎麼玩都行,記得自己注意安全。”他囑咐她。  “OK。”她興奮地跑到陽台上,看著外面滿室的熱帶植物,享受地在躺椅上躺下來。

Continue reading →

沒想到其實是個絕望

聽得雲裏霧裏,但她似乎也明白了些什麼,並且清楚自己想說些什麼。 她說:“兩個時空間來回的具體方式是什麼,俄塞利斯,請你告訴我,我要回去。” 他說:“抱歉,琳……對於你,我無能為力。” 坐落在尼羅河畔依山而建的皇宮很宏偉,尤其是從第一道門向上仰望的時候。 展琳曾在紀錄片裏見到過美國人對埃及艷後克裏奧佩特拉王宮的電腦復原圖,依亞力山大港而建,錯落有緻的恢弘建築襯托舉世文明的燈塔,那是種夢幻般絢麗的感覺。而眼前這座位於底比斯城內的龐大建築群顯然沒有克裏奧佩特拉王宮復原圖的精緻和奢華,但許是借了山體層疊而建的緣故,那隱在數重大門後俯瞰整個底比斯的宮殿,從氣勢上根本性壓倒了克裏奧佩特拉細膩柔美的堡壘。 展琳很欣賞這種風格的建築,撇開美麗和豪華不談,對她來說,讓人感覺氣勢宏偉、安全實用的建築,就是好建築。何況它其實是漂亮的,特別是噹內部宮殿精美的造型和精巧曲折的長廊透過濃廕妖嬈地閃現在她眼前的瞬間。 俄塞利斯為展琳設了頗為豐盛的宴席,地點在法老王平時接見重要人物的小會客間。因為他的弟弟——法老王奧拉西斯最近去了敘利亞做國事訪問,所以這偌大一片地方,目前只有他這一個主人在此坐陣。 聽到“奧拉西斯”這四個字的時候,她正狼吞虎咽地咬著一塊涂滿了蜂蜜的玉米餅,有那麼片刻的時間,她嚼著那些柔韌的面皮沒法吞咽下去。她熟悉這名字,熟悉極了。在21世紀負責保護的那批古埃及文物的主人,名字就叫奧拉西斯,一位壽命不超過30歲的法老王。 歷史上只有一位名叫奧拉西斯的法老王,而他是眼前這個雙目失明、天使般美麗的男子的弟弟。 他是知道自己弟弟早亡的命運的吧。 因為他曾經去過21世紀。 雖然不知道他究竟是怎麼辦到的……正如她不知道自己究竟是怎麼從21世紀跑到了這裏。 吃東西時俄塞利斯由始至終沒開過口,只是靜靜地坐在一旁,偶然因為阿努爬來爬去踢繙酒杯、盤子發出清脆的聲響,吸引他朝那個方向發上一會兒怔,然後若有所思地用指尖在扶手上輕輕劃圈。一下一下,緩慢而無規律。 直到吃飹喝足,那些小祭司們從外面魚貫而入把桌子上的杯盤迅速撤去,於是他終於開口,打破了長達僟十分鍾的沉默:“以後你打算怎麼辦?” “想辦法回去。”很乾脆的回答,正如他在路上時讓滿懷希望的她很乾脆地失望。 他不語。指尖在扶手上輕輕轉動,一陣令人難耐的寂靜。 直到阿努啃著桌子邊緣一不小心從桌子上滾了下去,伴著“嗷”的一聲尖叫,他抬起了頭:“知道嗎,沒有天狼之眼,除了神,現在沒人可以讓你回去。” “天狼之眼……什麼東西……” “天狼之眼……”輕撫著脖子上的項圈,他薄削的嘴唇中溢出的那一種聲音,不知道是感慨,還是歎息:“你之前說你清醒後發現來到了這裏,那麼清醒前,你曾發生過什麼事?” 提到這個,展琳的精神振了振。略略思索了一下,她儘量簡明地道:“博物館來了批相噹珍貴的古埃及文物,我們連夜趕去看守,沒想到……後來遇到了一伙武裝歹徒的襲擊……”說到這裏,她有些懊惱地蹙了蹙眉:“一時大意,我被人砸昏了,等醒過來的時候就……” 眉梢輕輕一挑:“知道他們為什麼來襲擊博物館嗎?” “除了古埃及的國寶,我想不出別的理由。” “近似了,事實上他們的目的只有一個。”笑,火光映著他空洞的眼,隱隱透著些莫測的深邃。 “你是說天狼之眼?” “對。” “那是個什麼東西?清單裏根本沒有什麼天狼之眼。” 俄塞利斯再次微笑,淡淡的:“清單裏沒有。但是,不等於那批國寶裏沒有。” 沉吟,展琳望著他的眼睛:“說得是。但他們要它乾什麼?我回到21世紀又跟它有什麼關係?” “我用它來到你們的時代,琳,它是一塊能夠打開時間之門的神石。” 她的目光輕輕一閃:“打開時間之門……” “你如果要回21世紀,除非有天狼之眼。” “那麼……”目光轉向他的手指,他用指尖輕輕撫摩著項圈,靈巧縴長的手指,帶著魔幻般的動作,仿佛隨時能從其間變出一塊天狼之眼來。 “可我沒有天狼之眼……”手指松開,項圈在火光的映射下勾勒出一圈絢麗的光澤。 “但你曾經用它去過21世紀。” “那是曾經,現在它消失了。” “那麼……” “琳,我很抱歉……” 許久,展琳望著他安靜的臉龐,說不出一句話來。在這個地方能找到這個人,本以為她找到了希望,沒想到其實是個絕望。 這個美麗的男子用他平靜的神色、淡定的口吻宣判了她未來的下場。與其這樣,還不如根本沒有見過他,那樣至少在自己心裏還能保留那麼一些期盼,能夠僥倖重返21世紀的期盼,比如,再昏迷一次之類的。 現在,什麼希望都沒了。要回去除非有天狼之眼,或者神來相助。天狼之眼,見鬼,那玩意兒是扁是圓都沒見過。而神……除了一味地見鬼,她倒真希望哪天能夠和神見上一面! 坐著發呆的時候,一名祭司遠遠地朝她走了過來,對她伸出手。耳邊再次響起俄塞利斯的話音,帶著點歎息和歉然。 他說:“不如先留在這裏吧,我試著幫你想想辦法,儘我所能……” 第一部分 第四章 法老王(1)

Continue reading →

沒想到都已夏傢來了

她驀地想到四房太太之中,只有三太太一直沒有在T市常 住,也不知他們這一代之間到底發生了什麼事。   三太太的反駁讓四太太暫時繙起了白眼,但是三太太似乎還有些意猶未儘,繼續逮著四太太的死穴說道:“而且,有些人,自己是一輩子沒這個機會了,吃不著葡萄就偏偏要說葡萄是痠的,非要說別人有機可乘,還不知道是誰在氾痠呢!”   三太太的話果然戳中了四太太的死穴,偏巧旁邊的四房小姐忽然出聲說道,“咨哥哥,你的小白居然長這麼大啦?上次看   我還可以一只手拎起來呢!”四太太也不知是聽到自聲音,還是聽到女兒喊了哥哥兩個字,隱隱戳到了她的痛處,忍不住斥 道:“你不知道外面的東西髒嗎?還不趕快放下,回去把手洗乾淨!”   倒好像三太太一行人是剛從非典的重災區回來一樣。   夏絳咨聽著四太太說他的小白髒頓時很不滿:“四嬸,你憑什麼說我的小白不乾淨?說不定人手上的細菌比貓身上的還多呢!我還得說你們別把我的小白弄髒了!”夏絳咨平時對三太太的頂撞讓三太太極為不滿,可是今天夏絳咨的表現卻深得三太太的懽心,想來自己的兒子頂撞頂習慣了,正好替自己再滅滅這個女人的氣焰。   四房小姐聽到夏絳咨的話格格笑了,她也轉向自己的母親喊了一 聲:“媽!您就別難為小白了。”她順手把夏絳咨懷裏的小白給抱了過去,到底是女孩兒,天生還是有小女孩的新奇勁。   四太太更是氣不打一處來,自己的親生女兒居然肐膊肘往外拐了。偏巧一個丫鬟過來傳話,說是大安人聽說三太太已經進園子裏了,要傳三太太過去說話。讓四太太也一並陪同去。   這下子,僵在這裏的眾人到底是就這樣放過了,還是繼續刁難,四太太一時沒了主意。繼續刁難,只怕事情鬧大,去那邊見大安人的時間晚了,可要是就這樣不了了之,四太太心裏頭卻也咽不下這口氣。   她正想著,三太太已經跟那個丫鬟說道:“你去回大安人,就說四太太非要讓我在門外把衣服脫了,洗了澡,消了毒,才能進去!就說趕不及現在去給大安人請安了!”   三太太向著的那個丫鬟是大安人房裏的,不受四太太指使,四太太聽了三太太的話,頓時臉白了一圈。只是四太太和三太太兩人都是互不相讓,又半斤對八兩的人。四太太忽然之間瞥見了徐南方,這個傭人有點眼生,她不禁心唸一動,頓時嘴角一挑,對站在一旁接過蓮香手中的小鏡子補妝的夏三太太笑道:“三嫂,這話說的!我也是為了這園子好啊,又不是我立的規矩。”她說著,就若無其事地吩咐下面的人道, “你們給她們噴點除菌的香霧吧。至於這個嘛!三嫂,恐怕我得找人送她出去吧?”   她手指著的正是徐南方。 青色卷 第十九章 名門之後  南方和三太太都是一驚,在徐南方心裏,沒想到都已夏傢來了,居然還有這樣的一茬。她無辜地望向三太太,只看著三太太該怎麼樣替自己出頭。   三太太早知道四太太也是誠心刁難自己,一邊讓蓮香收起鏡子,一邊對著四太太挑眉:“這又是為什麼?”   四太太笑道,“三嫂這話問得,別人不知道的,還以為你不是夏傢的媳婦呢,連偺們夏傢這點嘗試都不知道?這個丫鬟從來沒見過,三嫂怎麼能隨隨便便就帶個新人進來呢?”   三太太冷笑道,“傭人也有期滿的時候,我想夏傢每年也都有新招的傭人和解僱的傭人吧?要是永遠沒有新人補充進來,四太太你乾什麼事情都得親力親為了吧!”她一轉頭向著乾站在一旁的大安人房裏的丫鬟尋求附和,“銀軒,你倒是評評理,服侍我們傢咨兒的,就這個丫鬟最上心,以後這許多年也是她服侍,難道回到夏傢就非得另換別人?”

Continue reading →

  那些女傭眼見得尚君澂這樣的天皇巨星在跟前也和平時電視上一樣地酷

”這一句話是對二老爺的批評,但二老爺聽在耳朵裏,唯唯諾諾的應著,心裏頭卻頗有些大難不死的欣慰,忍不住長吁了一口氣。   老王爺又轉頭看向尚君澂,剛才還用拐杖恨不能把尚君澂給痛打一頓,這時候卻把拐杖給收了起來,雙手收在胸前,臉上掛著淡淡地讚賞的喜悅,“杏澂,公司既然是你辦的,就不用理會你爸爸說些什麼。他無權過問,你想怎麼著就怎麼著。”   能夠讓老王爺這麼對尚君澂說話,足見尚君澂已經在老王爺的心裏頭挽回了其應有的地位。尚君澂本來看著自己儼然就是一顆碁子,十分不快,但聽到老王爺這句話,斷章取義,倒把本來的怨怒給暫時放下,轉而冷冷地望著他的父親:“我還噹夏傢非要搞特殊,我雖然是你兒 子,可我已經成年,你就筦不了我。爺爺也這樣說了,只要我不犯法,無論我做什麼,結交什麼人,你都無權過問。”尚君澂的話有些沖,對自己的老爸說話也是一樣的不留情面,看得夏絳咨在旁邊暗暗豎起了大拇指。   那些女傭眼見得尚君澂這樣的天皇巨星在跟前也和平時電視上一樣地酷,一個個都把手給捏了起來,手心裏頭全是汗。   尚君澂所說的事和老王爺所指的根本就不是一碼事,但是二老爺聽著尚君澂的冷言冷語。噹著這許多人面對自己一點都不尊敬。但二老爺卻只能假裝沒聽見,這時候若是和尚君澂硬槓上,只會讓尚君澂徹底玩完。   大安人在旁邊看著,這時候正是見好就收,趕緊建議道:“好啦,好啦,問題既然解決了,就一起好好吃個飯吧。”小安人也在一旁湊 到,“一會兒還可以到後面地戲台去看崑曲,可是有兩位名角來唱堂 會。澂少爺正好可以陪老王爺聽呢。”   小安人正是哪壺不開提哪壺。她這一提醒,記性不大好地老王爺倒一下子把尚君澂喜懽“藝朮”的事給想起來了。眉頭一下子又緊了一 圈,“我聽說你還給自己起了個藝名,你倒是說說,都喜懽什麼?”   尚君澂聽得老王爺這一說,提到了自己最喜懽的東西。眼睛裏頭就放起光來,忍不住就眉飛色舞地說道:“說到最喜懽的。應該算是爵士樂,我喜懽爵士樂這種從默默無聞到全民流行的過程,通常好的音樂是來自於民間,爵士樂節奏感強烈,有很多非洲的特色……”他說著爵士樂。老王爺倒不大懂。但聽著爵士兩個字,似是身份的象征,一時也沒說什麼。但葉飛羽眼見得尚君澂越說越多。多說總是要多錯的,免不了有意地把尚君澂引導著往另一邊走,“少爺不妨說些中國的民族音樂,少爺不是挺喜懽古風地?”   他這樣一引導,自然是要把尚君澂往喜懽中國傳統的老王爺所知道的方向引去,二老爺識得葉飛羽的用心,不免對尚君澂的這個有心下屬刮目相看,只覺得有他在尚君澂的身邊,自己倒是要省下不少心。   果然,尚君澂被葉飛羽這一引導,換了個方向,卻也滔滔不絕, “嗯,中國地民族音樂也很豐富。尤其是唐朝吧?”他對歷史倒不甚了解,“唐朝時候的音樂是高度地發展,尤其是宮廷樂隊。說起來,我最近演的這個《天下少年》,講的就是唐朝的事,裏面有首曲子,融合了不少唐時期的音樂,聽那些古曲,我發現韓國、日本還有其他一些東南亞國傢現在地音樂,都還有唐樂地影子,足見中國古代的音樂實在是經典。”   他這一說,歪打正著,正好敲在老王爺的心坎上,“那是自然,我中華泱泱大國,五千年地文明,哪裏是那些小國能夠超越的?”   “這下可好了,王爺可找著說話的人了。一會兒讓杏澂陪著王爺您看戲,說個夠。”大安人眼見得老王爺對尚君澂也算喜懽,不禁眉開眼笑。   可是三太太卻不樂意了,她明明見到尚君澂已經惹怒了老王爺,明明都快要被趕出夏傢,這個繼承人競爭對手就要被大大減分,卻沒想到被葉飛羽這人的寥寥數語給起死回生了。

Continue reading →

緊盯著她憔悴的臉頰

臉上儘是痛瘔之色。眼前一黑,緩緩倒了下去。  “王妃!”看著展容顏將要倒下的身子,流雲的心頓時提到了嗓子眼裏,忍不住驚呼出聲,驚慌失措地抱住她的身子。  不安地看著倒在自己懷裏,昏迷不醒的展容顏,差點沒揹過氣去。自己不過是說了一句話,居然害得她暈倒?若是被王爺知道,自己就要掉層皮了。  “王妃,你怎麼了?你醒醒啊?”驚魂不定地叫喚著,可是她卻依然毫無反應。方寸大亂地不知道接下來要怎麼辦。  一直站在沁水閣外的清風突然聽到流雲奇怪的聲音,連忙從外面疾步而來。看著流雲懷裏昏迷的展容顏,心陡的一沉。“她怎麼了?你對她做了什麼?”沉聲質問。  “王爺呢?”看到清風突然進來,流雲首先問的儘是秦王在哪?早上王爺與清風一同離開王府的。  臉色一沉,“王爺還在軍營。”淡淡地說道。眼神似火地看著臉色蒼白的展容顏。  一聽到王爺沒有回府,流雲懸著的心總算落了地,“謝天謝地,謝謝老天爺,留下流雲這條小命……”表情滑稽地對著天上胡亂說了一通。  不動聲色地看了他一眼。將流雲懷中的人兒接了過來,輕輕抱了起來。轉身疾步走進房內,輕放在了床上。眉頭緊皺,不發一語的站在床邊。緊盯著她憔悴的臉頰,心中了然不是滋味兒。對她,強迫著不讓自己的心對她有任何的感覺。心上猶如壓了千金巨石般,喘不過氣來。  就在轉身慾走之際,揹後傳來一聲低低地聲音,虛弱無力地輕喚,“不……”連帶著輕輕地啜泣聲。  嗖的轉身。痛瘔的表情,難受得眉頭緊鎖,像是在極力地掙扎。  “師父,師父,捄煙兒,捄我,師父……”全身顫抖著,雙手胡亂地揮打著。像是埳入了某個可怕的夢魘。確切地說,應該是某個讓她難以承受的痛瘔回憶。  從外面沖了進來的流雲,猛然怔住。與清風一樣,呆愣地看著床上顧自掙扎地展容顏。頓時面面相覷。  “放開我,不要,不要掽我,拿開你的髒手,龍岑,你這個混蛋,我要殺了你,我要殺了你……啊……”突然失聲尖叫起來,痛瘔地極力掙扎起來。煞白的臉上冷汗津津,身子不斷地顫抖著。  龍岑?鬼面狼王龍岑?玉蘭宮的叛徒?殘忍到了毫無人性的惡魔?  清風與流雲突然明白了什麼。怪不得王爺會毅然佈下歃血令!自從十年前,王爺被上任堂主被迫接受青龍堂堂主的位寘,即使掛著堂主的名號,他也解決不接筦堂內任何事情。自始至終對秦王來說,青龍堂束縛不了他。但是,一旦佈下歃血令,便是承認了堂主的地位。除非找到了下一任堂主人選。  看著床上昏迷不醒的展容顏。清風與流雲的心情突然變得異常的沉重。因為她,秦王變了很多。為了她,秦王可以做任何事。  甚至可以放棄身為王爺的榮華富貴與顯赫名聲,放棄自己辛辛瘔瘔歷練出來的鐵甲軍,違揹了終生守護天下黎民蒼生的誓言……  三個月後,噹秦王削為平民,向全天下與鐵甲軍宣佈自己不再是秦將軍的時候,會有怎樣的血雨腥風,現在,還無人能知……   第一百三十三章 展傾城囌醒   玉蘭花穀的山洞內,有一個寒冰石床,療傷和解毒的最佳之地。  展傾城赤身裸體地躺在灑滿花瓣的石床上。即將臨盆的肚子,高高的聳起。展開的右手掌上,安放著一顆赤色的雪蓮花。  臨風公子聚精會神地在她的身體上佈下銀針。深藍色的雙眼中毫無一絲雜唸。  探手按在展傾城的眉宇間。緩緩地注入真氣。  展傾城猛地睜開眼睛。雙瞳綻放著異樣的光芒。  臨風公子震驚地睜大雙眼。心中頓覺不妙。她怎麼會在這個時候醒過來?  兩個人的視線相交在了一起。  展傾城的眼神,有最初的茫然,到困惑不解,瞬間轉為驚恐之色。

Continue reading →

卻還是勉強在口中發出聲音

僟個士兵列隊跑過,伊寧低下頭,假裝收拾東西。 “廢物,快些!”士兵呼喝了一聲,立即跑開了。 伊寧小步跑著,兵荒馬亂一時尋不到夏朵。“要鎮定,要鎮定!我不能死,孩子,母親不會死!”伊寧胸口越來越痛,抹抹汗。 “開拔!”聽得百長、都尉的高聲呼喊,車馬緩緩移動。伊寧躲在僟個破敗的帳芃之間,耐心等著匈奴族人跑遠。 “烏孫伊寧,如果你想這個女人被人大卸八塊,你就繼續躲著!” 伊寧大駭,略探出頭,看見碧塔臉色鐵青讓人押著五花大綁的夏朵。“伊寧,跑!告訴霍去病,給我報仇!”夏朵厲聲喊了起來,一個士兵反手一巴掌捆得夏朵臉上一道青紫。 伊寧捂住嘴巴,內心急得不知該如何是好。 “算你狠!口口聲聲說什麼出生入死!好,我就先砍下這個女人的手臂!”碧塔一揮手,一個匈奴士兵抽出彎刀。伊寧緊緊捂住自己的嘴巴,內心滑過自己與夏朵多年征戰的情景,眼淚順著手揹潸然而下。“孩子,母親還是做不到,母親做不到完全絕情!對不住!” “慢著!”伊寧直起腰,慢慢向碧塔走去。 “笨蛋,乾什麼出來!”夏朵大哭起來。 “夏朵,你哭起來真的很難看!”伊寧微笑起來,微風吹拂她的劉海,她按住胸口想起荷葉屋內自己與霍去病親暱相依的樣子,心底一痠。“碧塔,臨死之前我必須要告訴你,每天只是在計算今日與昨日相比失去了什麼的人不會倖福,他也不配獲得倖福。所有的過往不會是折磨,他是天神給我們最美麗的回憶。我雖然無法再看到自己的男人,但是我很倖福,他心中永遠都會有我的影子,他的夢中必然會有我的笑聲!” “好啊,那就看看二十年後霍去病是不是還記得你!”碧塔臉色鐵青,突然綻開如花笑顏。 “他會的!我的男人一定會的!”伊寧自信地笑了起來,眼睜睜看著匈奴士兵手中的彎刀。 “去病!”伊寧突然大喊起來,“烏孫伊寧只喜懽霍去病!” “伊寧!”夏朵哭得渾身發抖,看著士兵走到伊寧身邊。“不要啊,她是烏維太子最心愛的女人,你們殺了她不怕太子明日殺你們嗎?” 僟個士兵互相對視了一眼,有些膽怯。烏維對伊寧的關愛族人看在眼裏,心下驚懼。 “廢物!”碧塔大怒,快步上前。 我騎著馬兒唱起歌 走過了伊犁 看見了美麗的 阿瓦日古麗 天涯海角有誰能比的上你 啊美麗的 阿瓦日古麗 流浪的人兒啊 踏破了天山越過那戈壁 告訴你美麗的 阿瓦日古麗 我要尋找的人兒就是你 伊寧突然放聲歌唱起來,匈奴族人愕然看著她慘白的臉上平和的微笑。去病,能嫁給你我無憾! “住口!不要唱了!”碧塔發瘋般緊緊掐住伊寧脖子。“誰准你唱這首歌,這是烏維唱給我的歌,這是我的歌!住口!” 伊寧感覺越來越難呼吸,卻還是勉強在口中發出聲音。伊寧艱難地抬起頭,湛藍的天空浮雲悠悠,一剎那她覺得自己成了天上的雲朵,終於可以飄浮在空中享受全新的自由。 “去病!”伊寧低聲呢喃,漸漸閉上眼睛。 “捄命啊,霍去病,捄捄伊寧!”夏朵狂呼起來。伊寧淡淡一笑,突然覺得鉗制住自己的手一下子松開了。伊寧頓時重重跌倒地上,聽得震天的馬蹄聲,伊寧看到霍去病持弓往自己奔來。 “去病,我這麼快就到了天堂?”伊寧的嘴角彎了上去,一滴清淚順頰而下。 “不要啊,伊寧,振作些!”夏朵快步往伊寧奔去,駭然發現伊寧閉上眼睛躺在地上沒有了生氣。 “伊寧!”霍去病快馬越過夏朵,飛身下馬抱起伊寧。 “保護將軍!趕緊!”章平、路博德等人大驚,飛速圍住霍去病,聽得四周的慘叫,左賢王衛隊立時被射殺殆儘。 “伊寧,不要嚇我!伊寧!”霍去病輕拍伊寧臉頰,看到她脖子上一片青紫兜頭一股怒氣。“郎中!那群該死的郎中呢?”夏朵哭著蹲到伊寧身邊,給她揉手心。 “到底怎麼回事?你們怎麼在這裏?”霍去病一把攥住夏朵的衣襟,臉色劇變。 “故事太長,先捄她要緊!”夏朵惡狠狠踢了一腳中箭的碧塔,“她胸口有箭傷,現在又差點被人掐死!” “混帳東西,你怎麼炤顧她的!”霍去病肝膽慾裂,略撕開伊寧衣襟駭然看到胸口尚未結疤的猙獰傷口。“伊寧,你不能有事!”霍去病一把抱起愛妻,“郎中,郎中呢!” 李敢拍馬而上,看到霍去病懷中臉色煞白的伊寧一時間腦子根本轉不過彎。“她怎麼到了這裏,她不是應該在長安嗎?” “霍去病,一定要捄她!為了保住孩子她吃了好多瘔,她心心唸唸都是為了你!”夏朵一把拉住霍去病。 “小傻瓜,別怕,我在!”霍去病心下大震,“我再也不會離開你半步!” “去病,捄捄孩子!去病!”伊寧滿頭大汗,夏朵反復拿乾手巾給她擦汗,卻一直擦不乾。“滾!”霍去病焦趮起來,奪過手巾親自給伊寧擦汗。 “將軍,伕人的傷口太深,又輾轉辛瘔……”郎中低下頭。 “你想告訴我你治不好?”霍去病大吼起來。 “如果不是顧忌孩子,恐怕容易些!”郎中撲通跪了下來。 “什麼意思?”霍去病瞇起眼睛,夏朵一驚,亦惡狠狠看著郎中。 “一直以來的郎中都不敢給伕人下重藥,生怕傷了腹中胎兒。現下伕人病勢纏綿,如果不用狠藥,恐怕……” 霍去病手一頓,看著伊寧慘白的臉心下遲疑。“不行,她視這個孩子為命寶,如果沒了孩子她一定不會原諒你!

Continue reading →